なかなか眠れない人必見!今すぐ眠りやすくする方法を大特集!

ぐっすり寝る方法

なかなか眠れない…と毎日悩んではいませんか?

  • 疲れているはずなのに眠れない
  • 眠たいのに眠れない
  • 寝ようとすればするほど目が冴えてくる

そんな経験は誰もがあると思います。

 

それでも次の日が休みで予定もなければまだいいですが、そう都合よくはいかないですよね。

大事な仕事、テスト、デートなどなど…眠れない日に限って大事な予定が控えているものです。

あなたもまさに今、何とか1秒でも早く眠って翌日に備えたい!と思っているのではないでしょうか。

 

そこで今回はなかなか眠れない人を眠りやすくする方法を大特集!

ぐっすり眠れる様々な方法をご紹介します。

眠れないと悩んでいる人は今すぐこの記事を読んで試してみてくださいね♪

 

なかなか眠れなくなる原因ってなに?

考える

それではさっそく、眠りやすくする方法を色々と見ていきたいのですが…

その前にまずはなぜ人は眠れなくなるのか?ということについて考えていきましょう。

眠れるようになるにはまず眠れない原因や仕組みを知っておかなければいけません。

人がなかなか眠れなくなる、寝つきが悪くなる原因は大きく分けて3つあります。

 

その3つの原因というのが、

  1. 自律神経の乱れ
  2. 体内時計のずれ
  3. 病気や薬の影響

となります。

順番に見ていきましょう。

 

自律神経の乱れ

自律神経

うまく寝付けない、なかなか眠れない原因でもっとも考えられるのが『自律神経の乱れ』です。

自律神経とは、循環器や消化器、呼吸器など人間の体が活動を調整するために常に働き続けている神経のこと。

自律神経には日中活発に活動する“交感神経”と、夜間や安静にしているときに活発になる“副交感神経”があります。

つまり交感神経の活動がおだやかになり、副交感神経が活発になると人はリラックスして眠くなるというわけです。

 

通常は昼間は交感神経が活発に働き、夜は副交感神経が活発になるので夜になれば自然と眠くなるのですが、この自律神経のバランスが乱れてしまうと夜になってもうまく眠れなくなるんですね。

自律神経が乱れてしまうには色々な原因があります。

たとえば肉体的、精神的なストレス。

過労や怪我だったり、人間関係や仕事に不安を抱えている人は自律神経が乱れて睡眠にも影響が出がちです。

また最近ではスマホやパソコンを夜でもずっと使っていることで交感神経が刺激され、夜でも身体が休まらず興奮状態になるため眠れないということも。

他にも普段の生活リズムや女性であればホルモンバランスによっても自律神経が乱れてしまうこともあるんです。

日常のちょっとしたきっかけから自律神経が乱れて、眠れなくなってしまうというのは非常によくあることなんですね。

 

体内時計のずれ

体内時計

また自律神経の話にも関係していきますが、『体内時計のずれ』によっても人間はうまく眠ることができなくなってしまいます。

人間は朝起きて日の光を浴びると“セロトニン”という物質が分泌され活発に活動を開始します。

そしてセロトニンが分泌されてから約15時間後に今度は“メラトニン”と呼ばれる物質が分泌され、このメラトニンが身体を休める合図を出します。

このセロトニンとメラトニンが規則正しく働いて、夜眠くなり朝になると目が覚めるというのがいわゆる体内時計と呼ばれるものです。

 

しかし忙しい現代人は規則正しく日の光を浴びて、夜眠くなったら布団に入れるという生活の人のほうが少ないでしょう。

まだ日の出ない内から室内にこもりきりで働いていたり、逆に夜でもこうこうとした蛍光灯の下でスマホやパソコンの刺激を受けながら残業三昧…なんて人も多いのでは?

あるいはつい深夜までテレビを見て夜更かしをしてしまうという人もいるでしょう。

 

そうした生活を繰り返していると体内時計がずれてしまい、「朝起きて夜寝る」という当たり前のリズムが崩れてしまうんです。

わかってはいてもやめられない…という不規則な生活のせいで美味く眠れなくなっている人もたくさんいるんですね。

 

病気や薬の影響

病気や頭痛

寝つきが悪くなる原因は上に挙げた2つが大きなところですが、それ以外にも薬が影響することもあります。

たとえば風邪をひいたり病気になってしまい、その治療のために薬を飲んでいると中には正常な睡眠の妨げになるものもあります。

この場合はしっかりと病気を治療して薬の服用をやめることで改善する可能性もありますが、これがきっかけでいつまでも寝つきの悪さを引きずってしまうこともあります。

 

なかなか眠れない人がぐっすり眠れる方法!

ぐっすり寝る方法

人がどうして眠れなくなるのか、寝つきが悪くなるのかの原因は理解できたでしょうか?

特に病気などで薬を服用しているケースでもない限り、自律神経の乱れや体内時計のずれが原因ということでしたね。

 

ではこの自律神経の乱れや体内時計のずれを治してスムーズに眠ることができるようになるにはどうしたらよいのでしょうか?

ここからはなかなか眠れない人が眠りやすくなる方法をご紹介していきます!

色々な方法をご紹介しますので、どれなら自分でもできそうか考えながら見てくださいね♪

 

眠れないことを心配しない

まず大前提として、なかなか眠れないからといって過度に心配したり不安になるのはNGです。

  • 『どうしよう眠れない…』
  • 『早く寝なきゃ…』

なんてことを考えれば考えるほど眠れなくなるのはあなたも一度は経験しているはず。

 

実は人間は眠らなくてもそこまで心配はいらないんです。

というのも人間は目を閉じて安静にしていれば、それだけで睡眠に近い休養効果が得られるんですね。

ただ結果としてその状態になると人間は眠らないことができないから眠ってしまうだけで、身体や脳を休めるのであれば無理に寝ようとしなくても大丈夫なんです。

 

だからどうしても眠れないと思ったら、いったん寝るのを諦めて目を閉じて静かに呼吸を数えてください。

それだけで身体が回復すると思えば気持ちも楽になりますし、リラックスできて結果として眠ることもできるかもしれませんよ。

 

意識的に日光を浴びる

また体内時計がずれている人は、意識的に日光を浴びることを心がけましょう。

朝起きたらカーテンを開けて、ベランダに出て日光をたっぷりと浴びてください。

日光を浴びることで身体は目覚めのスイッチが入り活動しだします。

そして目が覚めるということはさきほども説明したように夜には眠くなってくるということ。

放っておくとずれてしまいがちな体内時計は、朝日を浴びてリセットしましょう。

 

メラトニンを食事で増やす

睡眠のスイッチでもあるメラトニンは、実は食事によってその分泌量を増やすことができるんです。

メラトニンは、実は“トリプトファン”という人体では作れない必須アミノ酸を食事で摂取することで作られます。

トリプトファンを摂取するとそれを原料にセロトニンが脳内で合成され、日中の活動をサポートします。

そして今度は日中働いたセロトニンからメラトニンが作られるというわけ。

 

だから夜眠くなるためにはセロトニンを作り出すメラトニンのさらに原料となるトリプトファンが必要になるんです。

そんなトリプトファンを多く含む食品は、バナナ、乳製品、麺類、イモ類、魚、鶏卵、豆製品など。

ということは朝日を浴びてから朝食にバナナと牛乳を摂ると、手軽でより効果が期待できますね。

 

またアメリカンチェリーや青汁の原料であるケールにはメラトニン自体が多く含まれています。

そのためこれらの食品を午後のおやつや夕食後のデザートに取り入れるのも良いでしょう。

 

身体を温める

温める

また眠くなるためには身体を温めることも有効です。

人間の身体は夜寝る時間に近づくと、その準備として深部温度(体の中心のほうの体温)が下がり始めます。

つまり身体の中心の温度が下がることで眠りのスイッチが入るともいえるわけです。

だから本来この体温の上下は自然と起こることですが、その仕組みを利用して意識的に体温を上げるというのも効果的。

 

たとえばぬるめのお湯で入浴するなどが代表的ですね。

入浴すると一時的に深部温度が上がりますが、その後湯冷めすることで体温が下がります。

この体温の変化はまさに睡眠につくリズムと同じで、入浴することでそのリズムをサポートすることができるというわけ。

ただし熱いお湯に入ってしまうと交感神経が活発になり逆に目が冴えてしまうので、38℃~40℃までのややぬるめのお湯に浸かるというのが重要です。

同じ理論で、ホットミルクやココアなど温かい飲み物を飲んで身体の中から温めるというのも有効です。

 

眠くなるツボを押す

眠くなるツボ

もっと手っ取り早く効果がほしい!なんて人にはツボを刺激するのもおすすめです。

人間には全身のいたるところにツボが存在していますが、その中には睡眠をサポートしてくれるツボも存在するです。

 

たとえば“安眠”というツボ。

耳の後ろにあるとがった骨から指一本分下のところにあり、その名の通り睡眠をサポートするツボです。

名前からしてもうぐっすりと眠れそうですよね。

この安眠を刺激することで驚くほどぐっすり眠れるんだとか。

手軽にできる方法なのでいますぐ何とかしたいという人はぜひ試してみてください。

 

 

ヒーリングミュージックを聴く

他にも眠気を誘うヒーリングミュージック(睡眠導入音楽)を聴く、という方法もあります。

人間の脳波にはα波とβ波があり、起きて活発に活動しているときはβ波、睡眠時やリラックス状態にあるときはα波が出ています。

そのためリラックスして質の良い睡眠を取るには脳がα波を出すような状態にならなければいけません。

 

そのサポートをしてくれるのがヒーリングミュージックや睡眠導入音楽と呼ばれるもの。

聴くと自然とリラックス状態になり、脳がα波を出していつのまにか睡眠に落ちている…なんてことが起こるというわけ。

ヒーリングミュージックなどと検索してネット上で自分で好きな音楽を探しても良いですし、ここでもいくつかおすすめのヒーリングミュージックをご紹介しますので、ぜひ聞いてみてください。

 

 

たしかに聴いているとなんだかウトウトしてくるとような気分になってきますね。

スマホで再生しながら布団に入ればすぐに寝落ちしてしまいそうです。

音楽の力で癒されながら眠ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

まとめ

今回はなかなか眠れない人に向けて、その原因と対策をご紹介してきました。

原因がわかればその対処方法も難しくはありません。

今回紹介した方法はどれも手軽にできて効果はたしかなものばかりです。

まずはどれかひとつを試してみたり、いくつか組み合わせてみるとより効果が発揮されるかもしれませんね。

ぜひ記事を参考に安眠を手に入れてくださいね。

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です