イチゴ肌を治す方法でツルツル美肌に!正しいケア方法をチェック!

保湿

すっぴんで特に気になるところといったら、イチゴ肌!という人も多いのではないでしょうか?

肌の毛穴に詰まった角柱は見つけてしまうと『取り出したい・・・!』という衝動にかられますが、実は下手なケアをしてしまうと、より毛穴が大きくなってもっと毛穴汚れや角柱が気になる状態になってしまうことも。

 

このように、今まで間違えたケアをしていた人は、もしかしたら普通の人よりもイチゴ肌の症状がひどくなっているかもしれません・・・!

今からでも正しくケアすることで、イチゴ肌を改善して、きれいな肌を手に入れましょう!

 

イチゴ肌の原因ってなに?

イチゴ肌とは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、イチゴの種のようにブツブツが目立つ状態になっている鼻のことです。

 

毛穴に皮脂や古い角質が詰まって角栓となってしまった状態がイチゴ肌の最初の段階。

さらに、この角柱が酸化してしまうと黒いブツブツな状態になってしまいます。

 

このイチゴ肌の状態だと、ファンデーションもうまく乗らないし、ひどい状態だと、メイクでも隠せないなんてことも!

 

できる限り早く解決したいこのイチゴ肌。

今回はイチゴ肌になってしまう原因をチェックしていきますよ!

 

イチゴ肌の原因①皮脂が多いパーツだから

イチゴ肌になってしまう箇所は、皮脂が多いというのも原因の一つです。

特にわかりやすいのが、イチゴ肌の悩みで多い「イチゴ鼻」と呼ばれる、鼻のブツブツです。

鼻は皮脂分泌が多く、角栓がたまりやすい場所なので、イチゴ肌になりやすい場所なのです。

 

しかし、この角柱は、実は毛穴を外部の細菌などから守るために肌が作り出しているもの。

これに加えて、古い角質や皮脂、ほこりや老廃物などが毛穴に詰まり、酸化して皮膚の表面に黒い点になって表れているのです。

この詰まりによって毛穴が広がり、さらにお化粧で毛穴を塞ぐことでさらに黒ずみができ易くなってしまいます。

 

つまり、放っておいたら放っておいた分だけ、毛穴汚れは酷くなり、毛穴自体も大きくなり、ケアをしても取り返しのつかない状況になってしまうこともありえ流ということです。

 

イチゴ肌の原因②間違ったケアをしてしまいがちだから

そしてイチゴ肌の原因として、間違ったケアをしがちなことも挙げられます。

イチゴ肌は自分で気づいてしまうと、気になって必死で間違ったケアをしてしまいがちな症状!

間違ったケアを繰り返し行うと、毛穴に汚れがさらに溜まりやすくなり、イチゴ鼻を悪化させてしまうのです。

 

そのため、なにが間違ったケアなのか、どうすれば正しくケアできるのかを理解しておくことが肝心です。

 

こんなケア方法はイチゴ肌に逆効果!

イチゴ肌の原因は毛穴の汚れなので、これを取り除くことは必要です。

しかし、刺激の強い方法で取り除こうとすると、開いた毛穴にさらに汚れが詰まってイチゴ肌の状態が悪くなってしまうことがあります。

 

毛穴のパックシート

特にイチゴ肌のケアとして有名なのが毛穴のパックシートですよね。

毛穴汚れが起因のイチゴ肌にはこの毛穴のパックシートしか対策がないのではないかと勘違いしている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、このケアのせいで、あなたのイチゴ肌が悪化してしまっている可能性が高いです。

無理やり毛穴から角柱を取り出すことで、開いた毛穴にさらに汚れが詰まってイチゴ肌の状態が悪くなっているのです。

 

また、それをさらにパックでケアをしていくと、お肌を刺激から守るために毛穴周辺の角質が厚くなってしまい、さらに角栓ができやすくなってしまうのです。

周辺の皮膚もはがしてしまうことになるので、鼻が赤くなったり、炎症を起こしてしまったりと肌トラブルが増えてしまいます。

 

毛穴パックシートは、イチゴ肌に対して非常に大きな効果をもたらしてくれるかのように思えますが、実は毛穴の奥の汚れは取り除くことはできず、肌を傷つけて毛穴汚れを悪化させる原因になってしまうのです!

 

過剰なセルフピーリング

次にやってしまいがちなイチゴ肌ケアとして、過剰な自己流のピーリングが挙げられます。

適度なピーリングは肌のターンオーバーを促すのに効果的で、きれいな肌を保つために有効な方法ですが、スクラブ入りの強いピーリング剤を使ったり、ピーリング剤を毎日使ったりしてしまうと敏感肌の原因になってしまうこともあります。

 

ピーリングケアは、肌の状態に合わせて専門家の指導のもとで行うのがベストです。

 

角柱を指で無理やり押し出す

そして、この角柱を無理やり押し出すケア方法も同様にイチゴ肌を悪化させてしまいます。

 

このケア方法は、肌を傷つけやすく、手から雑菌が入って炎症を起こしてしまう可能性もありますし、これにより皮膚に大きなダメージが残り、毛穴部分にクレーター状のニキビ痕のようなものができてしまうので、毛穴に角栓がない状態でも毛穴が目立つようになってしまうのです。

 

しかし、今にも飛び出しそうな角栓に限り、ピンセットなどで取り除いで問題ありません!

ですが、奥から角栓を押し出そう・・・ということはしないようにしましょう。

 

オイルクレンジングで強く洗浄すること

そして、毛穴の汚れを落とすために、洗浄力の高いオイルクレンジングで強い力で洗っている人もいるのではないでしょうか?

ですが、このケア方法も肌にとって好ましくありません。

このケア方法を行うと、肌が乾燥しやすくなってしまったり、黒く目立つ毛穴の原因になってしまうこともあります!

 

イチゴ肌のケア方法はどうすればいいの?

今まで良かれと思っていたイチゴ肌に対するケア方法が間違っていたと気づき、ショックを受けている方もいるかもしれませんね。

ですが、今から正しいケア方法に切り替えればきれいな肌を手に入れることができます!

それではその方法をご紹介していきましょう。

 

正しく洗顔をすること

まずは肌に優しい洗顔法で顔を洗うことがもっとも重要なケア方法です。

毛穴汚れを取るためにゴシゴシと洗ってしまいたい気持ちもわかりますが、そのような誤った洗顔法をすると、肌が乾燥してしまいます。

 

肌が乾燥すると、外の刺激から肌を守るために体は皮脂を過剰に分泌し、それがイチゴ肌の原因になってしまうのです。

そのため、洗顔は肌に優しい洗顔石鹸を使って、刺激を与えないようにしっかりあわ立てて泡で汚れを落とすようにすることが肝心です。

 

イチゴ肌の洗顔方法

理想の洗顔方法はこの通りです。

  1. 顔に雑菌をつけないために、最初に手を石けんで洗う。
  2. 顔を体温よりも少し低い程度のぬるま湯で濡らす。
  3. 肌に優しい石鹸ををしっかり泡立てる。(泡立てネットを使うのもおすすめです!)
  4. 泡を顔に乗せて、泡を肌の上で転がすイメージで優しく洗う。(手が顔に触れないくらい、たくさんの泡で。)
  5. ぬるま湯でしっかりすすいぐ。
  6. タオルで水分を吸い取るように優しく拭き取る。(タオルでゴシゴシと刺激を与えないように注意!)

この洗顔のときに注意してもらいらいのがゆすぐお湯の温度です。

 

イチゴ肌の洗顔方法の注意点

高い温度のお湯だと皮脂を取りすぎてしまうという性質があるので、体温よりも少し低いくらいのぬるま湯を使うようにしましょう。

すすぎの回数は具体的な数字をあげると、30回程度を心がけるのがおすすめです。

ぬるま湯で細かい部分まで丁寧に落とし残しのないようにすすぐようにしましょう。

 

また、洗顔は1日2回までにしましょう。

過剰な洗顔は、肌に必要な皮脂も取り除いてしまい、これまた毛穴詰まりの原因となってしまいます。

肌が乾燥している方は、朝はぬるま湯ですすぐというケアだけでもいいですので、肌の調子に合わせて調節していくようにしましょう。

 

洗顔の前のメイク落としも当然注意するようにしてください。できることなら毎晩半身浴をして、毛穴から汗と一緒に汚れを流しだすようにすると、よりきれいな肌を保つことができます。

こういった洗顔法を見直だけで、いちご鼻は解消されていきますので頑張りましょう!

 

蒸しタオルケア

次にご紹介するのは蒸しタオルを用いたケア方法です。

蒸しタオルを顔にあてて、毛穴を開いたあとにクレンジングや洗顔をすると、きれいに毛穴の奥の汚れまで落とすことができます。

蒸しタオルは電子レンジで作ることができます。

 

フェイスタオルを水で湿らせて絞ったあと、600W程度で約1分温めた程度の暖かさのものを使いましょう。

熱すぎると先ほど説明した通り、肌が乾燥してしまいますので気をつけてくださいね。

 

温めたあとはタオルを広げて、少し温度を下げて、心地よいくらいの温かさになったタオルを肌に乗せます。

このタオルは、メイクを落とすクレンジング前と洗顔前の2回にわけて使用しましょう。

クレンジングはクリームタイプのクレンジング料を使うのがおすすめ!

 

このクレンジング料を馴染ませた肌に3分ほど温めたタオルを乗せて、その後洗い流すようにします。

その後、3分ほどタオルを乗せて、先ほどご紹介した正しい洗顔をすれば、きれいに毛穴汚れを落とすことができます。

 

オイルでマッサージ

よほどひどい角栓でなければ、オリーブオイルなどの植物オイルでも取ることができます。

 

おすすめの植物オイルはこれらです。

  • オリーブオイル
  • アルガンオイル
  • ホホバオイル
  • ココナッツオイル

これらの植物オイルは肌に良いことでも有名ですよね。

これらの良質なオイルは、毛穴汚れを浮かせてくれる効果があります。

 

使い方は、毛穴汚れが気になる箇所にこれらオイルを塗って、綿棒でクルクルとマッサージするだけ。

小さな角栓ならこれだけで取れます。

 

大きな角柱は、指の腹を使ってマッサージをすれば取ることができるものもありますが、力を入れすぎてしまったり、つめなどで掘って取ろうとすると、毛穴がクレーターのように戻らなくなってしまいますので、気をつけてください!

取れない場合は、日を置いて、このマッサージを定期的に行うようにすればきれいになっていきますので、辛抱してゆっくりケアしていきましょう。

 

プチプラコスメを使った方法

毛穴汚れに対しては、プチプラコスメを使った方法も有名です。

噂ではニベアとワセリンが効果的なのだそうです。

しかし、いずれもそれぞれのアイテムの会社から推奨されている使用法というわけではないようなので、参考までにご紹介しておきます。

 

ニベアでイチゴ肌を治す方法

NIVEA

A post shared by ニベアクリーム (@nivea_1108) on

あのハンドクリームのニベアクリームの青缶でパックをすると毛穴汚れが解消すると言われています。

  1. お風呂上がりに洗顔した後に毛穴ケアしたい箇所にニベアを塗る。
  2. 10分程度パックして、洗い流す。

とっても簡単ですよね。

もし手元にニベアがあるのでしたら、試しにやってみてもいいかもしれません。

 

ワセリンでイチゴ肌を治す方法

ワセリン

保湿効果が高く、ボディやリップなどにも使用できるクリームのワセリンも毛穴汚れに効果があるそうです。

  1. ワセリンを寝る前に毛穴ケアしたい箇所に塗る
  2. 起きたら洗顔で落とす。

これだけで角栓が取れるのだそうです。

 

何度かやると徐々に角栓が取れていきます。

長く時間をおきすぎると、逆に肌へのダメージになる可能性がありますので、くれぐれも肌の様子をみながら試すようにしてください。

 

イチゴ肌を直すためには、保湿ケアも忘れずに!

保湿

イチゴ肌を治す方法として、忘れてはいけないのが保湿です。

今までご紹介した方法で角柱をとったあと、肌をそのままの状態にしていては、『そのまま汚れを毛穴に入れてください!』と言っているようなものです。

 

イチゴ肌を治すためには、角柱を取り除くケアを行ったあと、化粧水をしっかりと肌に浸透させて保湿をすることがとっても重要なのです。

化粧水のあとは、化粧水が蒸発してしまわないように乳液やクリームで蓋をして、より高い保湿性を保つようにしてくださいね。

 

イチゴ肌を治す方法のまとめ

あなたが今まで行っていたイチゴ肌に対するケア方法は合っていましたでしょうか?

程度が軽いのなら自宅でのケアで解消することができますが、そのまま間違えたケア方法を続けていくと二度と戻らない穴ができてしまうこともあります。

 

今回ご紹介した方法で肌の様子をチェックしながら改善をしていくようにしましょう。

共通して言えることが角栓は無理やり出すのではなく、自然に出るように、肌に優しいスキンケアをすることが重要です。

肌に優しいケア方法は多少時間がかかりますが、結果的にきれいな肌を手に入れるには避けられない努力です。

習慣化してしまえば、ストレスなく続けることができますので、頑張っていきましょうね!

 

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です