痩せ体質になる方法!今すぐできる17のコツ

あなたは、痩せ体質になる方法が知りたいと思っていませんか?

 

モデルや芸能人のようにスリムなカラダを手に入れることができれば周りのあなたに対する見る目が変わって褒められたり、一目置かれるようになったりと憧れまとになって自分に自信が持てる楽しい日々を過ごすことができるようになるかもしれません。

この記事では痩せる体質になる方法として、5つの項目と17つのコツを用意しました。

痩せる体質を手に入れて美しくなりたいと考えている方は、自分に合う合わないなどあると思いますが、原因を感じている部分があれば積極的に習慣を変えていきましょう。

 

痩せる体質になる方法

痩せる体質になる方法として重要なのが、

  1. 食生活
  2. 運動
  3. 質の高い睡眠
  4. ストレス解消
  5. 便秘解消

の5つの項目です。

 

それぞれ、痩せる体質に必要な要素がたくさん含まれています。

この中で特に重要なのは食生活です。食べたものでカラダはできてしますので、それだけ体重に与える影響は大きくなってきます。

それぞれの項目でコツをお伝えしていますので、習慣化しやすいものからすぐに始めていきましょう。

 

 

食生活

食生活

カロリーを考える

痩せる上での基本が消費カロリー>摂取カロリーの状態を作ることです。

気づいたら太ってしまっていたという方は消費カロリーが落ちているか、摂取カロリーが増えているかのどちからですので、まずは1日にどのくらいのカロリーを摂取しているのか計算する習慣をつける必要があります。

 

そういった習慣をつけることで、実はあまりカロリーが高くないと思っていた意外なものが太る原因だったと気づくことができるはずです。

 

燃焼するものを食べる

唐辛子に含まれるカプサイシンや生姜などは脂肪を燃焼したり、カラダを温めてくれる効果があります。

体温は代謝と密接に関わってきていて、1度違うと12%も基礎代謝が変わってきます。

そのため、カラダを温めるものを積極的に取り入れることで、体温をあげて燃焼できる体質を作っていくこともできるのです。

 

特に冷えに悩んでいる方は積極的に摂取していきましょう。

冷えはダイエットの面以外でも、末端の血管に栄養が行き届きにくく、老廃物を排出する力が弱まった状態を作ってしまいむくみやすい状態を生む原因にもなります。

 

プチ断食を取り入れてみる

プチ断食は内臓を休ませることができ、栄養を摂取しない断食に比べて美容やダイエットとって効果的な方法です。

内臓を休めることで代謝の向上に繋がったり、デトックス効果を得ることができます。

 

3日日で取り組み

  • 1日目・・・徐々に食事量を落とす
  • 2日目・・・本番(何も食べない)
  • 3日目・・・徐々に食事量を戻す

といった流れになります。

 

1日目は朝昼は腹八分に抑えて、夕方はいつもの半分の量にしましょう。

2日目の本番は何も食べないの辛いという方は、酵素ドリンクなどカロリーはほとんどなく栄養が取れるものを摂取するようにしましょう。

3日目はおかゆなどの胃に負担がかからない消化にいいものから食べ始めるのが大切です。

 

よく噛む

よく噛むのは今すぐできて太りにくい体質になる重要な方法です。

一見シンプルなため、本当に効果があるか疑問に感じる方ももしかしたらいるかもしれませんが、2つの面からメリットがあります。

 

それは、

  • 脂肪になりにくい状態にできる
  • 満腹感を得られる

といった面からです。

 

よく噛むことで、唾液の酵素によってが食べ物の分解が進みやすくなります。食べたものは消化がしっかりできないと脂肪になりやすい状態になります。そのため、胃に入る前に分解を進めておくことで、負担を減らすことができるのです。

それ以外にも、満腹中枢が刺激されることで満腹感を得やすい状態になりますので、食べすぎを防ぐことができ、摂取カロリーを減らすことができます。

 

酵素を取り入れる

食べる量は変わっていないのに太ったという状況を経験したことはありませんか?

これは年齢や食生活によって体内の酵素が減って消化力が弱まっている証拠です。

 

酵素は消化を助けてくれる働きがあるものもあり、それが弱まると『よく噛む』の部分でもお伝えした通り、しっかり消化できない状態で吸収されることに繋がり脂肪になりやすい状態になっているのです。

そのため、外部から酵素を摂取する必要があります。

 

おすすめなのは酵素サプリメントです。

酵素ドリンクに比べて、酵素がしっかり摂取できます。

ちなみに、プチ断食の時に酵素ドリンクをおすすめしているのは消化や満足度の観点からです。

 

運動をする

筋肉をつける

筋肉をつけると基礎代謝が上がります。

学生時代運動をしている人を見ると足が細かったり、体型がスリムな方が多いことに気づくはずです。

 

それは、運動する習慣があったり筋肉がついていて、基礎代謝が高く太りにくい体質になっているからです。

筋トレを本格的に始めるのであれば、ジムに通うのがおすすめですが、挫折してしまう方も多いでしょう。

 

そのため、自宅ですぐにできるエクササイズとしておすすめなのが、スクワットです。

これはスクワットは様々な筋肉を鍛えられるだけでなく主に鍛えられる太ももは筋肉が多いので、効率よく基礎代謝をあげることができるからです。

 

有酸素運動をする

有酸素運動は筋肉をつけて、基礎代謝をあげるというより、脂肪を燃焼する意味合いの方が強いトレーニングです。

 

摂取カロリーを減らした方がダイエットとしては効果が高いので、食事の方が重要ですが、ジョギングをしたりウォーキングをすることで、血中の糖を消費してカラダの脂肪が燃焼する状態を作ることができます。

まずは取り入れやすいウォーキングから、毎日30分取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

ストレッチをする

運動が苦手な方におすすめなのがストレッチです。

ストレッチは凝り固まった筋肉をほぐして血流を促進する効果があります。

めぐりをよくすることは燃焼力をあげることに繋がります。

 

特に脂肪が多いと周辺のめぐりが悪くなり、それによって老廃物がたまり、セルライトができてさらに状態が悪くなるといった負のスパイラルに陥る可能性がありますの。

ストレッチ以外にもマッサージを取り入れて気になる部分の周辺のめぐりをよくすることを心がけましょう。

 

質の高い睡眠をとる

寝具を変える

枕やマットレスなどの寝具が合わないと血流が悪くなる要因になります。

血流が悪くなるとそれだけ、栄養が行き届かなくなり代謝が落ちるといった状態になりますので注意が必要です。

 

自分にあった寝具を取り入れることで、睡眠の質を高めることができますので、枕の高さやマットレスの質感など快適に睡眠をとれるものを選びましょう。

特に朝起きたときに凝りやだるい方は要注意です。

 

アロマの導入

アロマの導入はストレスの部分と関わってくるのですが、リラックスして睡眠の導入を助けてくれます。

なかなか寝付けなくて睡眠時間が短くなっている方は一度取り入れてみはいかがでしょうか。

 

寝る準備をする

寝る前にスマホやPCのブルーライトを浴びてしまうと自律神経が刺激されてしまい、本来睡眠に向かって優位になるはずの副交感神経の働きを妨げることにつながります。

それ以外にもカフェインの取りすぎや熱いお風呂やシャワーも交感神経を優位にしてしまう原因となりますので、注意が必要です。

 

睡眠時間は長い方が食欲ホルモンであるグレリンの分泌を抑えることができるという実験結果がアメリカの研究でも明らかになっています。

 

そのため、睡眠をしっかりとれるように環境を整えていくことが痩せやすい体質になるためには大切です。

合わせて、夜遅くの食事は副交感神経が優位いなっていて、消化機能が落ち脂肪になりやすい状態になっていますので、夜更かしは避けるようにすることが痩せる体質になるための近道です。

 

ストレスをためない

おすすめ

リラックスする時間を作る

ストレスを過度に感じるとコルチゾールというストレスに対抗するホルモンが発生します。コルチゾールは食欲ホルモンであるグレリンを増やす働きがあります。

これがストレスによるどか食いの正体です。

そのため大切なのが、ストレスを遠ざける習慣を取り入れていくことです。

 

『質の高い睡眠』のところでもお伝えしましたが、アロマを炊いたり、バスタイムを楽しんだり、友人と触れ合ったりと自分にとって心休まる時間を作るようにするのがストレスを遠ざけるコツです。

 

何かに没頭する

ストレスを遠ざける方法はいくつかありますが、その一つが何かに没頭することです。

好きなアイドルや芸能人の映画やコンサートの動画をみたり、趣味がある方はそれに熱中したり、ストレスの元となることを考えない時間を作りましょう。

ストレスの元になる原因について解決策を考えることも大切ではありますが、一度意識から解放した方が建設的なアイディアも浮かんでくるものです。

 

発散する

ストレスを発散する方法は様々なありますが、カラオケで大きな声を出したり、友達に口を聞いてもらったり、運動をしてカラダを動かしたりと自分にあった方法で外に吐き出すのが大切です。

ストレスを溜め込んでしまうと先ほどもお伝えしたコルチゾールは、血液をドロドロにする原因にもなりますので、それによって代謝が落ちることもあります。

仕事に育児にとストレス社会と言われる現代ではストレスを感じない方が難しいですが、自分にあった形を見つけていくのが大切です。

 

便秘を解消する

食物繊維を取る

便秘になると溜まった便が有毒なガスを出してしまい、それが原因で血液がドロドロになる原因になります。

代謝が落ちたり、老廃物が溜まったりとすでにお伝えの通り血流は痩せやすい体質と密接に関わっています。

 

便を排出するために重要なのが食物繊維です。

食物繊維には二つ種類があったて、便を硬くして腸が動くように刺激してくれる不溶性食物繊維と流れやすくしてくれる水溶性食物繊維があります。

どちらかに偏ってもいけませんので、バランスが大切なのですが、特に日本人の食生活では水溶性の食物繊維が不足しがちなので、多く含まれている海藻類を積極的に摂取しましょう。

 

おすすめの食べ物としては水溶性と不溶性の両方の性質を兼ね備えた『レジスタントスターチ』を含んでいるバナナです。

一時期朝バナナダイエットが有名になりましたが、バナナは多くの栄養が含まれながらも低カロリーで食べ応えがあります。

おおよそ1本あたりで85kcal前後とご飯1杯の250kcalに比べて1/3ほどです。

カロリー面でみても大変優れている食材ですので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

乳酸菌を取る

腸は第2の脳とも言われるくらいカラダにとって実は重要な働きをしています。脳の働きが落ちしているときはサポートをしてくれているのです。

腸の中ではデブ菌とヤセ菌が戦っていてどちらが優位かによって体質が変わってきます。

 

デブ菌が増えてしまうと老廃物などが溜まりやすくなったり、免疫機能が低下したりホルモンバランスが乱れたりと様々なデメリットが引き起こされます。

そのため、乳酸菌を摂取して善玉菌をサポートできる状態にして腸内環境を整えてあげることで、痩せやすい体質に近くことができるんです。

 

乳酸菌が取れる食べものとしては

  • ヨーグルト
  • 味噌
  • ナチュラルチーズ
  • キムチ
  • 納豆
  • ぬか漬け
  • 醤油
  • 塩麹
  • 甘酒

などがあります。

 

乳酸菌以外にもオリゴ糖も最近ではダイエットにいい菌として注目されていますが、

  • はちみつ
  • ごぼう
  • きな粉
  • 玉ねぎ
  • 大豆
  • バナナ
  • りんご

などの多く含まれていますので、ぜひ取りれてみて下さい。

 

水分を取る

水分が不足しているとそれだけ便がつまりやすくなります。

ただ、水分といってもコーヒーやお茶などを摂取するのではなく、ミネラルウォーターや炭酸水を摂取するのが大切です。

 

なぜならコーヒーなどカフェインが含まれているものは利尿作用があり、カラダの水分を排出してしまうからです。

飲むタイミングも一辺にたくさん飲むのではなく、朝昼晩とわけて1リットルから2リットルを目安に飲むように心がけましょう。

温度はできるだけカラダを冷やさないように常温か温かくしてとる方がカラダのめぐりの妨げにならずベターです。

 

まとめ

痩せやすい体質になるためには、

  1. 基礎代謝の上昇
  2. 体温の上昇
  3. 食べ過ぎを防ぐ習慣
  4. 溜め込まない習慣

が大切です。

 

いきなり全てを変えるのは難しいと思いますので、1つ1つ取り入れていきましょう。

痩せやすい体質になるためには、毎日続けて習慣にできるものから取り入れていくことで1つ1つ体質を変化させるのが重要です。

 

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ 友だち追加
モテ女子に話題のダイエットアイテム 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です