これで脱おばさん体型!40代におすすめしたいブヨブヨお腹を引き締めるための方法7選!

ブヨブヨお腹 引き締め 40代 おばさん

年齢とともにどうしたっておばさん体型に近づいていってしまいますが、正直ああはなりたくないですよね?

若いうちは『うわぁー、よくあの体型でいられるなー』とバカにしたものですが、まさか自分がそれになっていくとは想像もできなかったと思います。

 

特に顕著なのがお腹。

お腹には脂肪が溜まりやすいので、ブヨブヨお腹になり、それで一気におばさん体型に近づくことに。

醜い洋梨体型のできあがりです。

 

しかし!

その原因を知り、対策を立てていけばおばさん体型は回避することができます。

こちらにブヨブヨお腹になってしまう原因とその効果的な対策を紹介しているので、脱おばさん体型を目指している方は参考にしてみてください。

 

ブヨブヨお腹の原因は◯◯◯◯◯です!!

ブヨブヨお腹を引き締める方法

年齢とともに徐々に気になってくるブヨブヨのお腹。

あのお腹になると『自分老けたなぁ〜〜』と嫌でも感じてしまいますよね??

 

ところでブヨブヨお腹の原因がいったいなんだか知っていますか??

もちろん、脂肪の蓄積も原因の一つですが、実はそれは主な原因ではありません

ブヨブヨのお腹の最大の原因はもっと他のところにあります。

 

あの醜いブヨブヨお腹の原因。

それは・・・

筋力の低下です。

 

ブヨブヨのお腹=脂肪の蓄積と思っている人が多いかもしれませんが、実はそうではなく、筋力の低下が原因となっていることが多いです。

筋力が低下するとお肉を支える力が弱まるので、ブヨブヨのお腹になりやすくなります。

 

また、内臓を支える力も弱まるので、内臓下垂になりやすく、それがぽっこりお腹の原因につながることもあります。

内臓が下垂すると、単に見た目的にぽっこりするだけでなく、内臓機能の低下にもつながります。

内臓機能が低下すると、新陳代謝が低下し、脂肪を燃焼する力が弱まってしまうので、さらに脂肪がつきやすくなるという最悪の悪循環に。

 

このように、様々な悪い症状を引き起こす筋力の低下ですが、当然ながら年齢とともに筋力はどんどん衰えていきます。

特に、筋力の低下が顕著になってくるのが40代

 

こちらのグラフをご覧ください。

ブヨブヨお腹 引き締め 40代 おばさん

出典:http://te28way.com/

 

40代以降、筋肉の量がグングン低下していっているのがわかると思います。

そうなんです、実は40代に入ると筋力の低下の勢いは止まらなくなってしまいます。

 

そのため、40代に入った女性はブヨブヨお腹に非常になりやすい時期。

そういう時期にきたからこそ、ブヨブヨお腹にならない対策を取り、いつまでも美しい体系を維持できる努力をしていきましょう!!

 

そろそろ脱おばさん体型!ブヨブヨお腹を解消する方法!

ブヨブヨお腹 引き締め 40代 おばさん

『おばさん体型』の特徴といえば、まるで洋梨のように下半身がボテッとした体型のことを指しますが、ま〜〜あ醜いことこの上ないですよね笑

40代にもなると、どうしたってあの体型に近づいていってしまいますが、できるならおばさん体型にはなりたくないです。

 

そこでもっとも効果的な方法というのが、腹部を引き締めるトレーニングになります。

先ほどもお伝えした通り、年齢とともに生じる筋力の低下によってブヨブヨのお腹となり、それがおばさん体型の原因となります。

 

原因がわかれば話は単純で、それを解決するための手段を取ればいいだけ。

筋力が低下しているのであれば、筋力をつけるためのトレーニングを行えばいいのです。

以下に腹部の引き締めに効果的なトレーニング方法を掲載しておきます。

 

腹部の引き締めに効果的なトレーニング方法5選

ブヨブヨお腹 引き締め 40代 おばさん

 

呼吸運動

  1. 息を吸ったときにお腹を膨らませて吐いたときにへこませます。
  2. 息を吸った時にお腹をへこませて、吐いたときにもとに戻します。
  3. 息を吸いながらお腹を目一杯膨らませて、細く長くゆっくりと息を吐きながらお腹を戻します。完全に吐ききった時のお腹のへこみをキープしたまま呼吸を繰り返します。おなかは軽く締めたイメージです。

 

こちらの正しい呼吸の動作を身につけることで、内臓を本来ある位置に整えることができます。

筋力低下による内臓下垂を起こしてしまっている方は、まずはこちらの呼吸の運動で正しい位置に内臓を戻していきましょう。

 

ポイント
  • お腹を意識して呼吸動作を行う
  • 腰と床に隙間ができないように気をつける
  • 1〜3を10回を目安に行う

 

プランク

  1. 前腕を床について脚を伸ばします。
  2. 肘が肩の真下にくるようにポイジションを調整します。
  3. 頭の先からかかとまでが真っ直ぐになるように姿勢をとります。
  4. この姿勢をキープします。

 

お腹の内側の筋肉、『インナーマッスル』を鍛えることができるトレーニング方法。

これだけでも十分なお腹引き締め効果が期待できます。

一見簡単にそうに見えますが、正しい姿勢をしっかりとキープして行わないと効果が薄れてしまうので、正しい方法でトレーニングを実践してください。

 

ポイント
  • 頭・みぞおちの後ろ・お尻が一直線になる姿勢をキープ
  • 息を吸ってお腹を膨らまし、息を吐いてお腹を元に戻すという呼吸動作をつけるとさらに効果的
  • 正しい姿勢をキープしないと意味がないので、無理して長い時間行う必要はない
  • 15〜30秒を1セットで3セットが目安

 

サイドプランク

  1. 横になって肘で体を起こします。その際、頭から足まで一直線になるように注意しましょう。
  2. 下側にある足を90度後ろに折り曲げます。
  3. そのまま体を持ち上げてキープします。その後、逆側に体勢をかえて同じことを行います。

 

お腹の横の筋肉を鍛えることができるトレーニングになります。

お腹の横の筋肉を引き締めることで、女性なら誰もが憧れるくびれのあるウエストを目指すことができるので、ぜひこちらのトレーニング方法も取り入れてみてください。

 

ポイント
  • 頭から足までが一直線になる姿勢をキープする
  • 姿勢をキープするときは10秒を目安に左右どちらも3セットずつを目安にしてください

 

ダイアゴナル

  1. まず、膝(ひざ)をつけずに両手と両足で四つん這いになる。
  2. 次にどちらかの足を後方に伸ばす。
  3. さらに伸ばした足とは逆の手を前方に伸ばす。
  4. 手足を伸ばした状態でキープする。

 

手足を伸ばす動作が加わることで、お腹だけでなく、ももの裏やお尻も同時に引き締めることができるようになります。

体幹部のバランスが崩れやすくなるので、プランクよりも負荷がきついので、トレーニングに慣れてきたら実践するようにしてください。

 

ポイント
  • プランク同様、頭からお尻までが一直線になる姿勢を心がける
  • 手の平は横、つま先が90度になることを意識
  • 左右交互に10回を目安に行う

 

船のポーズ

  1. 脚を腰幅に広げ、膝を立てて胸を張った状態で座ります。
  2. 息を吐きながらお腹をへこませ、両手を太ももの裏に添えた状態で、バランスを取りながら脚を床から離します。
  3. バランスを取りながら、膝を伸ばしてVの字を作ります。自然な呼吸を繰り返しながら、背中や腰が丸まらないように姿勢をキープしていきます。

 

脚を上げることで姿勢をキープするのが難しく、負荷がかかりやすいトレーニング方法となります。

特にお腹の下部分の筋肉を鍛えることができ、同時にお尻や太ももの裏の筋肉も鍛えることができます。

 

ポイント
  • Vの字の姿勢をキープすることを意識
  • キープ時に呼吸の動作を加えるとさらに効果的
  • 20キープ3セットを目安に行います

 

やっぱり皮下脂肪の撃退も重要

ブヨブヨお腹 引き締め 40代 おばさん

お腹の引き締めには筋力をつけるのがもっとも効果的な方法ですが、皮下脂肪を落とすこともやはり重要です。

筋肉をつけつつ、皮下脂肪を落としていくことで、見事に引き締まった綺麗なウエストへと様変わりしていくので、こちらの皮下脂肪を落とす方法も参考にしてください。

 

有酸素運動を取り入れる

皮下脂肪を燃焼させるのに効果的なのは、酸素を多く取り込む有酸素運動です。

酸素を多く取り込むことで、脳が脂肪を分解してエネルギーを生成する指令を出すきっかけを作ることができます。

 

『有酸素運動で脂肪を燃焼させるには20分以上運動を継続しなければならない』ということが言われていましたが、最近だとこの考えは誤りであることがわかっています。

『20分継続するのは体力的にきつい』という人もいると思いますが、そういう方は1日のうちに有酸素運動を行う時間を分けて行うのがおすすめ。

例え時間を分けたとしても、トータルで20分以上の有酸素運動を続ければ、脂肪燃焼効果を実感できるそうです。

 

有酸素運動は、『ランニング』や『ウォーキング』が代表的なものですが、『自転車を漕ぐ』や『水泳』といった方法も人気です。

お好みの有酸素運動を取り入れ、皮下脂肪を燃焼していきましょう。

 

食事制限をする

脂肪は摂取カロリーが消費カロリーを超えると体に蓄積されていきます。

有酸素運動は『消費カロリーを増やす』という対策でしたが、食事制限をすることで『摂取カロリーを抑える』ほうの対策をすることができます。

有酸素運動やお腹を引き締めるトレーニングを実施していれば、過度の食事制限をせずとも脂肪を落とすことが可能です。

 

『間食しないように気をつける』、『カロリーが多いものを食べないようにする』などちょっとのことを意識するだけでもだいぶ違うので、軽い食事制限から挑戦してみてください。

ちなみにコンビニの食事だったとしても食事制限は可能!

詳しくはこちらの記事をご覧になってください。

ダイエットでつかえる!?コンビニでおすすめの食事13選

2016.03.22

 

効率よくブヨブヨお腹を撃退する方法!

もっとすっきり生酵素の効果や口コミ

さて、今回はブヨブヨお腹を引き締める方法でトレーニングを取り入れるべきだとお伝えしましたが、どうせならもっと楽で効率よくダイエットしたいもの。。。

そこでおすすめなのが新陳代謝を高めるサプリを摂取すること。

年齢を重ねるうちに代謝が低下して、若い頃はそんなに太る事もなかったのに、、、と思っていてブヨブヨになってしまった人が多いもの。

なので運動をして代謝を高めようという話でしたが、サプリを併用する事で効率よく代謝を高めることが出来ます。

 

とは言ってもどんなサプリがいいのだろうか・・・と不安な人が多いはず!

そこでおすすめなのが、こうじ酵素という売れ筋のサプリ。

筆者も実際に利用しており、かなり安心して使えるものであるのでおすすめです。

>> 代謝を高めるならこうじ酵素でしょ!

 

カロリーカット&カロリー消費がダイエットの基本!!

ブヨブヨお腹 引き締め 40代 おばさん

ブヨブヨお腹が気になるのであれば、ダイエットの基本であるカロリーカット&カロリー消費を徹底していきましょう。

食事が乱れがちだった人はまずは規則正しい食生活を心がける。

そうすれば、摂取カロリーを抑えることができて、お腹の脂肪が徐々に落ちていきます。

 

加えて、カロリー消費を促す有酸素運動を取り入れるとさらに効率的!

食事制限+有酸素運動は、ベタなダイエット方法ですが、効果は抜群です。

ぜひ、自分が得意な有酸素運動から始めてみてください。

 

また、お腹を引き締めるためのトレーニングを混ぜるとさらに最高です。

ブヨブヨお腹の根本的な原因である筋力の低下を補わないと、脂肪を落としても綺麗なお腹にはなりません。

油断するとまたすぐに元のブヨブヨお腹に戻ってしまうので、お腹周りを鍛えるトレーニングを行い、いつまでも美しいウエストをキープできるようにしちゃいましょう。

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ 友だち追加
モテ女子に話題のダイエットアイテム 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です