スタイルを良くする方法!全身のバランスを整えるならこれが効果的!

女性なら誰でも『スタイルが良くなりたい!』と思ったことがあるでしょう。

スタイルが良ければ、おしゃれな服も着れるし、周りからも評価されるし、自分に自信も持てるし・・・と嬉しいことばかりですよね!

 

世の中には色々なスタイルアップの方法が紹介されていますが、実際のところ、どのようなことをすればスタイルを良くすることができるのでしょうか?

今回は女性がスタイルを良くするための方法をまとめてご紹介していきます!

 

スタイルを良くするためには明確な目標を作ろう!

スタイルを良くする方法

スタイルがいい人とは、全身のバランスが整っており、それぞれの部位が理想的と言われる形をしていることを言いますが、そのゴールはそれぞれに違います。

そこで、目標を明確にするために、各部位の目指すべき美容目標サイズをご紹介していきます。

改善したい部位は、現在の自分のサイズを計測し、どれくらい痩せるべきかを計測して把握することが重要です

 

そして、シェイプアップ方法を実践しながら、せめて1週間ごとにサイズを計測するようにしましょう。

計測するだけで緊張感を持てるのでダイエット効果は高まりますし、結果が出ていれば、継続することがより楽しくなります。

 

今回は部位ごとに分けて、スタイルアップするために重要な部位とその改善方法、理想のサイズの目安をご紹介していきますので最後までチェックしていってくださいね。

 

①全身痩せ

スタイルを良くする方法

まず、部位ごとを鍛えるに当たって、全身に脂肪がついていては、その全身のバランスが悪くなってしまいます。

いくらヒップが上がっていても、お腹にだるだるな脂肪がついていたら、綺麗な体型とは言えませんよね?

スタイルアップのためには全身をシェイプアップするということは欠かせません。

 

理想の体重はどれくらい?

スタイルをよくするためには、体重ではなく見た目を重視することが大切ですが、目安のために理想の体重計測方法をご紹介しておきましょう。

理想体重:(身長×身長)×19÷10,000

いかがでしたか?

これは美容面を重視して考えられた体重なので、標準体重とは異なります。

 

ちなみに標準体重の出し方はこの方式になります。

標準体重:(身長×身長)×22÷10,000

だいぶ違いますよね。

今のあなたの理想に合わせて、じぶんが目標にする体重を決めるようにしてください。

 

全身痩せをするにはどうしたらいいの?

全身痩せをするためには、これらのことを実践するのが一番の近道なので順番に説明していきます。

 

継続可能な食事制限

やはり、全身をスタイルアップさせるには食事制限は欠かせません。

しかし、無理な食事制限をするとバストサイズがダウンしてしまったり、筋肉を落としてしまい、代謝が落ちてしまう可能性もあるので、バランスのとれた食事をとることが必要です。

 

まずは簡単で継続可能なルールを作るようにしましょう。

19時以降は食べない。間食はしない。ご飯は大盛りにしない。・・・といったような点を守るだけで、あなたの体は変わってきます。

 

継続可能な有酸素運動

次に有酸素運動です。ジョギングやエクササイズなどを週に1回でもいいので取り入れていきましょう。

習慣化するまではつらいですが、スタイルアップするためにも、そしてそのスタイルをキープするためにも必須ですので、経済面でも体力面でも長いこと付き合っていけそうな運動を選ぶことをお勧めします。

 

②二の腕シェイプアップ

二の腕のシェイプ方法

この二の腕のケアは意外と皆さん最後に回しがちなのですが、脂肪のついた二の腕が与えるボリューム感は非常に『太っている』という印象を与えがちなのです。

上半身で目立つ位置にありますし、そんなに他の部位が太っていなくとも二の腕にボリュームがあると、『太っている』とか『この子ガタイがいいな・・・』なんて印象を持たれてしまうのです。

逆にいうと、二の腕が細いと華奢なイメージも印象づけられるので、ぜひここのシェイプアップは早い段階から取り入れるようにしましょう。

 

二の腕の理想サイズは?

まず、二の腕の理想サイズはこれくらいです。

二の腕理想サイズ:身長×0.145〜0.16】

 

意外と大丈夫だった!という人もいるかもしれませんね。

 

しかし、二の腕の場合、サイズはOKでも、性質が脂肪タイプか筋肉タイプかにもよって印象が変わってきます。

筋肉タイプなら締まって見えますが、脂肪タイプの人は、腕を下ろして上半身にぴったりくっつけると肉がビヨンと広がったり、腕を振った時にゆさゆさ震えてしまう人です。

じぶんではあまり自覚がない場合もありますが、ゆさゆさ震えているのを遠目で見ると、かなり迫力があるので、ここは引き締めたいところですね。

 

効果的な二の腕エクササイズ方法!

特に効果があるといろんなメディアでも紹介されているのが二の腕ねじりエクササイズです。

これは1日3分ほどを3週間続ければ効果を実感できるという方法です。

  1. 胸を張り姿勢をピンと正してピンと立ちます。
  2. 呼吸を吐きながら、肩間接と肩甲骨を使うイメージで内側に腕をできるだけねじります。
  3. 逆の原理で、また呼吸を吐きながら内側にねじります。

雑な動きにならないように、朝と夜など2回に分けて3分間やるのでもいいでしょう。

普段二の腕を使っておらず、タプタプの二の腕の人は最初はかなり効くな・・・と感じると思いますが、3週間続ければ引き締まるのであれば、頑張れる気がしませんか?♪

 

③バストアップ

バストアップ方法

バストももちろんスタイルを良く見せるには必要なポイントです。

男性だけでなく、女性も意外とチェックしている部位でもありますし、ファッションが映えるかどうかもバストのサイズや形によって異なってくる場合もあります。

しかし、スタイルを良く見せるために・・・という目的だと、サイズが大きすぎても太って見えてしまう可能性もあります。

自分の身長に対して理想的なサイズを目指すようにしましょう。

 

バストの理想のサイズは?

全身バランスが良く見えるバストの理想のサイズは下記の通りです。

バスト理想サイズ:身長×0.52〜0.53

 

そして肝心なのが、バストのサイズだけでなく、アンダーバストも把握しておくということです。

アンダーバスト理想サイズ:身長×0.432

バストのサイズーアンダーバストのサイズがカップ数なので、アンダーバストが太い場合や細い場合はバストの理想サイズも異なってきますので、注意してくださいね。

 

バストアップする方法は?

バストをアップさせるなら、バストアップマッサージが有効です。

 

脇の下にあるリンパ節の周辺やバストを支える大胸筋を刺激する方法です。さする時は優しい力でさするようにしましょう。

  1. 左側の胸の上の大胸筋に右手を当て、内側からリンパ説へらせんを描きながら4本の指でさすってリンパを流しましょう。これを3回行い、3セット繰り返します。
  2. バストの下側かたリンパ節へ両手の4本の指を交互に動かして引き上げさすり上げリンパを流します。これを3回行い、3セット繰り返します。
  3. 手のひらをお椀型に丸め、指先でバスト全体を下から上へ軽くたたきます。これを10秒間行ってください。

 

これを行う際は、クリーム等を塗って、肌に刺激を与えないように行ってください。

良質なバストアップクリームを使用すると、より早い段階からハリを感じられるようになりますよ。

 

④ウエスト・くびれメイク

くびれの作り方

ウエストは言わずもがな、チェックされるポイントなので、スタイルアップのためには必ずトレーニングに入れておくべき箇所です。

ウエストがくびれていると、そこを強調する服を着れば、全身のスタイルがいいという印象を与えることもできます。

また、対比でバストも大きく見えるようになるというメリットもありますので、ウエストが全身のスタイルバランスに与える影響はとても大きいのです。

 

ウエストの理想サイズは?

そしてウエストの理想サイズはこの通りです。

ウエスト理想サイズ:身長×0.37~0.39

身長が低い人はとくに、こんなに細くならなくちゃいけないの?!って驚いたかもしれませんね・・・。

 

ウエストのくびれメイク方法は?

腹筋は実は辛いわりに一部の筋肉にしか効果がないため、くびれを作るのにはあまり効率的ではありません。

 

なので、今回は簡単で毎日続けやすいのに効果がある立って行う腰回し運動をご紹介します。

  1. まっすぐ立ち、足は肩幅より広めに立ち、少し腰を落として膝を緩めます。
  2. 上半身はそのままに腰に手を置き、腰を円を描くように回したあと、逆周りも同様に行ってください。
  3. これを30セット行ってください。慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

※難しい方は、前→右→後→左→前とポイントで腰を置いてゆっくり行って動かして行ってください。これを続けていると回転をすんなりとできるようになります。

 

⑤ヒップアップ

ヒップアップ

ヒップは日本人は垂れてしまいがちですが、この位置が上がった分だけ脚の長さは長くなるので、スタイルアップに大きな効果をもたらします。

パンツやタイトスカートを履いた時のシルエットもカッコよくなりますから、頑張りたいところですよね!

 

ヒップの理想のサイズは?

ヒップの理想のサイズはこの公式で導き出せます。

ヒップ理想サイズ:身長×0.53~0.54

ちなみにヒップの高さや股下の理想サイズはこの通りです。

ヒップ高理想サイズ:身長×0.5

股下理想サイズ:身長×0.47

ちょっとこれは一般の日本人にはむずかしい基準なのではないか・・・と思うのですが、これが理想のようです。

 

ヒップアップできるエクササイズ方法は?

ヒップアップできるエクササイズで今回ご紹介するのはヒップリフトです。

横になったままでできるので、寝る前にもできちゃうエクササイズです。

  1. 仰向けに寝っ転がり、膝を立てます。
  2. 腕から手までを床にべったりくっつけます。
  3. 息を吐きながらお尻をゆっくりと上げていき、太ももの前の部分、お腹、胸が一直線になるようにします。
  4. 一直線になったらお尻を床にゆっくり降ろします。
  5. いずれの動作もお尻の筋肉を意識して行うようにしましょう。

簡単なのにかなりヒップアップ効果のある筋トレです。

ぜひつづけてみてください。

 

⑥脚(太もも・ふくらはぎ)

脚やせ方法

この脚は女性達が一番痩せたい部位ではないでしょうか?

女性は筋肉は少ない傾向があり、下半身にお肉がつきやすく、なかなか脂肪を落とすことができないため、コンプレックスという人も多いでしょう。

上半身は痩せているのに、下半身は太い・・・という人も多いですよね。

 

しかし、脚は背痩せれば全身の印象が細くなりますし、細い脚にヒールを合わせれば、大きなスタイルアップポイントとなります。

 

脚の理想サイズはどれくらい?

脚の理想サイズは太もも、ふくらはぎ、足首と異なりますので、それぞれチェックしてみてください。

太もも理想サイズ:身長×0.29~0.31

ふくらはぎ理想サイズ:身長×0.2~0.21

足首理想サイズ:身長×0.12

 

脚痩せに効果的なエクササイズは?

脚やせで簡単なのに1週間で細くなった!と好評の足パカエクササイズをご紹介します。

太もも痩せとむくみ解消に効果的なので、脚全体に効果がありますよ♪

  1. 仰向けに寝転がり、腕は体の横に沿わせます。
  2. 寝転がった状態で足を天井の方へ垂直にまっすぐ上げ、両かかとをくっつけ、つま先を外側に向けるようにしましょう。
  3. そこから左右の足をそれぞれ横にゆっくり開きます。
  4. 開いた状態から太ももの内側を意識して脚をゆっくりと先ほどの垂直の位置に戻します。
  5. これを1セットとして30〜50回を繰り返しましょう。

これもお尻のエクササイズ同様、寝る前にも行われる運動です。より均等に体を鍛えるためには、ベットの上よりも床の上の方がいいので、できれば床で行いましょう。

簡単なようですが、なかなかの筋肉痛になる運動ですので、気をつけて行うようにしてくださいね。しかし、その分効果の出方も早いですよ!

 

最後に

いかがでしたか?

スタイルを良くする方法を全部実施すると大変ですが、まずは全身痩せと、他の部位を頑張ってみる・・・などと、できるだけ実現可能なプランを立てて体型を少しずつ変えていきましょう!

できるだけ難易度の低い、取り入れやすい方法を選んでご紹介しましたので、やり方を頭の中に入れて、空き時間に取り入れてやってみてください。

また、スタイルアップを目指すならサイズの計測はやったほうが効果の出方が早いですよ!ぜひ一度計測して記録してくださいね!!

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ 友だち追加
モテ女子に話題のダイエットアイテム 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です