骨盤のゆがみを直す方法は産後でも出来るのか?

骨盤ダイエット

産後になると太ってしまう女性が多いですが、その原因についてはご存知でしょうか?

毎日ケアしているのになかなか産後太りが解消されないという方は、間違った方法をしてしまっているかもしれません。

 

そうなるといつまで経っても産後太りを解消できず、自分の体型がイヤになってしまいますよね…?

そうならないためにも、産後太りを解消させる方法をまとめてみました!

 

産後太りの原因は?

産後太りの原因

産後になると太ってしまう女性は多いのですが、その原因が何かはご存知でしょうか?

その原因は、スバリ『骨盤の歪み』にあり、出産を経験することで骨盤が大きく開き歪んでしまいます。

本来ならば、出産後数ヶ月かけて開いた骨盤は元に戻るとも言われているのですが、その間に体のバランスが崩れることで骨盤が歪んだままになってしまうことがあります。

 

特に、横すわりをしたり座っている時に脚を組んでしまうと、骨盤の歪みを助長させてしまいます。

その他、猫背になったりあぐらをかくことでも骨盤を歪めてしまうので、普段から姿勢には気をつけたいところ。

 

実際に産後太りに悩んでいる女性はたくさんいるようです・・・。

 

産後太りに悩む女性の声・・・


このように、多くの女性が産後太りに悩まされているようで、出産前の体型に戻りたいと思っていました。

では、なぜ骨盤の歪みによって体が太ってしまうのでしょうか?

 

骨盤の歪みで太るのはなぜ?

では、なぜ骨盤の歪みによって産後の体が太ってしまうのかというと、1つ挙げられるのが筋力の低下です。

そもそも産後というのは筋力が低下しやすくなっており、脂肪の燃焼が上手くいかず痩せにくい体質になっています。

それに加えて、骨盤が歪むと体のラインが崩れて変な筋肉の付き方になることがあります。

 

これが原因で産後太りの他に腰痛、肩こり、むくみ、冷え性などの症状も引き起こしやすくなると言われています。

このように、骨盤の歪みによって産後太りになりやすくなってしまうのですが、その他にも体に悪影響をもたらすことがあります。

では、一体骨盤の歪みは体にどのような悪影響をもたらすのでしょうか?

 

骨盤の歪みがもたらす悪影響とは?

X ダウンシェイプの効果や口コミ

その1:内臓の下垂

骨盤は体の中心にあり、体全体のバランスを支える部分。

その骨盤が歪むことで近くにある内臓の位置が下がってしまいます。

 

そして、内臓の位置が下がってしまうと、内臓が圧迫されて本来の機能を発揮することができなくなってしまいます。

内臓には様々な臓器が含まれており、その中には食べ物の消化や吸収・分解を担うものもありますが、それらが本来の機能を発揮できないと体にどんどん脂肪を溜め込んでしまうようになります。

その結果、どんどん体を太らせ、なかなか痩せにくい体質になってしまうというわけです。

 

その他、老廃物の排出も上手くいかなくなり、体に不要なものが溜め込まれ続け体を太らせてしまいます。

 

その2:血流やリンパの流れが悪くなる

骨盤の歪みにより内臓が下垂するとお伝えしましたが、それによって骨盤内の血流やリンパの流れも悪くなってしまいます。

骨盤内の血流が悪くなることで筋肉が硬直してしまい、肩こり・腰痛といった症状を引き起こし、リンパの流れがわるくなることで老廃物が体外に排出されなくなってしまいます。

また、血流やリンパの流れが悪くなることで、脂肪を燃焼させる働きのある代謝も低下してしまい、体内の脂肪を燃焼させることができず、太りやすくなってしまうのです。

 

代謝が悪いと女性特有の悩みとも言える冷え性にもなりやすくなり、体の巡りも悪化し、健康にも悪影響をもたらします。

 

その3:姿勢も悪くなり見た目も老ける?!

骨盤が歪むということは体の中心が歪むということなので、当然の事ながら姿勢も悪くなってしまいます。

姿勢が悪くなると、見た目も悪くなって老けて見られてしまうことがあります。

 

もちろん、見た目だけでなく体にも悪影響があり、猫背のような背中が丸まった姿勢になると血流なども悪くなって、先ほどご紹介したような症状を引き起こしてしまいます。

 

このように、骨盤の歪みは産後太りの原因だけでなく、体にとっても良くない影響をもたらすので、そのまま放置するのではなく、なるべく早く対処するべきなのです。

では、産後に骨盤の歪みを直すには、一体どうすればいいのでしょうか?

 

産後に骨盤のゆがみを直す方法は?

その1:骨盤ベルトや産後ガードルの着用

産後に骨盤のゆがみを直す方法として、まず挙げられるのが骨盤ベルトや産後ガードルの着用です。

これらを着用することで、歪んだ骨盤を元の位置に矯正しつつ、美しいボディバランスになるようサポートしてくれます。

 

また、出産後には赤ちゃんの育児などもあるため、なかなか自分の時間を確保するのが難しく運動できない方も多いでしょう。

そんな時にも骨盤ベルトや産後ガードルなら着用するだけでいいので、継続しやすく骨盤の歪みも解消しやすいと言われています。

 

とはいえ、骨盤ベルトなどをキツく締めすぎると体に悪いので、苦しくない程度に締め付けながら骨盤の歪みを治していきましょう!

 

その2:骨盤矯正ストレッチ

骨盤ベルトや産後ガードルを使わずに直す方法として、手軽なのが骨盤矯正ストレッチです。

こちらでは、立ちながらできるものと寝ながら行えるものなど様々なストレッチがあるので、まずは自分でも取り組めそうなものから実践してみてください。

 

1:骨盤底筋ストレッチ

こちらは、立ちながら行えるストレッチで、骨盤底筋というものを鍛えることで歪みを矯正するとともに、くしゃみなどの衝撃による尿漏れもなくすことができます。

骨盤底筋は産後に関わらず、年齢とともに筋力が低下していくので、今のうちに鍛えてケアしておきましょう!

 

具体的なやり方はこちらになります!

  1. 立った姿勢のまま膝にタオルもしくはクッションを挟む
  2. タオルもしくはクッションを挟みながらかかとをつけ、つま先を90度に開く
  3. その状態から5秒ほどかけて腰を落とし屈伸を行う
  4. 屈伸は30回を目安に行う

 

こちらのストレッチはタオルもしくはクッションがあれば気軽にできるものなので、ぜひ一度実践してみてください。

 

2:骨盤回しストレッチ

骨盤回しストレッチも立ちながら行えるストレッチで、文字通り骨盤を回して歪みを矯正していきます。

フラフープを回す要領で骨盤をぐるぐる回すだけで、特に何も用意する必要はないので、簡単に行うことができます。

 

具体的なやり方はこちらになります!

  1. 両足を肩幅に広げ、つま先は前に向け、腰に手をあてる
  2. まっすぐ前を向きながら、上半身を固定して右回りに腰を30回回す
  3. 右が終われば、同じように左にも30回回す

 

こちらのストレッチは、上半身を固定しながら腰だけを回すことがポイントで、左右同じ回数行うようにしましょう。

 

3:骨盤開脚ストレッチ

こちらのストレッチは寝ながら行えるストレッチで、骨盤の可動域を広げ、骨盤を柔らかくしていきます。

寝る前や赤ちゃんを寝かしつけている時にもできるストレッチなので、ぜひ実践してみてください。

 

具体的なやり方はこちらになります!

  1. 仰向けに寝た状態で膝を外に曲げ、上から見た時に『W』の状態になるよう脚を広げる
  2. その状態を10~20秒キープする
  3. 次に足の裏同士を着けて、ひし形の状態に開脚する
  4. その状態を10~20秒キープする

 

このストレッチを繰り返すことが、固くなった骨盤をほぐすことができるので、スキマ時間などにやってみましょう。

 

4:膝寄せストレッチ

膝寄せストレッチも寝ながら行えるストレッチで、簡単にできるものなので、ぜひ実践してみましょう。

 

具体的なやり方はこちらになります!

  1. 仰向けになった状態で、息を吐きながら片方の膝を胸に引き寄せるように曲げます。
  2. 息が吐き終わったら、今度は息を吸いながら元の位置に戻していきます。
  3. これをもう片方の脚でも同様に行う

 

その3:整体やマッサージによる施術

時間にゆとりのある方は、整体やマッサージによる施術を受けると早く骨盤の歪みを直すことができるので、受けてみるといいでしょう。

整体やマッサージでは、プロが体のケアを行ってくれるので、骨盤の歪み以外に腰痛なども一緒に治すことができたりします。

最近では、託児所付きのところも増えてきているので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

このように、産後に骨盤の歪みを直す方法は色々とあるのですが、これらのケアは産後のいつにやるのがおすすめなのでしょうか?

 

管理人がおすすめなのは骨盤ショーツ!

エクスレーヴ

先ほどから、産後太りは骨盤の歪みが原因で、骨盤の歪みを直す必要がるとお伝えしてきました。

そのためには、色々なアイテムや方法があるとお伝えしたものの、どれも手間がかかったり、お金がかかったり、、中には危険なものまで・・・

正直心配になることが多いので、骨盤矯正を行うことができない!という声を多く聞きます。

そこでおすすめなのが芸能人も多数愛用しているという骨盤ショーツです。

 

骨盤ショーツなら履くだけで骨盤が矯正されていき、太りやすくしている原因を改善してくれます。

とは言っても、どれがいいのかわからないと思いますので、テレビでも取り上げられたエクスシリーズのエクスレーヴがおすすめ。

エクスレーヴなら骨盤をしっかりと矯正できて、ぽっこりお腹でさえも解消してしまうほど。

 

あまりの人気っぷりに、一時は在庫切れで商品が届かないなんてこともありましたが、今では再入荷して注文して届く状態になっているようです。

しかも、今なら80%オフのキャンペーンが適用中なので本当におすすめです

 

 

骨盤の歪みを直す時期はいつ?

骨盤の歪みを直す時期についてですが、できれば産後2ヶ月目からはじめることをおすすめします。

というのも、この頃になってようやく赤ちゃんとの生活にも慣れ始め、精神的にも落ち着き自分にも気が向くようになります。

なかなか心にゆとりがない状態でケアをしても、効果が薄いので2ヶ月目くらいからやるのがいいでしょう。

 

そして、遅くとも6ヶ月目までにはケアすることも忘れないようにしましょう。

6ヶ月を過ぎてしまうと骨盤が歪んだ状態のまま固定されてしまうので、ケアするまでに時間がかかってしまいます。

なので、なるべく産後から6ヶ月以内に少しでもケアすることを覚えておいてください。

 

まとめ

今回は、産後に骨盤のゆがみを直す方法をご紹介しました。

産後太りの原因は骨盤の歪みにあり、これをケアしないことにはなかなか出産前の体型には戻ることができません。

なので、少しでもいいので、毎日ケアを行い骨盤の歪みを矯正していきましょう!

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ 友だち追加
モテ女子に話題のダイエットアイテム 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です