シワに効く化粧品の賢い選び方をチェック!気をつけたい注意点は?

年々増えていくシワ。

あなたは満足なケアをできていますか?

今回は、シワに効く化粧品の賢い選び方や注意点をご紹介していきます。

今のケアが、今後のあなたを左右しますので、最後までチェックしていってくださいね!

 

シワがあると、老けて見られる・・・

まず理解しておいていただきたいのは、シワがあると、実際の年齢よりも老けて見えてしまうということです。

 

特に、目元のシワは要注意!

女性は目元で年齢を判断していると言われています。

目元のシワやたるみはインパクトが強く、しかもよく動かす部分なので化粧崩れがしやすい部位。

そのため、年齢が非常に出やすい場所なのです。

 

また、次に気になるのは、何と言ってもほうれい線ですよね・・・。

イラストなどでも、おばあちゃんの絵にはみんなほうれい線が描いてある・・・というくらい、年齢の象徴とも言えるシワです。

ほうれい線が目立ってくると、化粧崩れもひどくなるため、笑うのも控えるようになってしまう女性もいますよね。

 

シワが与える周りへの印象は、あなたが思っているよりも大きいのです!

 

シワには種類がある!

シワに効く化粧品をご紹介する前にお伝えしておきたいのは、シワには様々な種類があるということです。

そして、その種類によってケア化粧品を変えることが、最短でシワを改善するコツ!

 

シワには

  • 浅いシワ
  • 深いシワ

があります。

これはできる顔の箇所やそのシワが生まれた原因によって変わってきます。

それでは、早速それぞれのシワを確認していきましょう。

 

シワタイプ①浅いシワ

まず、浅いシワは主に目元や口元にできがちです。

肌が乾燥している状態で肌のバリア機能が低下しているときに、目元や口元を動かすことで原因でできてしまうのです。

浅いシワは深いシワよりも比較的簡単に改善することができますので、モチベーション高く頑張りましょう!

 

シワタイプ②深いシワ

深いシワは、眉間やおでこ、頬などにできるしわです。

これは加齢や生活習慣の乱れによってできるタイプのシワなので、実のところ、完璧に消すことは難しいと言えます

しかし、ケアをすることで、より深くなることを防いだり、シワを浅くすること、目立たせなくすることは可能ですので、諦めずに努力しましょう!

 

シワに効く化粧品の選び方は?

シワは、様々な理由で肌のハリと弾力が失われ、肌の表面にある溝が深く、目立つようになったものです。

実はこのシワには種類があり、その種類ごとに改善方法や対策方法が変わってきます。

自分のシワに効率的に改善するためには、そのシワに合った化粧品を選ぶことが大切です。

そこで、まずは自分のしわの種類を確認していきましょう。

 

浅いシワに効く化粧品の選び方は?

浅いしわは、主に目元や口元にできることが多いしわです。

原因としては、肌の乾燥が挙げられます。

肌が乾燥している状態で表情を動かすことで、目元や口元の肌にシワができてしまっているのです。

 

このシワに対する改善策は、保湿!

シワの元である乾燥肌に保湿成分を加える高い保湿効果のある化粧品を選びましょう。

 

浅いシワを改善するおすすめ保湿成分!

浅いシワにを改善するおすすめ保湿成分はこれらです。

 

浅いシワ改善成分①セラミド

セラミドは保湿力が非常に高い高保湿成分。

肌の角質層の中に元から存在している細胞間脂質のひとつで、角質細胞の隙間を埋めるように詰まっていて、水分と油分を交互に挟み込んだ構造を形成しています。

これは、乾燥などの外部ストレスや加齢、生活の乱れなどでどんどん少なくなっていく成分でもあります。

そのため、このセラミドを肌に補充すると、肌の保湿力が圧倒的に高くなるのです。

また、角質細胞の隙間を埋めるように入り込むため、外部ストレスから肌を守ることができるという効果も!

 

これにより、肌表面が潤い、キメも細かく整うので、健やかで美しい肌作りを強力にサポートしてくれます。

 

浅いシワ改善成分②ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、セラミドに次いで保湿力の高い成分と言われています。

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守る役割を果たしているので、ヒアルロン酸が多く含まれている皮膚は水分が十分保たれ、皮膚の表面も潤いますが、これもセラミド同様、年齢を重ねるほどに失っていってしまいます。

そのため、ヒアルロン酸を補充すると、肌が潤い、ハリがでるためシワを改善することができます!

 

浅いシワ改善成分③NMF

保湿成分としてNMFもおすすめできる成分です!

これも元から肌の中にある保湿成分で、水分を保つために必要不可欠な存在です。

NMFとは、お肌の表皮の角質細胞内にある水分をキープするはたらきをする作用があります。

別名は「天然保湿因子(てんねんほしついんし)」と呼ばれており、親水性が高いので、水分を吸着して、角質層の弾力や柔らかさを保つ効果があります。

 

バリア機能と保湿をサポートする効果!

 

NMF(天然保湿因子)は、表皮で、皮脂からできる皮脂膜やセラミドなどの細胞間脂質と一緒に肌のバリア機能と保湿をサポートする成分。

また、ヒトが元々持っているアミノ酸やミネラルなどともなじみがよいのも特徴。

これも年齢を重ねることや顔を強くこするような間違ったスキンケア、外部からの紫外線などによるダメージなどで減少してしまいますので、その分を外部から補うことで肌の水分量を上げ、浅いシワを改善することができるというわけです!

 

深いシワに効く化粧品の選び方は?

深いシワは浅いシワと違い、

  • 眉間
  • おでこ

にできることが多いタイプのシワです。

 

原因としては、コラーゲンの減少が大きいと言われています。

そしてコラーゲンの減少は加齢と生活習慣の乱れが大きな要因です。

  • 紫外線
  • 喫煙
  • ストレス
  • 睡眠不足

などが原因になることもありますので、心当たりがある方は、生活習慣も見直していくようにしましょう。

つまり、この深いシワに有効なのは、コラーゲンを増やす成分が配合されたケア化粧品を使用すること!

 

深いシワを改善するおすすめ成分!

深いシワにを改善するおすすめ保湿成分はこれらです。

 

深いシワ改善成分①ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、お肌にハリを与えて澄んだ白い肌を作ってくれる成分です。

美白やエイジングケアの粧品に配合されることの多い人気の成分で、

  • 肌の生まれ変わりの正常化
  • 深いシワに効果的なコラーゲンの生成促進効果
  • シミ予防・改善効果
  • ニキビ予防、ニキビ跡の改善
  • 紫外線による活性酸素の無害化

などの効果を得ることができます。

これを継続的に肌に与えることで、深くなってしまったシワを目立たなくしてくれる効果があります。

 

深いシワ改善成分②レチノール

レチノールも深いシワに効果が高い成分です。

レチノールはしわの改善に働きかけるエイジングケア効果の高いのが特徴です。

肌が衰え、シワができてしまう理由は

  • コラーゲン
  • エラスチン
  • ヒアルロン酸

といった美肌成分の生成量が減少してしまうからです。

 

そこで、レチノールは美肌成分を作り出す線維芽細胞に働きかけ、健康な肌の生成を促す作用があります。

肌にハリや弾力がよみがえると、年齢のサインであるシワが目立ちにくくなります。

ターンオーバー促進効果もあるので、

  • 美白効果
  • シミ、黒ずみの改善効果
  • 乾燥肌の改善効果

も得ることができます。

レチノールには肌の水分を保持する効果もあるので、肌が生まれ変わることで生成された潤い成分もしっかりと肌に保持し、健康な肌を作り上げてくれます。

 

レチノールは肌が弱い人は要注意!

ただ、効果が高い成分なので、肌が弱い人は注意が必要です。

敏感肌の人や、ひどい乾燥肌の人は肌が赤くなってしまうことも考えられますので、つけ始めはパッチテストを行ってからの方がいいでしょう。

また、パッチテストで問題なかった場合も、日にちを空けて使用するようにしてください!

 

深いシワ改善成分③ナイアシン

また、深いシワを改善するなら、ナイアシンもおすすめな成分です!

肌の代謝を活性化してくれるので、高い美肌効果があります。

肌にハリをもたらす効果のある成分。

肌への刺激が少ないので敏感肌の方にもおすすめの成分なので安心して使用することができます!

 

ナイアシンは体内で他の物質と結びついて、DNAを作るときに必要になる成分に変化し、細胞分裂を補助してくれる効果があります。

つまり、ナイアシンを摂ることで肌の生まれ変わりをサポートすることができるので、健康でハリのある肌を作ることができ、シワを改善することができるのです。

 

シワ以外にも高い効果有り!

ナイアシンは、シワ以外の年齢悩みにも大きな効果をもたらしてくれます。

そのほかにも、

  • ニキビ
  • しみ

にも効果があり、抗酸化作用があるので、アンチエイジングにも大きな効果をもたらします。

 

深いタイプのしわができている人は、これらの成分が入ったケア化粧品を選ぶといいでしょう!

 

 

表情のクセによってできるシワも要注意!

顔のシワは、日頃の表情のクセでできるものもあります。

そのため、表情のクセを改善することも心がけないと、化粧品でいくらケアをしても改善しないこともあります。

自分の表情のクセを理解して、改善していくようにしましょう!

 

考えごとをするときに、眉間にシワを寄せてしまったり、ついつい顔を触ってしまうクセはありませんか?

シワのある位置と自分の表情のクセに向き合い癖を改めていくことでシワを根本から解決することができるようになります。

また、変な表情クセを解消する表情エクササイズをしていくのもオススメです。

試してみてください!

 

シワをケアするときのその他の注意点!

シワはちょっと肌ストレスで、できてしまったり、悪化してしまったりすることもありますので、ケアをするときでも注意をすることが必要です。

それでは注意点を一つずつチェックしていきましょう。

 

注意点①紫外線対策

シワをケアするときに第一に心がけて欲しいのは紫外線対策です。

紫外線にあたると、肌は乾燥し、シワ ができてしまうのです。

そのため、夏だけでなく、一年中紫外線対策はきちんとするようにしましょう。
紫外線予防のための日焼け止めや、化粧下地で日頃からしっかりと肌をガードすることで、肌に紫外線のダメージを与えないように守りましょう。

これだけでも、皮膚の老化を遅らせることができ、シワを防ぐことができます。

 

日焼け止めクリームだけでなく、サングラスや日傘などで紫外線を浴びないようにすることも重要です。

 

注意点②肌に優しいタッチで丁寧にケアすること

一生懸命シワ改善のためのケア化粧品で有効成分を補充したとしても、そのケア方法が間違っていると、逆効果になることもあります。

強い力でこするようにケアをすると、肌にストレスがかかり、シワやたるみの元となってしまうのです。

現在肌にシワがある人やたるみがある人は特に肌が敏感な場合が多いので、お肌が傷つきやすいのも特徴です。

肌にストレスを与えないように、丁寧に優しくケア化粧品を塗るようにしてくださいね。

 

注意点③洗顔も気を掛けること

シワに悩む肌は洗顔にも大きな影響を受けます。

洗顔は、短時間で済ませることでお肌にあまり負担をかけないようにしましょう!

洗顔料はしっかりと泡立てて、泡しか肌に触れないようなイメージで肌にストレスをかけないようにして洗いましょう。

洗いすぎも皮脂不足になってしまうので気をつけてください。

 

そして、洗顔料選びも重要です!

洗顔料は弱アルカリ性のものがお肌にやさしくオススメです。

お肌に必要な潤いは残す ように調整された洗顔料を選ぶようにしましょう!

 

注意点④冷暖房も控えること

冷暖房にあたりすぎることも、肌の乾燥を促進させてしまいます。

そのため、直接風が当たらないように風向きを変えたり、使いすぎることも控えるのがいいでしょう。

 

また、加湿器を使用するというのも良い手です。

加湿器を購入する際は、部屋全体が適切な湿度になるように、部屋のサイズに合わせたものを選ぶということも重要なポイント。

肌が乾燥してしまわないように、日々過ごす場所の環境も整えることで、シワや肌の老化を予防することができます。

 

シワに効く化粧品 選び方の注意点まとめ!

今回は、シワに効く化粧品の賢い選び方や注意点をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

今向き合うことで、より症状が悪化するのを防ぎ、若々しい肌を取り戻すことができるようになります。

あなたのシワの悩みにあったケア化粧品を使い、生活習慣やケア方法を改善していってくださいね!

 

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です