2週間でお腹の脂肪を取る方法!即効性のエクササイズ4選!

お腹の脂肪を取る方法2週間即効エクササイズ

お腹の脂肪って、つきやすいうえに落ちにくいからウンザリしちゃいますよね?

そこで効果的なのが、お腹周りを鍛えるエクササイズを実践してお腹周りに筋肉をつける方法です。

筋肉がつくと、代謝が向上し、脂肪燃焼作用が高まるので、脂肪がつきにくい身体に変わっていきます。

今回は、お腹の脂肪を落とすのに効果的なエクササイズをいくつか紹介していきますので、お腹の脂肪を落としたい方はぜひこちらを参考にしてみてください。

 

お腹の脂肪を落とすには腹筋を鍛えるのが効果的

お腹の脂肪を取る方法2週間即効エクササイズ

ウエストの脂肪ってめちゃめちゃ気になりますよね!!

お腹って脂肪がつきやすい部分なので、なぜかお腹のお肉だけ落ちなかったり・・

そんな悩みをもっている人多いかと思います。

 

そんな方におすすめなのがお腹の筋肉を鍛えるエクササイズを導入することです。

お腹の筋肉を鍛えて腹筋をつければ、お腹周りの脂肪は勝手に落ちていきますし、女性なら誰もが憧れるくびれのあるウエストを目指すこともできちゃいます。

お腹のボテっとしたお肉が気になる方は腹筋を鍛えるエクササイズを導入していきましょ〜!

 

お腹は脂肪がとってもつきやすい

お腹の脂肪を取る方法2週間即効エクササイズ

お腹って脂肪がつきやすいうえに脂肪が落ちにくいですよね?

実はそれには”ある理由“があります。

 

お腹には目に見える脂肪である皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪まで溜まっていきます。

内臓脂肪というのはその名の通り、内臓につく脂肪のこと。

お腹にはいくつかの内臓があるので、内臓脂肪が溜まりやすい部分となっているのです。

そのため、お腹は他の部分よりも脂肪が溜まりやすく、多くの女性を悩ませる原因となっているのです。

 

お腹を鍛えるなら腹筋について詳しくなっておきまましょう!

お腹の脂肪を取る方法2週間即効エクササイズ

『腹筋』とよく言いますが、実は腹筋はいくつもの筋肉があって成り立っていることを知っていますか?

腹筋には、

  • 腹直筋
  • 斜腹筋
  • 横腹筋

という3種類の筋肉で構成されています。

 

腹直筋

腹直筋は、腹筋のなかでもっとも表層のある筋肉で、お腹の真ん中をまっすぐ覆う形であります。

俗に『シックスパック』と呼ばれるのが腹直筋。

体を曲げたり伸ばしたりするときにつかわれる筋肉です。

お腹を割りたい方は、腹直筋を中心に鍛えるといいですね。

 

斜腹筋

斜腹筋は、腹直筋の両側に斜めにある筋肉のことで、外側と内側に2種類ずつあります。

体をひねる動作でつかわれ、ここを鍛えるとくびれのあるウエストを目指すことができます。

斜腹筋は、肩甲骨や骨盤の上下の歪みとも関係があるので、バランス良く鍛えるのが大事。

 

横腹筋

横腹筋は、腹筋の中でもっとも内側にある筋肉。

お腹の中心から横方向に向かって走っている筋肉で、内臓を保護しつつ背骨を安定させて姿勢をキープさせる役割があり、『筋肉のコルセット』とも呼ばれています。

ここを鍛えるとぽっこりお腹を解消することができます。

また、横腹筋の低下で腰痛につながっていることもあるので、腰痛改善効果も期待できます。

 

このように、腹筋は3種類から構成されているので、すべての筋肉をバランス良く鍛えるのがお腹を鍛えるコツ!

本気でエクササイズでお腹の脂肪を落としたいのであれば、それぞれの筋肉をバランス良く鍛えるようにしてください。

 

お腹を鍛えるとこんなメリットが!!

お腹の脂肪を取る方法2週間即効エクササイズ

お腹の脂肪を落とすためにエクササイズを導入するのは非常に良い選択肢と言えます。

ただ脂肪を落とすだけでなく、エクササイズでお腹に筋肉をつけるとこのようなメリットがあるのです。

 

代謝が良くなる

筋肉をつけると基礎代謝が向上し、脂肪を燃焼する力が強まります。

すると、痩せやすく太りにくい身体になっていきます。

 

ぽっこりお腹を解消できる

『他の部分は痩せてるのになぜかお腹だけ・・』

というぽっこりお腹に悩まされている人もいると思いますが、それは筋力の低下によって内臓の位置が通常よりも低くなっているのが原因となっている可能性があります。

そういった人は、お腹周りの筋肉を鍛えれば、内臓が元の位置に戻るので、ぽっこりお腹を解消することができます。

 

便秘を解消できる

先ほどお腹周りの筋肉が弱まると内臓の位置が低下するとお伝えしましたが、すると内臓の働きも弱まります。

腸の働きが低下すると、老廃物を体外に排出する力が弱まるので、便秘の原因の一つに。

お腹周りを鍛え、内臓の位置が戻ることで、通常の働きも戻るので、便秘が解消されることもあります。

 

姿勢が良くなる

これは特に横腹筋を鍛えることで得られるメリットですが、横腹筋は『インナーマッスル』と呼ばれる体の体幹を支える筋肉。

ここを鍛えることで体全体の姿勢が良くなります。

 

腰痛の改善

筋肉を鍛えることで実は体の痛みも軽減できる場合があります。

腰痛に悩まされている方は、ぜひお腹周りの筋肉を鍛えてみてはいかがでしょうか?

 

このように、お腹を鍛えることには多くのメリットがあります。

お腹の脂肪が気になる方は、ぜひこれを機会にエクササイズの導入を検討してみてください。

 

即効性あり!2週間お腹の脂肪を落とせるエクササイズ4選!

お腹の脂肪を取る方法2週間即効エクササイズ

では、こちらにお腹の脂肪を落とすために効果的なエクササイズをお伝えしていきます。

先ほどお伝えした通り、1つのトレーニングだけやるのではなく、3種類の腹筋をバランス良く鍛えていくのがポイント。

それぞれの筋肉に効果的なエクササイズをいくつか紹介していくので、こちらのエクササイズを参考に、自分なりのメニューを組んでみてください。

 

腹直筋に効果的なエクササイズ

 

クランチ

  1. 仰向けになり、胸元で手を交差しましょう。ふくらはぎが床と平行になるよう脚を持ち上げ、膝を90度に曲げます。
  2. 腹筋を使い、お腹を軽く曲げて、頭と肩を床からほんの少し上げましょう。これが基本姿勢。目線はおへその辺りに向けて。
  3. 腹筋(特に上の方)に力を入れて、息を吐きながら、上体をゆっくりとおヘソを見るように丸めて持ち上げます。腹筋上部がカタくなれば効いている証拠です。自分の限界1歩手前で止まり、息を全て吐き切って。
  4. 息を吸いながらゆっくりと2の基本姿勢に戻りましょう。頭を完全に床につけてしまわないのがポイントです。2~4を10~15回ゆっくりと繰り返しましょう。

クランチは一般的に『腹筋』と言われて真っ先に思いつくやつです。

通常のクランチは、特に腹直筋の上部を鍛えるのに効果的です。

筋力がない方はいきなりは難しいこともあるので、その場合、膝を地面につけて90度にしてやっていきましょう。

 

リバースクランチ

  1. 仰向けになり、両手は伸ばして床につけます。膝を曲げた状態で、脚を天井方向に上げましょう。お尻は床につけたまま。これが基本姿勢です。
  2. 腹筋を丸めるようにして腰からお尻を床から浮かせます。膝を胸元に引き寄せるようなイメージで。
  3. 腹筋の力を使いながらゆっくり1の姿勢に戻ります。1~2を10~15回繰り返しましょう。

こちらはリバースクランチと言って、腹直筋の下部を鍛えることができるエクササイズ。

腹直筋の上部だけでなく、下部もしっかり鍛えていきましょう。

反動で腰を浮かすのではなく、下腹部の力で持ち上げようとする意識が大事です。

 

斜腹筋に効果的なエクササイズ

 

バイシクルクランチ

  1. 基本姿勢はクランチと同じ。脚を90度に曲げて持ち上げ、腹筋を使って頭と肩を浮かせます。手は耳の後ろに添えましょう。
  2. 左膝を胸方向に引きつけながら、右脚まっすぐ伸ばして。同時にお腹を左向きにひねり、右肘と左膝を近づけましょう。
  3. 今度は右膝を曲げて左脚をしっかり伸ばします。お腹を右方向にひねって左肘と右膝を近づけましょう。2~3を5~15回繰り返しましょう。

クランチにねじる動きを加えることで斜腹筋という横腹を鍛えることができます。

ここを鍛えることでくびれのあるウエストを作ることができます。

 

横腹筋に効果的なエクササイズ

 

プランク

  1. 床に仰向けで寝ます
  2. 肘で体を支えるように上半身を持ち上げて準備完了
  3. 腰を持ち上げて、カラダを真っ直ぐにキープ

『体幹トレーニングの王様』とも言われるプランク。

一見簡単そうですが、やってみると意外としんどいですよ。

プランクは姿勢が大事で、正しい姿勢で行わないと効果がほとんどなくなってしまいます。

お尻が沈んだり、腰が浮いたりしないよう、体を一直線にするよう心がけましょう。

 

これらのエクササイズを2週間実践すれば、間違いなくお腹の脂肪は落ちていくはずです。

筋肉もついてくるので、見た目的にもモデルみたくカッコ良くなるし、脂肪もつきにくくなるので、お腹周りの筋肉をつけない理由はありませんね〜!

 

2週間実践する際のメニューの組み方

お腹の脂肪を取る方法2週間即効エクササイズ

エクササイズをする際って、どのようにメニューを組んだらいいのか迷ってしまいますよね?

ということで、メニューの組み方のポイントもお伝えしておきますので、メニューの組み方に迷う方はこちらも参考に!

 

基本的には毎日やったほうがいい

『トレーニングは筋肉が回復する期間を設けたほうがいいから日にちを空けて実践したほうがいい』ということを聞いたことがある方もいるかもしませんが、家でやるようなエクササイズであれば、実はそんなことはありません。

ジムにある高負荷の器具を使ったトレーニングだと、傷ついた筋肉を回復させる時間を設けたほうが効果が高いですが、家でやるエクササイズはそこまで強い負荷はありません。

なので、できるなら毎日実践したほうが効果的です。

 

回数を増やして負荷をかけていく

ただ、こういったエクササイズの場合、徐々に筋肉が慣れてしまいあまり効果がなくなってきてしまうので、回数を増やすことで負荷をかけていく必要があります。

『あ、ちょっときつい』と思うくらいの回数を目安に実践するようにしてみてください。

 

さらに効率よく腹筋を鍛えるなら・・・・◯○を使え!

考える

今回、2週間でお腹の脂肪を取る方法を見ていきましたが、さらに効率よくお腹のお肉を取るのであれば、絶対に使ってほしいのがサプリメント!

女性は男性に比べると筋肉がつきにくい、つまり脂肪を落としにくい体なのでサプリ等をつかってサポートしていただく必要があります。

とは言っても、どのサプリがおすすめなの!?という疑問を抱くと思いますので、管理人がおすすめするサプリメントをご紹介させていただきます。

>> ガクトも愛用で女性にもおすすめのメタルマッスルHMB

 

腹筋を鍛えてお腹の脂肪を落としていこう

お腹の脂肪を取る方法2週間即効エクササイズ

お腹の脂肪を落としたいのであれば、お腹周りを鍛えるトレーニングが一番有効です。

腹筋を鍛えて、脂肪を落とし、モデルのような綺麗なウエストを目指していきましょー!!

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ 友だち追加
モテ女子に話題のダイエットアイテム 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です