お腹周りの脂肪の落とし方は筋肉をつけること!効果的なエクササイズ5選!

お腹周りの脂肪の落とし方エクササイズ

お腹周りの脂肪に悩まされている人は多いと思います。

それだけお腹には脂肪が溜まりやすく、脂肪=お腹に溜まるものというイメージをもっている人も多いでしょう。

お腹周りは普段の日常生活の中であまり動かす機会がないので、意識してつかうようにしないとなかなか脂肪を落とすことができません。

 

そこでおすすめなのが、お腹周りを集中的に鍛えるエクササイズを行うということ。

今回、お腹周りの脂肪を落とすのに効果的なエクササイズ方法をいくつか紹介していくので、お腹痩せをしたいという方はぜひ取り入れてみてください。

 

お腹周りの脂肪に悩む人は多い

お腹周りの脂肪の落とし方エクササイズ

『脂肪といえばお腹』というイメージもある人も多いと思いますが、お腹周りの脂肪に悩まされている人はとても多いです。

実際に、『あなたが一番気になる部分太りはどこですか?』という質問をしたところ、このような回答結果となったことが明らかになりました。

  1. 「お腹」  35.6%
  2. 「太もも」 28.5%
  3. 「顔」   13.9%
  4. 「二の腕」 7.6%
  5. 「ヒップ」 6.3%

 

この結果からもわかる通り、やはり多くの女性がお腹周りの脂肪を気にしているということです。

お腹周りには脂肪が溜まりやすいですからね〜。

実際、お腹周りのお肉を気にするこのような声がありました。

大学生です。お腹周りの脂肪が気になります。体型は身長160、体重50で自分でもスリムだと思ってます。しかし大学に入って数年、高校と違って部活をしてなかったり、新陳代謝が少し衰えたのか、お腹周りに脂肪付き始めました。生活リズムは一定ですが晩ごはんは遅いです。いつも0時あたりに晩ごはんを食べます。1日3食です。朝ごはんはパン食(時間の都合上)、昼は食堂、晩ごはんはご飯中心(野菜や大豆中心)。就寝時間はバイトや勉強の関係で2時30分くらいです。あと間食をけっこうとります(友人と)。お腹を引き締めたいんです。まず間食をやめることは前提だと思いますが(笑)、ほかに考えられる方法やアドバイス等ありましたらお願いします。小さなことでも構いません。時間はあまり大幅に変更できないことはご理解ください。このままだとずっと彼氏にからかわれてお腹つつかれます(笑)

 

このように、お腹周りの脂肪を気にしている人はとても多いです。

では、いったいなぜお腹周りにお肉がつきやすいのでしょうか?

その主な原因を以下で紹介していきます。

 

お腹周りに脂肪がつく原因

お腹周りの脂肪の落とし方エクササイズ

お腹周りに脂肪がつく原因はいくつかあります。

というよりも、お腹はそもそも脂肪が溜まりやすい部位。

どういったことが原因でお腹に脂肪が溜まりやすいのかをしっかり理解しておきましょう。

 

普段動かす機会がないので脂肪がつきやすい

そもそもお腹には脂肪がつきやすいもの。

足や手は普段日常生活の中でよく動かす部分なので、それだけ脂肪を燃焼しやすい部分になります。

それに比べ、お腹周りを大きく動かすことってほとんどないですよね?

そのため、他の部位に比べ、お腹周りには自然と脂肪が蓄積されやすいのです。

お腹周りの脂肪を落としたいのであれば、意図的にお腹周りの脂肪を燃焼させる動きを加えていく必要があります

 

冷え性が原因の場合も

  • 熱を生み出す筋肉量が男性より少ない
  • 自律神経や女性ホルモンの乱れで血流が滞ることになる
  • 月経に伴い熱を運ぶ血液が奪われてしまう

これらの理由から、女性のお腹周りは冷えやすくなっています。

冷えた部分には、老廃物や脂肪が溜まりやすくなってしまうので、冷えを改善しないとお腹に脂肪が溜まっていってしまいます。

 

ストレスもお腹周りの脂肪の原因になることが判明

実は、ストレスもお腹の脂肪と関係があることが最近になってわかってきています。

ストレスを感じると全身の筋肉が萎縮し、心拍数が平常時の数倍になり、血液中には全身から栄養素が集められます。

これは、身体が緊急性を感じ、なにかあったときにすぐに対処できるようにするために起こることなのですが、実際にはただのストレスなので、すぐに元の状態に戻ります。

ただ、筋肉と心拍数は元に戻りますが、血液中に集められた栄養素が元に戻ることはありません。

その栄養素がどこにいくかというと、迷惑なことに、お腹の脂肪となって蓄積されます。

そのため、普段ストレスを感じがちな人はそれだけで脂肪を溜めやすくなってしまいます。

普段のストレスを発散するために、自分がストレス発散できることを定期的に取り入れるといいですね。

 

ぽっこりお腹は内臓脂肪の可能性も・・

お腹周りの脂肪は、皮下脂肪といういわゆる体につく脂肪の他にも、内臓脂肪という体の中の内臓につく脂肪があります。

他の部分は全然痩せてるのに、お腹だけぽっこりと出ている方は、この内臓脂肪が原因の可能性もあるので、要注意です!

ぽっこりお腹の主な原因!便秘・姿勢・骨盤・胃それぞれの解決策を紹介!

2017.02.21

 

そこで効果的なのがお腹周りの筋肉を鍛えること

お腹周りの脂肪の落とし方エクササイズ

お腹周りの脂肪を落とすのに一番効果的な方法が、お腹周りの筋肉を鍛えることです。

筋肉が増加すると、基礎代謝が向上し、脂肪を燃焼しやすくなるので、脂肪がつきにくい身体になります。

お腹周りの脂肪を集中的に落としたいのであれば、腹筋などのお腹周りの筋肉を鍛えるのが効果的。

以下に、腹筋を鍛えるためのエクササイズ方法をいくつか紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お腹周りの脂肪を落とすために効果的なエクササイズ5選

お腹周りの脂肪の落とし方エクササイズ

そんな多くの女性を悩ませるお腹周りの脂肪ですが、それを解消するために効果的なのがエクササイズです。

こちらに効果的なエクササイズ方法をいくつか紹介していくので、お腹周りの脂肪を落としていきたいと思っている方は、ぜひ取り入れてみてください。

 

腹筋運動

  1. 仰向けになり、ひざの角度が90度になるようにする
  2. 手は胸の前にクロスか耳の横に添える
  3. 肩甲骨が浮く程度の高さまで上体を起こす

 

腹筋をやる際のイメージは、体を起こすというより、お腹を中心にギュッと丸めるようなイメージでやると効果的。

また、鼻から息を吸い込み口からゆっくり息を吐き出す腹式呼吸を意識することで、腹筋の効果を高めることが可能に。

腹筋=仰向けで両足を固定し上体をしっかりと上まで起こす運動をイメージされると思いますが、この方法では腹筋を鍛えることができないうえに、腰を痛める可能性もあります。

こちらの動画にあるような正しい腹筋運動を実践してみてください。

 

体幹トレーニング

  1. うつぶせになり握りこぶしを床に縦に着く
  2. 握りこぶしからひじは床につけたままつま先で体を支える
  3. 体を浮かせて10秒間キープする

 

こちらのトレーニングで大事なのが姿勢。

お腹が沈んだり、お尻が上がったりせず、真っ直ぐな姿勢をいかにキープしないとあまり効果がありません。

深層筋(インナーマッスル)を鍛えることによって、基礎代謝と脂肪燃焼効果がアップするので、お腹周りの脂肪を落としたい方にはうってつけのエクササイズ。

また、大腰筋という上半身と下半身をつなぐ大きなインナーマッスルを鍛えることもでき、ここが衰えると、骨盤に歪みが生じ、内臓が位置が下がり、内臓の機能の低下や下腹が出る原因になるので、鍛えて損はありません。

『体幹トレーニングを始めたことで短期間でお腹をへこますことができた』という人も多いですが、これは体幹トレーニングをすることで骨盤が正しい位置に戻ることが大きな要因と考えられます。

一見すごく地味なトレーニングですが、これだけの効果を秘めたトレーニング法となっているので、ぜひ取り入れてみてください。

 

ねじり運動でくびれを作る

  1. 足を肩幅に開きハの字にする
  2. 両手を後ろに回し中腰になる
  3. ゆっくりウエストをねじる

 

動画ではチューブを使っていますが、用意がない人はチューブなしでも効果はあります。

もしくは、タオルやいらないストッキングをチューブ代わりに使ってもいいです。

一番最初に紹介した通常の腹筋だと、お腹の正面側の腹直筋しか鍛えることができません。

実は、腹筋には腹直筋以外にも、

  • 外腹斜筋
  • 内腹斜筋
  • 腹横筋

といったお腹の横側の筋肉があります。

このねじり運動を取り入れることで、お腹の横の筋肉を鍛えることができるので、美しいボディラインやくびれを目指すことができます。

また、腹横筋は内臓お元の位置に戻すためのコスセット的な役割も果たしており、鍛えることでぽっこりお腹を解消することができます。

 

足の上下運動で下腹部を鍛える

  1. 足を伸ばした上体で仰向けになる
  2. 足を伸ばしたまま垂直になるまで足を持ち上げる
  3. ゆっくり足を下ろして床につく手前で止める

 

こちらは下腹部を鍛えることができるエクササイズ。

女性は、梨型体系という下っ腹が出た体系になりやすいと言われているので、そうならないためにはこういった下腹部を鍛えるトレーニングが欠かせません。

ウエストラインの維持だけでなく、ヒップアップと下半身の引き締め効果が期待できます。

 

スクワットで痩せやすい体質を作る

  1. 両足を肩幅くらいに開く。つま先は前に向け左右平行にする
  2. 両腕は腰におく
  3. 息を吸いながらゆっくりひざを曲げる。お尻を突き出すイメージで
  4. 息を吐きながらもとの姿勢に戻る

 

『お腹痩せしたいなら腹筋よりもスクワット』と言われるほど、スクワットは腹部の脂肪燃焼に効果的なトレーニング方法です。

スクワットは消費エネルギーが他のトレーニングに比べかなり高く、なんとスクワット15回で腹筋500回分のエネルギー消費量となるそうです。

一見、お腹周りには効果がなさそうに思えますが、エネルギーを消費し、脂肪を燃焼させるという意味では非常に効果的な方法なので、ぜひスクワットを取り入れてみてください。

 

管理人がおすすめするお腹周りに効くアイテム!

お腹周り

今回お腹周りの脂肪を落とすエクササイズについてご説明してきましたが、さらに効果的にダイエットする為におすすめのアイテムとして、ラクビというサプリメントがおすすめです。

ラクビは腸内フローラという注目されている細菌を増やす事で痩せやすい体質へと改善していくサポートメントサプリ!

管理人も3か月ほど飲み続けたこともあり、おすすめしやすいダイエットサプリメントです。

>> lakubiでリバウンドゼロで痩せる!

 

まとめ

お腹周りの脂肪の落とし方エクササイズ

多くの女性が気にしているお腹の脂肪。

お腹の脂肪をなくすためには、お腹周りの筋肉を鍛え、脂肪を燃焼しやすい身体作りをしていくのがコツ!

今回紹介したエクササイズは、どれもお腹周りの筋肉を鍛えるには効果的な方法となっているので、お腹痩せしたいという方は、ぜひ取り入れてみてください。

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です