お腹の肉をなくす方法は?1週間腹筋エクササイズや骨盤引き締めをしよう

HMB

あなたは、『また太ったかも…』なんて鏡を見ては憂鬱な気分になっていませんか?

つい食べ過ぎてしまったり、不規則な生活が続いたり。

運動も中々できなくて気がつけばどんどん丸い身体になっていたなんてこと、ありがちですよね。

特に気になるのがお腹周り!

たっぷりとついた“浮き輪”をつまんで焦りを感じている人はいないでしょうか。

これじゃあとてもじゃないけど夏が来ても人前で薄着になれない…なんてピンチの人も多いかもしれません。

 

今回はそんなお悩みのあなたにお腹のお肉をなくす方法を大特集!

1週間で腹筋をつけて美しいボディラインを手に入れるエクササイズもご紹介していきますよ。

お腹のお肉に悩んでいる人は必見です♪

 

お腹にお肉がついてしまう原因は?

お腹のお肉をなくす方法

それではさっそく、お腹にお肉がついてしまう原因からチェックしていきましょう!

なぜお腹周りばかりお肉や脂肪がついてしまうのでしょうか?

それにはいくつか理由がありました。

 

生活習慣の乱れ

 

まず原因として考えられるのが、“生活習慣の乱れ”です。

たとえば食べ過ぎだったり、お酒の飲み過ぎだったり、運動不足だったり。

 

またストレスや睡眠不足によって身体のリズムが乱れることで太ってしまう原因になることも。

カロリーや糖質を摂取するだけ摂取して消費する時間がないと太るのは当然といえば当然ですよね。

気を抜くとすぐに太ってしまうという人はまず根本的な生活習慣を見直す必要があるかもしれません。

 

遺伝や体質

 

遺伝や体質によって太ってしまう人も少なくありません。

もともと太りやすい因子を持っている人は、何もしなくても他人と比べて太ってしまうことも。

不公平な気がしますが、残念ながらそれが現実なんです…。

 

また太りやすい部位も人によっては違ってきます。

いわゆる“洋ナシ体型”とか“リンゴ体型”とか、お腹周りに脂肪がつきやすい人や下半身に人など、人によってお肉のつきやすい場所は違うもの。

どうしてもお腹周りにお肉が付きやすい人、付きにくい人というのが存在するのも事実なんです。

 

特に女性の場合、内臓脂肪よりも皮下脂肪が付きやすいという性質もありますから、女性というだけで男性よりも目に見えてお腹周りが大きくなりやすいということもあります。

 

骨盤の歪み

 

最近では骨盤の歪みもダイエットに大きく関係することがわかってきました。

骨盤がゆがむと身体全体に悪影響が出て、太ったりむくんだりの原因になることもあるんです。

 

また骨盤が開くことで内臓が落ち込み、それがポッコリお腹のシルエットを作ってしまう…なんていうことも。

いわゆる“産後太り”というものでお腹が出てしまいがちなのはこの骨盤の開きが原因とも言われています。

女性はもともと出産に備えるために男性よりも骨盤がゆるく開きやすいので、出産を経験していなくてもちょっとした日常生活で骨盤がゆがんだり開いたりしやすいものです。

何らかの原因で骨盤がゆがみ、それがダイエットの妨げになっている可能性もあります。

 

筋肉量の不足

 

女性がダイエットに失敗するのは、筋肉の少なさからということが非常に多いんです。

人間は何もしなくても生命を維持するために一定のエネルギーを消費していて、これを基礎代謝と呼びます。

基礎代謝は年齢などによっても変化しますが、この基礎代謝に大きく関係しているのが筋肉量です。

筋肉が多ければ多いほど体はエネルギーを多く消費するので、筋肉の多い人はそれだけで痩せ体質というわけです。

反対に筋肉が不足していると食事制限などをしてみても一時的な効果しか生まれずすぐにリバウンドしてしまうことも。

 

またちょっと食べただけでお腹が出てしまったり、普段からお腹周りがぽっこりしている人は、骨盤の影響に加えて腹筋が少ないのも原因かもしれません。

腹筋がしっかりついていると食べ物を食べても胃が抑えつけられるので、大きく膨らむことはありませんが、腹筋がないと抑えつけるものが無いのでちょっと食べただけでもすぐにお腹が出てしまいます。

お腹周りのシルエットが美しくないのは腹筋不足の可能性が非常に高いです。

 

お腹のお肉をなくす方法は?

お腹のお肉をなくす方法

お腹にお肉がついてしまう原因は色々あるということがわかったのではないでしょうか。

でも原因だけわかっても意味がありませんよね。

どうしたらその原因を取り除いて問題を解決できるのか、つまりお腹のお肉をなくすことができるのかということが重要なわけです。

大丈夫!

ちゃんとそれぞれの原因は対策方法もあるんです。

 

ここからは原因別にお腹のお肉をなくす方法もご紹介していきます!

1週間で成果が見えるエクササイズなどもご紹介しますからぜひ参考にしてみてください♪

 

生活習慣の改善

 

まずは基本中の基本ですが、乱れた生活習慣は少しでも規則正しくなるように意識しましょう。

たとえば夜のドカ食いをやめるとか、飲み会のお酒も控えめにするとか、夜更かしせず早寝早起きをして運動もするとか…。

ごく当たり前のことばかりですが、これをやるだけでも今までの生活が乱れきっていた人には効果てきめんです。

摂取すれば太る、消費すれば痩せる…というのは小学生でもわかる簡単な足し算と引き算で、大原則ですよね。

生活が乱れているという人は自分でわかっているはず。

自覚のある人はまず基本的な部分から見直していきましょう。

 

骨盤エクササイズ

 

またぽっこりお腹の大きな原因として挙げたのが骨盤のゆがみや開きです。

女性特有の悩みである骨盤は、ゆがみを直すことでダイエットはもちろん体調も良くなってきます。

ぽっこりお腹を改善して健康的に美しくなるために骨盤の歪みを整えていきましょう!

自宅で簡単にできるエクササイズがありますのでご紹介します♪

 

骨盤矯正&下半身強化のエクササイズ

 

  1. 両手の親指以外の指を骨盤の外側から上方向に、親指は下方向に当てる
  2. 息を吸いながら骨盤を下に落とす
  3. 息を吐きながら骨盤を上にあげる
    (手が隙間に入るくらい)
  4. 両手を体側に揃え足をあげてくるくると回す
  5. 反対の足も同じように回す
  6. 両足を揃えてあげて足首を曲げながら60秒キープ
  7. 終わったら胸に寄せて力を抜く

 

腹筋エクササイズ

お腹まわりが出てしまうのは骨盤だけじゃなく腹筋が無いことも原因でした。

引き締まったお腹を作るためには普通の縦方向の腹筋だけではなく横の筋肉など色々な筋肉を鍛えなければいけません。

動画を参考にバランス良く腹筋を鍛えて全体に引き締まった腹筋を作り上げましょう♪

 

下腹を引き締めるエクササイズ

  1. 膝の後ろに手を置いて身体を仰向けにする
  2. 両手を体の横に置く
  3. 両足を90度に持ち上げ足首をクロス
  4. 息を強く吐いてお腹の力でお尻を持ち上げる
    (足の反動を使わず、インナーマッスルを使って)

 

わき腹を引き締めるエクササイズ

 

  1. 肩の真下に肘を置き、頭から見てまっすぐな場所に足を置く
  2. 上の足を後ろ、下の足を前にして足をクロスし身体を持ち上げる
  3. 頭の後ろに手を置き息を吐き、上の肩と下の足(腰)を近づける
  4. 反対側も同じ要領でエクササイズする
    (各30回ずつ)

 

まとめ

今回はお腹にお肉がついてしまう原因について特集してきました。

またお腹のお肉をなくす方法として腹筋や骨盤のエクササイズもご紹介しました。

最初は少し辛いかもしれませんが、1週間も続ければだんだんと効果が見えてきます。

エクササイズを行うことで身体のゆがみが治り健康になったり、代謝が向上してお腹周り以外のダイエット効果も期待できますよ。

頑張って継続して身体を引き締めて美しいボディラインをゲットしちゃいましょう♪

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ 友だち追加
モテ女子に話題のダイエットアイテム 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です