冬に太る原因はなぜ!?理由や対策について考えてみた

忘年会、お正月に体重計にのって

 

『やば!◯◯kgも太ってるー!!』

 

そんなことを思っていませんか?

今年でなくても今までに経験したことがある人も多いはず・・・

体重計に乗らなくてもお風呂に入るときにお腹のお肉をみてから「やってしまった・・・」と感じている方も多いのではないでしょうか?

 

冬は太りやすいとか痩せやすいとか色々情報がありますが、冬には太ってしまいやすい原因が他の季節より揃っていたりします。

その原因や理由と対策を今回はお届けしたいと思います。

気になる方は必見ですよー!!

上手く冬を乗り切って綺麗なボディラインをキープしましょう♪

 

あなたが冬に太るたった1つの原因

体重計

冬に太る原因はずばり1つだけ。

  • 消費カロリー<摂取カロリー

この状態になりやすいからです。

ダイエットの基本である消費カロリー>摂取カロリーの状態の真逆を行くイベントや環境が冬にはたくさんあります!

 

この状態を逆転させるために様々な対策を講じて行く必要があるですが、まずはなぜ冬に太るのかその理由を知りましょう。

 

なぜ冬に太る?理由6選

冬に太る

太るのにはそれだけの理由があります。

冬にはたくさんの誘惑がありあなたをぷよぷよなお腹にいざなうのです。

その理由を理解して対策を講じていくことで今年の冬こそは太らないようにしましょう!

 

運動しなくなる

冬はなんといっても寒いですよね。

なので、外にでるのは億劫になる方が増えるではないでしょうか?

わざわざ寒い外にいるならコタツに入りながらみかんを食べたい!と考えてしまうもの。

 

夏なら海に行ったりと外は暑いもののアウトドアなイベントも多いですよね。

春や秋は比較的過ごしやしすいので、外にでてジョギングやウォーキングをしているかたも多いと思いますが、冬になると「今日は寒いから・・・」と明日に先延ばしなんてこともしたくなりがちです。

冬は運動量が明らかに減るんです。

つまり、それだけ消費するカロリーも減ってしまうということ。

最終的にはどれだけ摂取カロリーがあるかによってももちろん違うのですが、冬にはたくさん食べるたり飲んだりするイベントが目白押しですよね・・・

 

忘年会やお正月などのイベント

冬といえば忘年会の季節。

忘年会も1回なら普段の飲み会と一緒ですが、たくさん所属しているコミュニティーがあるとそれだけ、食べる量も飲む量も増えますよね。

特に会社の飲み会などでは居酒屋で行うことがほとんどだと思いますので、揚げ物やビールなどカロリーが高いものばかり出てきます。

自然と摂取カロリーが多い状態が連日続いて運動もしないとなれば太るのは目に見えています・・・

 

また、忘年会だけではなくお正月はおせちなどたくさん作って食べたり、新年会もありますので、忘年会と同じように2ヶ月連続で摂取カロリーが多い状態が続いてしまう可能性が大。

他にもクリスマスの豪華なディナーなどもあったりと食べ過ぎてしまいやすいイベントが盛りだくさんなのです。

 

冷え

先ほどもお伝えしましたが、冬はやはり寒いですよね。

寒さはカラダの冷えに繋がり、血行やめぐりが悪くなります。

するとカラダに必要な栄養素が送られにくい状態になり、代謝が悪くなるのです。

体温は代謝とも密接に関係しており、体温が1度下がると基礎代謝は12%ほど下がることがわかっています。

日中は厚着していても夜は足から冷えがきたり・・・といったように様々な場面で体温を奪われやすく代謝が落ちやすい状況になっているんです。

消費カロリーが落ちやすいので、太りやすくなるということですね。

カラダをしっかりどんなシーンでも冷やさないようにするのが大切です。

 

姿勢

「猫はコタツで丸くなる」といった歌詞もありますが、冬は寒さゆえ猫背になりやすいです。

寒さのせいで気づいたらカラダを丸めていたという経験はほとんどの方があると思います。

姿勢が悪く猫背になるということはそれだけ、筋肉を使わなくなります(楽している状態なんですね)ので、筋肉が衰える原因になり、基礎代謝にも響いてきます。

それ以外にも、寒さによって姿勢が悪くなると緊張が生まれて血流が滞りやすい状態になりがちなのでです。

それによって、代謝が落ちるなど姿勢の悪化によって太りやすい状況を招きやすいと言えるでしょう。

 

ラインのでる服をきなくなる

夏は外に出るイベントがあったり、暑くて薄着になるのでカラダのラインを気にして痩せようと努力する人も多いでしょう。

ただ、冬は寒さを防ぐために厚着をするのでカラダのラインを気にすることが夏に比べてかなり少なくなります。

そのため、知らず知らずの間に・・・といったことが起こりやすいわけです。

人間目に入ると気になることが多いものですが、そうでないと意識から離れがちです。

なので気づいたら太っていた・・・

と一番最初にお伝えしたこともおこってしまうということですね。

カラダのラインを気にするような機会を意識的に作るのが肝心です。

 

ストレス

もしかしたら冬の寒さでイライラする人もいるかもしれません。

そうでなくとも、快適な状態ではないので、カラダにとっては知らず知らずの間にストレスになっている可能性があります。

家では暖房器具が発達しているのでイライラを感じる人は少ないかもしれませんが、外に出たり、暖房を消して寝るときなど、寒さに影響されるものです。

それ以外にも、立て続けの忘年会やイベントごとなどの付き合いに疲れやストレスを感じることもありますよね。

 

ストレスを感じると人はコルチゾールという俗にストレスホルモンとも呼ばれるものを分泌します。

量が少なければ大丈夫なのですが、コルチゾールがたくさんストレスを感じてたくさん分泌されてしまうと、食欲を司るホルモン・グレリンがたくさん出てしまいます。

それによってどか食いしやすい状態が生まれてしまうのです・・・

 

さらには、コルチゾールは血流を悪くする働きがあります。ストレスを感じたときに免疫が低下するのはこのためとも言われており、血流の悪化によって代謝が落ちるということも太る1つの理由です。

 

 

このように冬には太る理由がたくさんあります。

ではどのようにすれば冬に太るのを防ぐことができるんでしょうか?

 

冬に太るのを防ぐ対策6選

おすすめ

冬に太る理由に対してそれぞれ講じるべきおすすめの対策を用意しました。

心当たりがある方はぜひ取り入れることで、冬太りを防ぐの役立ててみて下さい。

 

エクササイズ

まずは運動しないことに対してですが、簡単にお家でできるエクササイズを取り入れていきましょう。

おすすめはロングブレスです。

 

一時期ロングブレスダイエットなどもかなり流行りましたが、医師も認めるほどかなり理になかった方法です。

家にいても腹筋などのトレーニングに比べて動かずできますので、取り入れやすいのが特徴です。

最近ではドローインなど名前を変えて流行っていますね。

太るときはお腹のから太りやすくお腹の脂肪が落ちるのは最後です。

 

なので、腹筋を鍛えて置くとお正月太りなどで、お腹がぷよぷよになってしまうのを回避しやすくなります。

もちろん有酸素運動をジムなどで行った方がいいのですが、「動くのが苦手!」という方は取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

食べ方を変える

様々なイベントがあって食べ過ぎてしまう冬ですが、食べ方を工夫することで太りやすい状態を回避することができます。

太りやすい食べ方は炭水化物を先に食べてしまう方法。

炭水化物を先に食べると血糖値が急上昇して、インスリンが大量に分泌されてしまいます。

すると余った糖が脂肪になりやすい状態になりますので、注意が必要なのです。

野菜などがコースで出てくることも忘年会なら多いと思いますので、炭水化物を控えるようにしましょう。

忘年会では、食べる量も抑えめにしていろんな人と話すことに集中して食べる量を抑えてカロリーを制限してみるなど工夫できることは色々あります。

 

それ以外にも、お酒の飲むなら、飲むものを変える工夫ができます。

飲み会の一杯目のビールは仕方がないと思いますが、2杯目はハイボールを頼むなどカロリーが低いものを選ぶのも大切です。甘いカクテルはカロリーが高めで糖質を取ることにも繋がるので、注意しましょう。

 

  • 糖質(炭水化物)をできるだけとらない
  • 食べ過ぎないように気をつける

といった意識を持ってイベントに臨みましょう。

 

カラダが温まるものを食べる

冷えの対策としてはカラダが温まるものを食べること。

唐辛子に含まれるカプサイシンや生姜スープなどカラダを温めてくれる食べ物を摂取しましょう。

そうすることで、カラダが冷えるのを防ぎめぐりをよくできれば、血流が悪くなるのをできるだけ防ぐことができます。

今日のお鍋を辛い鍋にしてみるなど細かい工夫を重ねていきましょう。

 

厚着する

続いては姿勢についてですが、単純ながら寒さを感じないように厚着をすることが大切です。

ファッションを重視して寒さを我慢する人もいると思いますが、インナーは保温性の高いものを着るなど細かい工夫を重ねていきましょう。

見えにないように貼るタイプのカイロを使ったりと冷えの部分とも繋がってきますが、カラダが寒くならないようにするのが大切ですね。

また、もちろん姿勢を意識するのも大切です。ついつい丸くなりがちな方は背筋をピン!と伸ばすようにしましょう。

 

鏡を自分の裸を見る

ラインのでない服については、洗面所やお風呂の中に鏡がある人も多いと思いますので、鏡で自分の体型をチェックするようにしましょう。

魅力的な体型であるか、太ってしまったのか鏡を見れば一目瞭然ですよね。

「そんなので、太るのを防ぐことができるの?と疑問に思う方も多いかもしれませんが、鏡を見るダイエット方法は深田恭子さんも取り入れています。

鏡を見ることで自分今の状態が確認でき、理想のボディとの乖離を確認することでダイエットへモチベーションを高めたえりできるんです。

考えてみると夏に太らないように努力するのも誰かに太ったカラダを見られたら恥ずかしいからですよね。

それが好きな男性からだったらなおさらだと思います。

鏡の前で好きな男性や芸能人などを想像しながらダイエットへのモチベーションを高めてみてはいかがでしょうか?

 

ストレスをためない

ストレスは美と健康にとって大敵です。

つまりは女性にとって大敵なのです。

ストレスを貯めてしまわないように、過ごしやすい環境で過ごすのはもちろんですが、ストレスを発散できるようにリラックスできる時間をとったり友達と話したり、趣味に没頭したりと食べる以外のはけ口を持つようにしましょう。

何にもない・・・という方でもお笑いのテレビをみて笑うという方法で大丈夫です。

笑うと自律神経が整いストレスホルモンの分泌が抑えられますのでおすすめですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は冬に太るは原因なぜ!?理由や対策について考えてみたといったテーマでおおくりしました。

太る原因はシンプルですが、それに紐づく様々な要因があります。

まずは今の自分はどうかチェックリストとしても活用できますので、理由を確認してそれぞれ対策をうって太らないように上手く冬を乗り切っていきましょう。

 

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です