ギシギシ・ゴワゴワの髪の毛の原因や対策!サラサラになるための方法

天使の輪ができるような綺麗な髪になりたいけど、いつのまにかギシギシ髪、ゴワゴワ髪に悩まされている方は多いと思います。

幼い頃はツヤツヤで、驚くほど柔らかくサラサラしていますが、大人になるにつれて、様々な原因により、髪にダメージを受けるようになっていきます。

普通に生活をしているだけなのになぜだろう?と、疑問に感じている方も多い事でしょう。

 

今回はそんな、ゴワゴワ髪、ギシギシ髪に悩まされている方に向けて、その原因や対策方法、サラサラ髪になるための方法をご紹介していきたいと思います。

 

そもそもギシギシ髪・ゴワゴワ髪の原因は?

ギシギシ髪、ゴワゴワ髪の原因はコルテックスの水分不足によるものって知っていましたか?

 

コルテックスとは!?

コルテックスとは髪の内部にある細胞のことで、髪のコシや潤いはこのコルテックス内の水分量で決まると言われています。

つまり、コルテックスにたくさんの水分を蓄えることでギシギシ髪やゴワゴワ髪は改善されるのです。

ですが、ただ保湿すればいいわけではありません。

 

この蓄えた水分を流れ出さないように防ぐ事も大切です。

では、どのように防いでいくのかと言うと、実はキューティクルがこの役割を担っています。

 

キューティクルは重要な役割を!

キューティクルは髪の一番外側にあり、外部のダメージから髪を守ってくれています。

ですが、キューティクルは摩擦や熱、紫外線など外部からの刺激に非常に弱く、無理矢理なタオルドライやドライヤー、ヘアアイロンなどのダメージによって、弱くなりどんどん剥がれていきます。

 

すると、キューティクルに守られていた髪内部にまでダメージが及んでしまいますので、コルテックスに含まれている水分までも外へ流れてしまうのです。

これがギシギシ髪、ゴワゴワ髪になってしまう大きな原因なのです。

 

つまり大事なこととしてギシギシ髪、ゴワゴワ髪を美しいサラサラ髪へ変える為には、まず髪を充分に保湿ケアすることです。

そして、保湿した髪をダメージから守るために、キューティクルをしっかりと補修することも重要なのです。

 

という事で、まずは、キューティクルが剥がれ落ちる原因、つまりギシギシ髪、ゴワゴワ髪の原因を解説していきたいと思います。

原因を知る事で、より効率的でギシギシ髪、ゴワゴワ髪をサラサラ髪にする事ができますので、必ずチェックするようにしましょう。

 

ギシギシ髪・ゴワゴワ髪の原因を作ってしまう生活習慣

実はギシギシ髪、ゴワゴワ髪を作ってしまう大きな原因が生活習慣の中にあります。

今から、その生活習慣の中にある原因を厳選していきますので、自分に当てはまるかどうかの確認、そしてギシギシ髪、ゴワゴワ髪が作れる要因をしっかりと理解していきましょう!

 

パーマやカラーなどによるダメージ

パーマやカラーを繰り返しし続けていると、髪の毛に大きなダメージを与えてしまいます。

その理由は髪の毛を構成しているケラチンタンパク質の結合が切れてしまうからです。

 

8割以上の成分がタンパク質である髪の毛は、たくさんのタンパク質成分が結び付き合ってできているのですが、パーマやカラーを何度もし続けていると『薬剤』の働きによって髪のタンパク質の結合が切れてしまいます。

そのため、髪の毛は元の形でいられなくなってしまい、まとまらない、ギシギシとした傷んだ髪になるのです。

特に、市販の商品を使って、ご自分でパーマやカラーをされている方は注意が必要です。

 

プロではない方が、髪の状態に合わせて薬剤の使用量を調節することは難しいので、つい多量に使い過ぎてしまったり、パーマやカラーをした後、薬剤をきちんと洗い落とさず、髪や頭皮に残したままにしてしまう可能性があります。

そうなった場合は当然のことながら、髪の毛に大きなダメージを与え、ギシギシ髪、ゴワゴワ髪を作り上げてしまいます。

 

頭皮の汚れ

毛穴がつまった状態の頭皮の汚れがギシギシ髪、ゴワゴワ髪を作ってしまう可能性もあります。

毛穴が大気中のチリやほこり、皮脂などの老廃物、頭皮に残ったシャンプーや整髪料などで詰まってしまうと、髪の毛がまっすぐ正常に生えてこれなくなってしまうのが原因です。

 

特に男性は、女性に比べて男性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が多いため、毛穴が皮脂で詰まりやすくなっていますので注意が必要です。

毛穴の詰まりは、髪きしませ、ごわつかせるだけでなく、挙げ句の果てには、髪の毛を細くなっていきますので、薄毛にもなってしまう可能性も高くなります。

 

ストレスが髪に与える影響

人はストレスを感じると、交感神経が働いて緊張状態になります。

緊張状態が続いてしまいますと、体に力が入るので、血圧を上げて筋肉に血液を送るため、血管が収縮し、頭皮に血液が流れないようになりますので、血行が悪くなっていきます。

 

さらに、こうした筋肉の活動を優先させる働きによって、消火吸収系の内臓の活動が弱くなってしまうので、食事をしても、栄養を行き渡らせることが出来なくなってしまいます。

 

特に、髪の毛は命にかかわる部分ではないので、栄養不足になりがちです。

そのため、抜け毛が増えたり、力がなくなったりギシギシ髪、ゴワゴワ髪になったりするのです。

 

反対に、人はリラックスした状態になると、血行が促進され、消化吸収系の内臓の働きが活発になって、食べたものが正常に消化吸収されるので、髪の毛にも栄養が行き届いて、健康な美しい髪を作り上げます。

 

ですから、ストレスをためこまないように、運動などをして意識的にストレスを発散したり、心身をやすめてリラックスすることは髪の毛にも重要なことなのです。

 

喫煙が髪に与える影響

『タバコを喫うと、ストレス発散になるから、髪の毛にもいいんじゃない?』と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、タバコは美しい髪の毛にとって大敵です。

タバコは自立神経のバランスを崩してしまい、体を覚醒させた状態にしますので、普段より多くの汗や皮脂が分泌されて、毛穴をふさいでしまう特徴があります。

結果、髪がどんどん細くなってしまいます。

 

また、タバコのニコチンには血管を収縮させる効果がありますので、血の巡りが悪くなり、髪の毛に必要な栄養が、体のすみずみまで行き届かなくなります。

さらに、タバコを喫うと、髪の毛のケラチンタンパク質の生成に必要なビタミンCの腸壁からの吸収が減少してしまう上、体内でのビタミンCの代謝が早くなってしまいます。

 

喫煙によって、奪われるビタミンCは美肌にも欠かせない栄養素です。

喫煙をされている方は、ぜひこの機会に禁煙されて、美しい肌と髪の毛を取り戻しましょう!

 

食生活が髪に与える影響

ダイエットや偏った食生活もまた、ギシギシ髪、ゴワゴワ髪を作る原因になってしまうことがあります。

髪の主な成分であるタンパク質、髪を生成するのに必要なヨウ素やビタミンが髪の毛に必要な栄養素だということは理解していると思います。

 

では、美しい髪の毛のために、食生活ではどういった点に気を付ければいいのでしょうか?

 

下記にまとめていますので、チェックしてみてください。

  • 一日三食、決められた時間にきちんと食事をする
  • 一日30品目を目標に、栄養バランスのとれた食事をする
  • 野菜をたっぷり食べ、脂肪分が多い食品を多くとり過ぎないようする
  • 毎食、食べ過ぎには注意する

 

バランスの良い食生活は病気を予防するように、不健康な生活から、ギシギシ髪、ゴワゴワ髪が生まれてくることを予防してくれます。

正しい食生活で、ぜひイキイキとした健康で美しい髪の毛を手に入れて下さいね。

 

では続いては、髪をサラサラにする方法をご紹介していきます。

世の中には髪をサラサラにする方法はたくさんあるのですが、この記事では、その中でも最も重要な要素をご紹介していていきますので、必ずチェックするようにしましょう。

 

髪をサラサラにする方法

先ほども言いましたが、髪をサラサラにする方法は、世の中にたくさんあります。

ですが、今からご紹介していく内容は、最も効果の高い方法になりますので、必ずチェックしてください!

 

ブラッシング

シャンプーを行う前、あるいは隙間時間にブラッシングを行う事が大事です。

ブラッシングを行う理由としては、外出時に髪の毛についたホコリや化学物質などの汚れを落とす為です。

 

実は外にはたくさんの汚れ、目に見えない雑菌が飛び交っています。

それををいきなりお湯で洗い流すのではなく、あらかじめブラッシングで落としておく事で、汚れを落とし、同時に頭皮のマッサージになるのです。

 

ブラッシングの手順はこちらになりますので、チェックしてみてください。

  1. 毛先
  2. 髪の真ん中
  3. 頭頂部
  4. 頭皮

この順番を意識してブラッシングを行う事で、より効率的に髪に付着したゴミや雑菌を落とす事ができます。

 

また、ブラッシングをする時にもう一つ改善できることは、ブラシにもこだわるといいでしょう。

プラスチック製のブラシは、静電気を起こし髪が痛むことがありますので、正直あまりオススメできません。

オススメは、動物毛のブラッシング専用ブラシです。

 

理由としては、持ち手が木製の動物毛ブラシは静電気が起こりにくく、切れ毛を防いでブラッシングをすることでツヤを出してくれます。

 

ドライヤー

実はドライヤーのかけ方次第では、髪にツヤを出すことができるんですよ。

ドライヤーをかける目的は髪を乾かすためですが、同時に頭皮をしっかり乾かすことも重要です。

 

髪は濡れている状態が一番ダメージを受けますので、髪を洗った後は自然乾燥ではなく、すぐにドライヤーをかけることが大切なんです。

ポイントは、頭皮をしっかり乾かすことと、半乾きにせずに丁寧に乾かすことです。

ポイントとしては、乾いたと思ってから、さらに2分ほどドライヤーをかけ、手ぐしで乾いていることを確認しながら乾かしていきましょう!

 

髪に良いシャンプーを使う

髪をサラサラにする方法として、ドライヤー、ブラッシングも良いのですが、髪に良いシャンプーを使う事も非常に重要です。

ここでは、そんな髪に良いシャンプーの選び方をご紹介していきます。

 

絶対に避けたい成分

刺激の強いシャンプーを毎日使う事で、知らず知らずのうちにダメージを与えているかもしれません!

特に『ラウリル硫酸Na』『ラウレス硫酸』という合成界面活性剤が入っているものは避けましょう。

 

これらは、強い洗浄力であったり、泡立ちが良くなったりという性質を持っていますが、刺激が強い上に、頭皮が乾燥してしまいに、痒みがでたり頭皮トラブルに繋がります。

特に、乾燥肌・敏感肌の人は注意しおたほうがいいでしょう。

 

天然オイルやエキスが配合されている

通常、健康な髪を持っている人は、髪の表面、つまりキューティクルが整った状態が多いです。

それに、健康な髪の表面にはCMC(細胞膜複合体)と呼ばれる成分が、正常に機能しています。

 

CMCは、キューティクルとキューティクル貼り合わせる役割があり、これにより、キューティクルは整い、綺麗なツヤを反射する事ができるのです。

しかし、カラーリングやパーマなどの施術を繰り返しているうちに、このCMCは流出しています。

それを防ぐには、天然成分が配合されているオーガニックシャンプーを使いましょう!

キューティクルがどんどん剥がれ、そこからダメージが内部に進行してしまう状態を未然に防ぐ事がでます

 

保湿成分が配合されている

髪をサラサラにするには、シャンプーに配合されている保湿成分も重要となっていきます。

髪もお肌同様に、水分が必要なのです。

 

ギシギシ髪は、ツヤの低下に繋がりますし、ツヤの無い髪は見た目的にも老けて見えてしまいます。

ですので、保湿効果の高い、グリセリンや、ヒアルロン酸、コラーゲン、ケラチンなどを含んだシャンプーは高い保湿作用が期待出来ます。

また天然オイルも保湿成分が含まれていますので、オススメですよ!

 

洗浄成分が穏やか

シャンプーに含まれる成分は、水を除くと大半は洗浄成分になります。

ですので、洗浄成分がシャンプー全体の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。

 

もしあなたが、美しくツヤのある髪を求めているなら、刺激の強いシャンプーの使用は控えたほうが良いでしょう。

刺激が強く、洗浄力が強いシャンプーは、比較的価格が安いのですが、髪のツヤに必要な油分まで奪ってしまいます。

 

美しいツヤ髪を求めるのであれば、洗浄成分が穏やかなアミノ酸系の洗浄成分がおすすめです。

アミノ酸系シャンプーは髪や頭皮に良い影響を与える事ができる業界でも有名な成分でもありますね!

 

ちなみに、バサバサの髪の毛やくせ毛に悩んでいる方には、クイーンズバスルームというシャンプーがおすすめです!!

しかも今なら5日間お試しパックが送料無料の1200円で手に入れることができます♫

>> クイーンズバスルームをお試し

 

髪の毛をサラサラにする方法まとめ

このように髪をサラサラにする方法は大きく分けて3つあります。

 

まとめますと下記のようになります。

  • ブラッシング
  • ドライヤー
  • 髪の良いシャンプーを使う

 

これら3つの事を意識する事で、あなたの悩みでもあるギシギシ髪、ゴワゴワ髪を改善させる事できるでしょう。

是非、参考にしてみてください!

 

今一番売れているくせ毛専ヘアケア



 

ギシギシ・ゴワゴワの髪対策のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はギシギシ・ゴワゴワの髪の毛の原因や対策、そして髪をサラサラにする方法をご紹介していきました。

是非、この記事を参考に、綺麗なツヤのある髪を取り戻していきましょう!

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です