ぽっこりお腹の主な原因!便秘・姿勢・骨盤・胃それぞれの解決策を紹介!

お腹のツボ

女性がなりやすいぽっこりお腹。

ぽっこりお腹=お腹に脂肪がつきすぎているというイメージをもっている人もいるかもしれませんが、実はぽっこりお腹の原因はそれだけではなく、いくつもの原因があるとされています。

そこで今回、ぽっこりお腹の主な原因とそれぞれの解決方法をこちらにまとめたので、ぽっこりお腹に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

中年女性はぽっこりお腹になる確率が激増

ぽっこりお腹原因便秘姿勢骨盤胃

『中年太り』という言葉があるように、35歳頃から急に太り出す人が増えてきますが、それは

  • 基礎代謝の低下
  • 筋肉量の減少

が原因と言われています。

 

基礎代謝とは、生活していくうえで生じるエネルギーのことで、

  • 睡眠
  • 呼吸
  • 体温維持

といった特に激しい動きをしているわけではときでも実はエネルギーは消費されています。

 

このエネルギーを生み出すのが、基礎代謝なので、基礎代謝が下がるとエネルギーを作り出す機能が低下するので、脂肪燃焼効率が悪化。

そのため、若い頃に比べて太りやすくなってしまうのです。

 

また、年齢を重ねると筋肉の量も減少していきます。

筋肉も脂肪を燃焼する働きあるので、筋肉が少なくなると太りやすくなります。

 

基礎代謝の低下と筋肉量の減少のダブルパンチによって、中年になると急に太りやすくなり、脂肪がつきやすいお腹に脂肪が溜まり、見るも無惨なぽっこりお腹となってしまうのです。

 

そのため、体質的に太りにくい人もいつまでも油断しないほうがいいです。

20代のうちは、『太りにくい体質だから、特にダイエットなんてしなくていいや』と、ダイエットを怠ってきた人も30代に入ると、太り出したというケースは少なくありません。

見た目的に残念なぽっこりお腹にはなりたくないのであれば、以下でお伝えする原因と対策を参考にしてみてください。

 

こんなにあるの!?ぽっこりお腹の8つの原因とそれぞれの対策!

ぽっこりお腹原因便秘姿勢骨盤胃

女性が悩みがちなぽっこりお腹。

他はある程度脂肪を落とせるのにお腹だけなんで!!?と悩んでいる人も少なくはないかと思います。

 

実は、ぽっこりお腹の原因は様々

単純に脂肪が蓄積してお腹が出ている場合ももちろんありますが、それとはまったく関係なく、危険を示す症状の一つという可能性もあるので、ぽっこりお腹に悩まされている方は、ぜひこちらの原因を知っておいてください。

 

筋力低下による内臓下垂

女性のぽっこりお腹の原因で一番多いのが、こちらの筋力低下による内臓の下垂。

あばらの骨がうっすら見えるほど細いのに、なぜか下っ腹が目立つという人は、脂肪が原因でぽっこりお腹となっているというより、内臓の位置自体が下垂している可能性が考えられます。

 

原因

原因は筋力の低下ですが、女性はもともと筋肉が少ないので、内臓を支えることができず、下垂してしまいがち。

特に、今まで運動をしてこなかったり、運動から離れて長い日が経っている人は筋力が低下している可能性が高いです。

また、筋肉が少なくなると、脂肪もつきやすくなってくるので、悪循環に陥ることに。

 

対策

対策としては、お腹周りの筋肉をつけるのが有効です。

腹筋運動ですね、腹筋運動。

腹筋というと、正面の筋肉というイメージが強いと思いますが、腹筋には脇腹にある腹横筋と腹斜筋もあります。

正面の筋肉だけでなく、それらも含めた腹筋全体を鍛えることで、内臓を支える力が強まり、ぽっこりお腹が改善に向かいます。

 

便秘が原因のカチカチ下っ腹

女性に多いもう一つの原因が便秘によるもの。

下腹を触り、『硬い、詰まった感じがする』のであれば、こちらも脂肪が原因ではなく、腸内に詰まった便が原因の可能性があります。

 

原因

女性は男性に比べ、便秘になりやすいので、便秘が原因でぽっこりお腹になってしまう人は多いです。

これは、ホルモンの影響だったり、ダイエットの影響が出ているためとよく言われていますが。

また、トイレに行くことを意識的に我慢していると便秘になりやすいこともわかっているので、便意を感じたらなるべくその場でトイレに行くようにしたほうが便秘になりにくくなります。

水分不足も便秘の原因となりうるので、水分もこまめにとるように!

 

対策

便秘を解消するうえで大事なのが、腸内環境の改善。

だいたいの人が、腸内環境の悪化が原因で便通が悪くなってしまっています。

なので、一番の解決策は腸内環境の改善に効果的な食物繊維が豊富な食事を摂ることになります。

その他にも、

  • マッサージ
  • 運動
  • 便秘改善に効果的なツボ
  • サプリメント

などなど、便秘を解消する方法はいくつかあるので、自覚がある方は便秘改善に努めていきましょう。

 

皮下脂肪

もちろん、脂肪がぽっこりお腹の原因となっているケースも多いです。

女性は、子宮や卵巣を守るために皮下脂肪がつきやすいです。

皮下脂肪が原因の場合、ダイエットをすればぽっこりお腹は解消されるのですが、脂肪は皮下脂肪よりも先に内臓脂肪が落ちるので、皮下脂肪が落ちる前に諦めてしまう女性が多いです。

 

原因

皮下脂肪が原因の場合、単純に太っているということになるので、カロリー摂取が消費カロリーを上回っているということになります。

特に女性は、男性に比べ、基礎代謝が低いので、脂肪がつきやすいです。

 

対策

単純にダイエットすることが解決策となります。

低カロリーで高タンパクな食事に切り替えたり、有酸素運動を始めることがおすすめ。

カロリー制限と運動を続ければ、自然と脂肪は落ちていきますので、根気強く続けてみてください。

 

内臓脂肪が原因のまんまるお腹

これは男性や中高年の男女に多いタイプで、俗に言う『メタボ』という状態です。

内臓の周りに脂肪がつくことが原因で、下っ腹だけが出るというより、お腹全体が膨らんだようにパンパンになります。

女性はあまり多くないですが、まったくならないということはないので、ご注意を!

 

原因

  • アルコールの飲み過ぎ
  • 脂っこいものの食べ過ぎ
  • 運動不足

が主な原因です。

また、ストレスや生活リズムの乱れといった生活習慣の乱れも原因と言われています。

 

対策

まず見直すべきは食生活。

お酒の量や肉食の食生活から栄養のバランスが良い食事に切り替えるのが効果的。

また、睡眠時間の確保や定期的にストレスを発散するようにするなど、生活習慣の改善も行っていきましょう。

ちなみに内臓脂肪を放っておくのは危険で、

  • 糖尿病
  • 動脈硬化
  • 脳卒中

といった様々な生活習慣病の原因となるので、心当たりがあるのであれば、今すぐ対策を立てていきましょう。

 

骨盤の歪みによる内臓下垂

こちらも女性ならではですが、骨盤が開いてしまったことで内臓が下垂してしまうことがあります。

筋トレを頑張っているのに、なかなかぽっこりお腹が改善しないという方は、こちらの骨盤の歪みが原因である可能性があります。

 

原因

骨盤が歪む原因は様々。

  • デスクワークで座っている時間が長い
  • 普段片側ばかりで荷物を持っている
  • 出産を機に骨盤が開いてしまった

など、人によって原因は様々です。

骨盤が歪むと、お腹周りの筋肉の働きが弱まってしまい、内臓を支える力も弱まり、ぽっこりお腹となってしまいます。

 

対策

骨盤の歪みを治すには、筋トレの前に骨盤体操などで歪みを整える必要があります。

人によっては、骨盤の歪みを矯正するだけでぽっこりお腹が治ってしまう場合もあります。

ただ、骨盤が歪むとお腹周りの筋肉も緩んでしまうケースが多いので、その場合、同時に腹筋運動で筋肉を引き締める必要があります。

また、生活の中でも骨盤の歪みにつながる癖を治すことも大事なので、この機会に一度見直してみてください。

 

姿勢の悪さが原因

食事も運動も頑張ってるのに一向にぽっこりお腹が治る気配なしという人は、姿勢の悪さが原因の可能性もあります。

姿勢の悪さが原因の場合、どれだけトレーニングをして筋肉をつけようが、どれだけ脂肪を落としてお腹周りをスッキリさせようがぽっこりお腹が治ることはありません。

肩こりが激しかったり、仰向けで寝たときに肩が床につかない人は、姿勢の悪さがネックになっている可能性が高いです。

 

原因

猫背となるのは、普段の姿勢が原因です。

デスクワークが多い人は特に猫背になりやすいので、この機会に一度自分が猫背じゃないか確認してみるといいですね。

 

対策

まずは正しい姿勢を保つという意識が重要。

すると、普段つかわない筋肉をつかうので、けっこう大変ですが、それは姿勢改善への第一歩を踏み出した証拠。

また、肩甲骨を柔らかくするストレッチや柔軟性が求められるヨガを取り入れると、より早く姿勢を治すことができます。

 

婦人科系の病気

また、ぽっこりお腹は病気が原因の可能性も・・。

そこまで脂肪があるわけでもなく、便秘でもない、でも、急にお腹がぽっこりしてきた場合は、女性特有の病気にかかってしまっている恐れがあります。

特に、腹痛や出血を伴う場合は要注意で、

  • 卵巣嚢腫
  • 卵巣癌
  • 子宮筋腫
  • 子宮内膜症
  • 子宮癌

といった危険度が高い病気になる恐れが。

急なぽっこりお腹で不安な方は、一度産婦人科で診てもらってもいいと思います。

用心するにこしたことはないですからね、ちょっとでも不安があるなら実際に診てもらうのがの解決策です。

 

内臓疾患が原因

女性特有の病気以外にも、

  • 肝硬変
  • 大腸癌

といった病気の可能性もあります。

ぽっこりお腹の原因のほとんどは、胃の下垂や脂肪ですが、こういった危険な病気である可能性も0ではありません。

出産や腹痛、貧血などのその他の症状も合わせて出るようであれば、『ただのぽっこりお腹』と決め込まずに、一度病院で診てもらったほうがいいでしょう。

 

管理人がおすすめするぽっこりお腹対策!!

lakubiラクビの効果や口コミ

管理人も実際に3か月ほど利用してみたダイエットサプリのラクビ『lakubi』。

無理なく健康的にダイエット出来ることから、リバウンドもすることないので本当におすすめです。

>> ラクビで健康的にダイエットする!

 

まとめ

ぽっこりお腹原因便秘姿勢骨盤胃

ぽっこりお腹の原因は様々あるので、人によってどれが該当するかはわかりません。

もちろん、ほとんどの原因は筋肉の低下や脂肪ですが、中には危険な病気であることを示すシグナルである可能性も・・。

また、見た目的にもぽっこりお腹は気になると思いますので、今回の改善策を参考に、ぜひぽっこりお腹とはオサラバしちゃいましょう〜!!

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ 友だち追加
モテ女子に話題のダイエットアイテム 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です