コンビニの食事でもダイエット!朝昼夕の献立例をご紹介♪

コンビニダイエット食事

ダイエット、頑張っていますか?

  • 『最近お腹が出てきた…』
  • 『シルエットが昔と違う…』
  • 『つい食べすぎちゃって…』

気がつけばかなり丸みを帯びたシルエットになっていた、なんて人は少なくありません。

特に一人暮らしをしていたり、仕事が忙しく残業続きといった理由で食生活が乱れている人多いのでは?

毎食外食かコンビニ弁当で自炊がほとんどできていなくて太ってしまったと悩んではいないでしょうか。

 

コンビニの食事でダイエットはできる?

考える

たしかにコンビニってどこにでもあって、いつでも温かいご飯が食べられるからとっても便利ですよね。

最近は、メニューにこだわっているところも多いので、へたに外食したり自分で作るよりも美味しい…なんてことも。

でもその分高カロリーなものが多いので、考えなしに食べるとすぐに太ってしまいます。

 

じゃあコンビニを使っている人はダイエットできないんでしょうか?

そんなことはありません!

しっかりと考えてメニューを選べばコンビニ飯でもダイエットは十分に可能なんです。

 

今回はコンビニの食事でのダイエットについて特集してお届けします。

痩せたいけどつい食生活が偏ってしまうという人は必見ですよ♪

 

ダイエットにNGなコンビニメニューって?

コンビニダイエット食事

それではさっそく、コンビニの食事とダイエットについて考えていきましょう!

まずはダイエットにNGなコンビニメニューから見ていきます。

なぜコンビニ飯が太ってしまうのか?理由をしっかり学んでおきましょう。

 

おにぎり・コンビニ弁当全般

ダイエットに厳禁なコンビニ飯といえば、なんといっても『コンビニ弁当』です!

お弁当やカレー、パスタなどを始め多彩なメニューが揃っているコンビニ弁当。

美味しくてつい色々食べてしまいたくなるのですが…実は太る理由がたくさん潜んでいるんです。

 

たとえばひとつはその塩分の多さ

コンビニ弁当って基本的に味つけが濃いめですよね?

それが美味しさの理由なのですが、同時に塩分の摂りすぎになることも。

血中の塩分濃度が高くなると、身体はそれを薄めるために水分を作り出します。

脂肪が付くわけではありませんが、塩分がむくみの原因となって、ぱんぱんの身体になってしまうんです。

 

また、脂肪というと使われている油にも太る原因が。

コンビニ弁当は長持ちさせるために、油を大量に使用されています。

たとえばコンビニのおにぎりって時間が経って冷えてもつやつやしていて、美味しく食べられますよね。

これは乾燥しないように表面に油を塗っているから。

当然油は摂りすぎて身体の中で蓄積されると、太る原因になりますよね。

また大量生産のコンビニ弁当に使用されている油は安い油を混ぜ合わせた低品質な油のことが多く、太るだけじゃなく健康や美容面にも悪影響が出ます。

 

さらに添加物がたっぷり含まれているのも問題。

さきほどもお話したように、コンビニ弁当は日持ちさせなければいけないため、油だけではなくて添加物も家庭の料理とは比較にならないほどたくさん含まれています。

添加物とは主に保存料や香料、着色料ですね。

こうした添加物を人間の身体は上手に分解することができないため、添加物を摂りすぎると身体に蓄積され代謝が悪くなっていきます。

するとどんどんと脂肪が分解されずに蓄えられていき、肥満体型へ近づいてしまうのです…。

 

ホットスナック

コンビニ弁当の他にも、ホットスナックは非常に危険な存在です。

レジ横に並んでいるチキン類は肉汁が溢れてとっても美味しくて、買う気がなかったのに気がつけばついで買いしていた、なんて人も多いのでは?

でもこのチキン類、美味しさの秘密は油です。

安いお肉でもジューシーに感じるように、コンビニで販売されているようなチキンにはあとから油を指しているんですよね。

そんなお肉をコンビニに行く度に食べれば…言わずもがなですよね。

 

スイーツ

そしてスイーツもダイエットの大敵なのは簡単に想像がつきますよね。

最近では『コンビニスイーツ』なんて言葉が浸透するくらいコンビニ業界はスイーツに力を入れていて、実際専門店で並ぶものと変わらないクオリティの商品や有名パティシエとのコラボ企画などもあったりします。

見た目にも美しいものが多く、特に女性は見ているだけで楽しくなるのではないでしょうか?

でもそんなスイーツには太る原因の脂質も糖質もたっぷり

さらにコンビニスイーツだと添加物も大量ですから、逆に太らないわけがないというくらいなんですね!

とっても美味しいコンビニスイーツですが、ダイエット的には最強最悪の存在です…。

同じ理由で菓子パンなどもNGですね。

 

ダイエットにおすすめのコンビニメニューは?

おすすめの女性

ここまでダイエットにNGなコンビニのメニューを見てきましたが、いかがでしょうか。

コンビニといえばあれ!というものがほとんどで、そりゃコンビニを良く利用する人は太るよね…という感じですよね。

 

じゃあコンビニを利用する人はダイエットできないの?というともちろんそんなことはありません。

実はコンビニでもダイエットに向いている商品は存在するんです!

ここからはダイエットにおすすめなコンビニの食事をご紹介していきます。

 

サラダ(特にタンパク質の摂れるもの)

コンビニの中で特にヘルシーな商品がある場所といえば、サラダコーナーです。

最近は健康志向の増加からか、コンビニでもサラダなど野菜メニューが充実してきています。

サラダは言うまでもなく低カロリーで健康的なメニューで、コンビニのメニューの中でも太りにくい代表格です。

また血糖値の急激な上昇を抑える食物繊維や、不足しがちなビタミンやミネラルを補給できてダイエットにはとても重要。

 

そんなサラダとひとくちに言っても色々な種類がありますが、おすすめはたんぱく質を一緒に摂れるものです。

ダイエットは摂取するカロリーを減らすだけでなく、消費するカロリーを増やさなければいけません。

つまりは代謝を向上させるということ。

そして、その代謝の向上には筋肉が必要なので、たんぱく質をしっかり摂って筋肉量を増やすことが大事なんです。

ですからたとえば『冷しゃぶサラダ』のような低カロリーで野菜もタンパク質も一緒に摂ることのできるメニューは非常にダイエット向きなんですね。

 

カップスープ

また低カロリーで多くの栄養が摂れるという点ではカップスープもおすすめです。

インスタントのものでも良いですし、最近だと生の具材がたくさん入った野菜スープなども色々種類がありますよね。

温かいスープは身体を温めて代謝を手助けしてくれますし、温かい食事は満足度が高くなるので食べすぎの予防にもなります。

野菜スープの他にも、春雨入りの中華スープなども低カロリーでたくさん食べた感じがするのでおすすめですよ。

 

単品のお惣菜

サラダやスープだけじゃ食べた感じがしない!もっと食事らしい食事をしたい!という人もいると思います。

そんな人はお総菜コーナーの中からダイエットに適したものをチョイスしましょう。

最近は一人暮らし向けの人をターゲットに、一食ずつ小分けになったお惣菜もコンビニでは充実しています。

 

たとえば『焼鮭』『鯖の味噌煮』など魚はお肉よりも太りにくいのは有名ですよね。

他にはもずく素や煮物類、枝豆なども太りにくいメニューです。

ただし塩分が強いものも多いのでそこには注意。

たれのついているものなどは少し除けてから食べるようにしましょう。

逆に塩分に注意すれば、メインとして食べても問題ありません。

 

カットフルーツ

ダイエット中でもどうしても甘いものが食べたい!ということもあるでしょう。

そんなときはコンビニスイーツではなくカットフルーツを食べれば、余計な添加物や脂質、糖質が大分抑えられます。

甘いものが食べたくなったら生クリームたっぷりのケーキではなく、カットパインやグレープフルーツなどを食べてみて。

またカロリーゼロのゼリーなども美味しいけどあまり太らないダイエットの強い味方です。

 

コンビニの食事でできるダイエットの献立例!

コンビニダイエット食事

ここまでコンビニメニューの中でダイエットにNGなものとOKなものを見てきました。

コンビニだからといって特別なことはなく、気をつけるべきところを抑えておけばダイエットは十分可能なんですね。

そしてここからは具体的にコンビニ飯でできるダイエットの献立例をご紹介していきます。

朝、昼、夕と分けてご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

朝食

 

【パターン1】

  • 野菜スープ
  • ベーグル

 

【パターン2】

  • 春雨スープ
  • ヨーグルト
  • バナナ

 

朝は身体を温めたいのでスープを中心に。

目覚めてから温かい食事を摂ることでスイッチも入り、身体もしっかり消費するモードに入りますから、ぜひスープは入れたいところ。

また野菜やバナナで食物繊維で血糖値の上昇を抑えたり、便通を改善に。

朝は活動的になれるようにしっかりと食べるようにしましょう。

間違っても朝を抜く、なんていうのは絶対にNGですよ!

 

昼食

 

【パターン1】

  • 梅おにぎり
  • 冷しゃぶサラダ
  • アサリの味噌汁

 

【パターン2】

  • 幕の内弁当
  • ゼロカロリーゼリー

 

お昼は少しくらいしっかり食べても大丈夫。

昼食べたものは普通に生活していれば夜寝るまでに消化されますから、あまり神経質になりすぎる必要はありません。

炭水化物も摂って大丈夫です。

ただしさきほどもお話したようにコンビニ弁当はただでさえ高カロリーで、添加物も多いもの。

おにぎりも梅、おかか、わかめ、といったカロリーの低い具材を選び、お弁当もお肉やパスタよりヘルシーな和食の幕の内などがおすすめ。

 

夕食

 

【パターン1】

  • 豆腐
  • 和風サラダ
  • 豚汁

 

【パターン2】

  • とろろそば
  • おでん
  • 枝豆

 

夕食はしっかり量を確保しつつもカロリーは控えめで。

おそばはちゃんと食べられるのにカロリーが低く優秀なダイエット食。

ざるそばでも良いですし、オクラやとろろの入ったものなら栄養も摂れますね。

また汁物があると満足度が上がるのでおすすめ。

コンビニといえばおでんですが、具材は白滝や大根、はんぺんなどローカロリーのものを選ぶようにしましょう。

夕食が寂しいと我慢している感じが強くダイエットが続かないので、しっかりと味や満足感は残るもので脂質や糖質は摂りすぎないように心がけましょう。

 

まとめ

まとめ

今回はコンビニの食事でのダイエットについてお届けしました。

たしかにコンビニ弁当やスイーツばかりを食べていては太るのは当たり前。

でもちょっと考え方を変えて、意識してメニューを選べばコンビニ飯でもダイエットは十分に可能です。

忙しくて自炊をする時間が無い、ついコンビニで食事を済ませてしまう…という人はメニュー選びを考えてみて。

コンビニの食事でも美味しく健康的にダイエットを目指しましょう♪

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ 友だち追加
モテ女子に話題のダイエットアイテム 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です