飲む日焼け止めは胃痛などの副作用が生じて危険という噂を検証

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

『日焼け止め』と聞くと塗るタイプのものを想像する人がほとんどだと思いますが、実は今飲むタイプの日焼け止めが注目されています。

今回、飲む日焼け止めの効果や副作用などについて詳しく説明しているので、ちょっとでも興味がある方はぜひこちらを参考にしてみてください。

 

Contents

紫外線を受けると様々な悪影響が・・

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

飲む日焼け止めの情報に入る前に、紫外線についても勉強しておきましょう。

紫外線を浴びることは百害あって一利なしと言われるほど悪影響を受ける行為と言われています。

紫外線を浴び続けるとこのような悪影響を被ることとなってしまいます。

  • シミ・ソバカス・色素沈着の原因に
  • 保湿機能を低下させ肌トラブルの原因に
  • 新陳代謝を乱れさせ肌の老化を進行させる
  • シワ・たるみの原因に
  • 皮膚ガンの原因に

 

シミ・ソバカス・色素沈着の原因に

紫外線の悪影響から肌を守る防御反応として、表示基底層のメラノサイトがメラニン色素を増やします。

増えたメラニン色素が肌内部に残ると、肌の黒化・シミ・ソバカスの原因となったりします。

過度の日焼けは、メラノサイトの働きを活性化させ、恒常的にメラニン色素を作り出すことにもつながってしまいます。

 

保湿機能を低下させ肌トラブルの原因に

紫外線は、皮脂膜・細胞間脂質・NMF成分の働きを弱め、肌の保湿機能やバリア機能を低下させてしまいます。

すると、肌は潤いを失い、カサついた状態になってしまいます。

肌に潤いが失くなってしまうと、肌荒れなどの様々な肌トラブルが起こりやすくなり、肌老化を進行させてしまいます。

 

新陳代謝を乱れさせ肌老化を進行させる

紫外線は、表皮細胞を傷つけ、新陳代謝を乱れさせます。

すると、排出されたメラニン色素が肌の内部に残ってしまい、シミ、そばかすの原因となってしまうのです。

また、新陳代謝が乱れると表皮角質層の保湿機能やバリア機能にも悪影響が生じ、肌の老化が進行してしまいます。

 

シワ・たるみの原因に

紫外線のうちUVAと波長の長いUVBは表皮を通り抜け真皮にまで影響を及ぼします。

すると、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸で支えられた真皮の層構造にダメージが与えられてしまいます。

真皮の層構造が変わってしまうと、肌を弾力を失い、シワやたるみが発生するようになります。

 

皮膚ガンの原因に

紫外線は細胞の遺伝子を傷つけます。

遺伝子の傷は自然と修復されますが、大量の紫外線を浴びてしまうとその分多くの遺伝子が傷つくことになるので、突然変異が生じてガンになる可能性が高まります。

免疫力も低下してしまうので、生じたガン細胞を排除する機能も弱まってしまうので、ガンにかかるリスクが増えてしまいます。

 

このように、紫外線は我々の肌に様々な悪影響を及ぼしていきます。

そのため、日焼け止めを活用して紫外線からの影響をなるべく抑えていく必要があるのです。

 

飲む日焼け止めとは

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

日焼け止めと聞くと、塗るタイプの日焼け止めがポピュラーですが、今回紹介するのは塗るタイプではなく、飲む日焼け止め。

海外ではすでにお馴染みでしたが、2016年から日本でも解禁されたことで注目を集めています。

サプリタイプで、日焼けから肌を守る成分が含まれており、体の内側から日焼け対策ができるのが塗るタイプの日焼け止めとは大きな違いとなっています。

 

紫外線によるメラニンを抑制する成分やシトラスやローズマリーから抽出されたニュートロックスサン、トマトに含まれるリコピン、ビタミンEなどが含まれており、飲むだけで簡単に紫外線による日焼けから肌を守ることができるようになります。

 

塗る日焼け止めとの違い

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

これから飲む日焼け止めを使ってみようと思っている方は、おそらく今までは塗る日焼け止めを利用していたのだと思います。

そこで、塗る日焼け止めとの違いをより明確にしておこうと思い、こちらに飲む日焼け止めと塗る日焼け止めの違いをまとめておきます。

 

紫外線で受けたダメージを軽減する働き

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めは働きが根本的に違います。

塗る日焼け止めは、有害な紫外線が肌に降り注ぐのを防ぐことを目的としています。

SPFの数値が大きいほど、またPAの+が多いほど紫外線をシャットアウトしてくれます。

 

飲むタイプの日焼け止めは、紫外線をカットすることが目的ではなく、紫外線で受けたダメージを軽減することが目的です。

そのため、塗る日焼け止めには記載されているSPFやPAの記載はありません。

 

敏感肌の人でも使える

塗る日焼け止めは、肌に直接塗るわけですから、敏感肌の人が強めの日焼け止めを使うと肌が荒れてしまうことがありましたよね??

飲むタイプの日焼け止めであれば、肌に直接塗るわけではないので敏感肌の人でも使用することができます。

『敏感肌の私にも合うサプリないかなー?』と探している人は飲むタイプの日焼け止めをチョイスするのはおすすめです。

 

飲む日焼け止めのメリット・デメリット

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

飲む日焼け止めのメリットとデメリットをこちらにまとめておきます。

 

メリット

気軽に続けられる

紫外線対策の日焼け止めですが、従来の塗るタイプのものはいちいち素肌に塗らないいけないのが面倒臭いですよね??

飲む日焼け止めは、サプリメントタイプとなっていますので、飲むだけで日焼け止め対策をすることができます。

なので、『塗るタイプの日焼け止めが面倒』という人にはおすすめです。

 

他の日焼け止めグッズと組み合わせると強い

飲む日焼け止め単体でも十分な日焼け止め効果がありますが、他の日焼け止めグッズと組み合わせると非常に効果的です。

例えば、従来の日焼け止めクリームと飲む日焼け止めを組み合わせると紫外線自体をカットしながら紫外線によるダメージを軽減することができます。

クリームを塗ること自体が面倒であれば、日傘と組み合わせることで紫外線による影響を極限まで抑えることが可能となります。

 

敏感肌の人でも使える

敏感肌のせいで今まで日焼け止めを使えなかった人も飲むタイプであれば問題なく使用することができます。

自分に合う日焼け止めを探している人もぜひ活用してみてください。

 

デメリット

価格が高い

あえて、デメリットをあげるとするならば、飲むだけでいいのでとても楽というメリットはありますが、その反面塗るタイプの日焼け止めに比べて価格が高いです。

ちょっとお金を出して楽さを取るのが飲む日焼け止めになります。

 

飲む日焼け止めの効果

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

飲む日焼け止めに期待できる効果は以下の通り。

  • 抗酸化作用によるシミ予防
  • 免疫機能向上による日焼け予防
  • 肌の回復力促進
  • 老化の抑制

 

抗酸化作用によるシミ予防

紫外線は皮膚にあたると活性酵素を発生させます。

この活性酵素がシミのもとであるメラニンを生成させ、皮膚を黒くする元凶。

飲む日焼け止めには強い抗酸化作用が期待でき、活性酵素を抑制してくれるので、シミ予防に効果的とされています。

 

免疫機能向上による日焼け予防効果

肌の免疫機能を保つにはランゲルハルス細胞という細胞が必要になりますが、紫外線がこのランゲルハンス細胞を減少させてしまいます。

飲む日焼け止めには、このランゲルハンス細胞の減少を防いでくれる効果があるので、肌の免疫機能が十分働き、日焼け予防効果が期待できます。

 

肌の回復力促進

肌が紫外線を浴びると皮膚のDNAニダメージを与えます。

飲む日焼け止めは、このDNAの損傷を減少させる効果が期待できます。

また、肌の回復能力を促進させる効果があり、将来的な皮膚がんの予防にもつながります。

 

老化の抑制

紫外線を受ける光老化と呼ばれる紫外線によるコラーゲン減少が原因の老化現象が進んでいきます。

飲む日焼け止めを飲むこと絵細胞へのダメージを軽減させ、コラーゲンの減少を抑えてくれるので、老化促進を抑えることができます。

 

飲む日焼け止め選びのポイント

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

飲む日焼け止めはいくつかの種類が出ていますが、選び方のポイントがこちらになります。

  • ニュートロックスサンを配合していること
  • 紫外線ブロック効果の持続時間
  • 買い続けやすいこと

 

ニュートロックスサンを配合していること

飲む日焼け止めで注目されている成分がニュートロックスサンという成分。

地中海で育ったシトラス果実に強い抗酸化作用が含まれていることが発見され、ローズマリーの葉から抽出された成分と合わせて作られた天然ポリフェノールが主成分のニュートロックスサン。

 

紫外線を浴びたときに体内で発生する活性酵素をコントロールする働きがあり、肌の炎症を抑え、日焼けによるシミやしわを予防する働きがあります。

1日250mgずつ85日間飲み続けると60%の紫外線カット効果があると実験で証明され、その効果の高さに注目が集まりました。

このニュートロックスサンが含まれているかどうかが重要なポイントになりますので、飲む日焼け止めを選ぶ際はニュートロックスサンが含まれいるかチェックするようにしてください。

 

紫外線ブロック効果の持続時間

飲む日焼け止めは種類によって効果の持続時間が様々。

朝飲んで1日もつものもあれば、2時間しか効果が持続しないものもあります。

持続時間が4〜5時間ほどのものだと一日外出する際は飲み直さないいけないので、いちいち面倒ですよね?

ニュートロックスサンが含まれているものは朝飲めば一日効果が持続するものが多いので、なるべく持続効時間が長いものを選ぶのがいいでしょう。

 

買い続けやすいこと

飲む日焼け止めは、塗るタイプ同様飲み続けなければ効果がありません。

先ほどの項目でもお伝えしましたが、ニュートロックスサンは約85日ほどで効果がマックスに達しますので飲み続ける必要があります。

なので、できれば定期コースがあるものを選び、続けやすいサプリを選ぶのがいいです。

 

飲む日焼け止めの効果的な飲み方

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

飲む日焼け止めは飲み方によってその効果が変わってきます。

こちらに効果的な飲み方をまとめておきます。

 

日焼けする前に飲むようにする

基本的な飲み方になりますが、日に当たる30分前に規定量を飲むようにしましょう。

また、海やプールといった強い紫外線を長時間浴びるような場所に出かける場合は4〜6時間経過したら追加で飲むのが無難です。

 

紫外線が強い時期は毎日飲む

夏場の紫外線が強い時期は毎日飲むようにしましょう。

外で紫外線を浴びる日だけサプリを飲むよりも日頃から飲んでいるほうが得られる効果が高いです。

また、美肌効果のある成分が含まれているものも多いので、日頃から飲むことで美肌効果も得ることができます。

 

日焼けした後の応急処置としてもつかえる

日に当たる前に飲むのが効果的ですが、思いがけず日に当たってまい日に焼けてしまった日もあるでしょう。

そんなときの応急処置として帰宅後に飲むのも効果ありです。

日焼け止めを使わずに長時間日差しを浴びてしまった日は帰宅後に飲むようにしましょう。

 

塗る日焼け止めとの併用がおすすめ

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めのパートでもお伝えしましたが、2つはそれぞれ働きが違います。

  • 塗る日焼け止め:紫外線をカットする働き
  • 飲む日焼け止め:紫外線によるダメージを軽減する働き

 

塗る日焼け止めで紫外線をカットしながら、そこでブロックし切れなかった紫外線によるダメージを飲む日焼け止めで軽減するのがもっとも効果的です。

 

飲む日焼け止めは副作用がないのか?

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

ここまで飲む日焼け止めの良い点をお伝えしてきましたが、このような声もありました。

『飲む日焼け止めを飲んで胃痛を感じたなどの副作用が出るって聞いたことあるけど・・』

 

飲む日焼け止めの副作用を心配されているのであればご安心を!

飲む日焼け止めに含まれている成分は、果物や野菜から抽出されたポリフェノールやビタミンなどの天然由来成分が主成分なので、副作用や健康被害を心配する必要はありません。

 

ただ、妊婦の方や授乳中の方は胎児や乳幼児に影響が出る可能性があるので、服用しないほうがいいでしょう。

 

おすすめ飲む日焼け止めランキング!

さて、今回は飲む日焼け止めの効果や特徴、メリット、デメリットについて深く学びました。今後飲む日焼け止めを使うことで、日焼け対策はもちろんガン予防にも繋がるということなのでおすすめの飲む日焼け止めをご紹介させていただきます。

あなたに一番合うものを選んでご利用くださいね!!

 

第一位:サンタンブロック

サンタンブロックの効果や口コミ

天然由来成分配合なので誰でも気軽にご利用することができます。先ほどもお伝えしたようにニュートロックスサンが配合されているサプリで、非常に効果が期待できるものです。

飲み続けることで60%の紫外線のカットに成功するし、何よりも、ニュートロックスサンが配合されていると朝つけて1日中長持ちするものが多いようです。

そのため、1日1回で面倒な日焼け止め対策が済んでしまうということです。

 

サンタンブロック医師の推薦

また、サンタンブロックの特徴としては医師からの推薦コメントがあるほど信頼が置けるサプリメントなのです。

しかも今なら初回限定半額の4900円で購入することができます!!

 

 

第二位:インナーパラソル

インナーパラソル16200の効果や口コミ

 

インナーパラソル16200は海外のセレブも注目するサプリで、先ほどお伝えしたニュートロックスサンも配合されているのでかなり信頼が置けるサプリメントです。

サンタンブロックと比べて初回が990縁とお安く、サプリケースが無料でつくなどサービスもいいです。

また、2017年のモンドセレクションで筋少も受賞しているので、こちらのサプリも非常に信頼が置けると言えるでしょう。

 

 

第三位:美百花

美百花の効果や口コミ

飲む日焼け止めの美百花は上の二つに比べると価格が何と言っても安いです。

初回特別価格が500円ということで試しやすい価格となっております。もちろんニュートロックスサンが配合されているので上の二つ同様に効果のほどもかなり期待できます。

できる限り安く済ませたい!というのであればこちらの美百花はおすすめです。

 

 

飲む日焼け止めで紫外線対策を!

飲む日焼け止め危険胃痛副作用

従来の日焼け止めに比べ、飲む日焼け止めはいちいち肌に塗らなくていいというのが嬉しい点ですよね??

私も一度飲む日焼け止めを使い出してからは、もう普通の日焼け止めには戻れなくなってしまってます笑

もちろん、少し価格が高いというデメリットはありますが、それを補うメリットがあるのでぜひ使ってみてください。

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ 友だち追加
モテ女子に話題のダイエットアイテム 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です