デリケートゾーンの黒ずみ解消は市販品でできるのか!?

女性であれば、一度は悩んだ事のあるデリケートゾーンの黒ずみ。

普段の生活では気付きにくい場所でもありますが、やっぱり気になりますよね?

 

特に海や温泉に行く時、彼氏や好きな男性ができた時なんかは気になって夜も眠れなかったり・・・。

この記事では、そんなデリケートゾーンに悩める女性にとっては、かなり朗報的な情報をお届けしていきたいと思います。

 

なんでも、ドラッグストアなどで販売している市販品でデリケートゾーンを解消できると言う噂を耳にしたんですよね。

これが本当なら・・・あなたの悩みを一瞬で解決する事ができるかもしれませんよ。

という事で今回は、デリケートゾーンの黒ずみをドラッグストアなどで販売しているアイテムで解消できるのかどうかを詳しく検証していきたいと思います。

 

まずは黒ずみの原因を理解しよう!

まずは、デリケートゾーンの黒ずみの原因を理解しておきましょう。

実は、デリケートゾーンの黒ずみは突然できるものなので、黒ずみの原因をちゃんと理解していない女性がたくさんいるんですよね。

なので、この記事でしっかりと黒ずみの原因を理解しておきましょう。

 

デリケートゾーンの肌は摩擦に弱い

デリケートゾーンは皮膚が他の部位よりも、かなり薄く弱い部分となります。

その部分をカミソリで繰り返し剃ったり、フラッシュ脱毛などで頻繁に刺激を与えたりすると、刺激に対してメラニンが生成され、皮膚を守ろうとするんですね。

 

結果、色素沈着を起こして黒ずみが発生してしまいます。

その他にも、ナプキンやおりものシート、トイレットペーパーの使用はもちろん、股ずれなど日常生活の中に黒ずみの原因が潜んでいるんですよね。

黒ずみの原因は、何気ない日常生活の中に潜んでいますので、十分な注意が必要なのです。

 

また、化学繊維でできた下着やサイズの小さい下着などを一日中着用していますと、皮膚と下着の間に摩擦が生じやすいんですよね。

この摩擦によって、顔の皮膚と同じように、細胞の代謝が低下してしまいます。

この事が原因で古い角質が蓄積され黒ずみになってしまうんですよ!

 

デリケートゾーンの肌は圧迫に弱い

デリケートゾーンというのは、常に下着や洋服によって圧迫を受けています。

摩擦の次は圧迫ですか?と、言いたくなる気持ちも分かりますが、これは事実です。

また、座ることが多い場合は、さらに圧迫を受けやすいため、皮膚が身を守るために角層を分厚くします。

結果的に黒ずみが生じるのです。

 

デリケートゾーンの肌は、強い力で押さえつけられると『それ以上押さえつけたらダメ!!』と、角層に厚みを加えます。

この事から分かると思うのですが、皮膚は私達を守ろうとしているのです。

知らない間に皮膚を分厚くしているんですね。

 

顔のくすみが起きるのと同じようなことがデリケートゾーンでも起こっているんです。

多くの黒ずみはこの事が原因になっています。

肌を分厚くするなんて、大きなお世話!!と、思ってしまうのも無理はありませんが、これも人間の本能と言いますか、もともと備わった機能になりますので、仕方がありません。

 

ホルモンバランスの乱れも黒ずみを引き起こす原因

不規則な生活、そして食生活の乱れやストレスはホルモンバランスを崩してしまいます。

すると、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルが乱れてしまい、古い角質がスムーズに排出されなくなります。

その結果、黒ずみの原因となる場合もあります。

特に、妊娠するとホルモンバランスの影響でより黒ずみが顕著になります。

 

このように黒ずみの原因は本当にたくさんありますよね。

日常生活の中に潜んでいるなんて、思いもよりませんでした・・・。

 

黒ずみの原因となるものを下記にまとめておきましたので、チェックしてみてください。

  • デリケートゾーンのお手入れ
  • 下着の締め付け
  • VIOの摩擦
  • 不健康な生活

基本的にはお肌が刺激を受けるとメラニンが作られます。

 

毛抜きやカミソリを使ってのアンダーヘアーのお手入れや、きつい下着の締め付けなどは、基本的に黒ずみの原因となりますので、注意が必要です。

 

気を付けたいのは、先ほども言いましたが、不健康な生活も黒ずみの原因になることがあります。

メラニンはホルモンによって作られることがあるんですが、不健康な生活を続けてしまいますと、ホルモンバランスが乱れ、必要もないのにメラニンがどんどん作られることがあるんですね。

 

デリケートゾーンの黒ずみは市販品で薄くなるの?

考える

先ほどの解説で、黒ずみの原因が理解できたかと思います。

今からお話しする事は、その事を踏まえた上で、お読みください。

 

このようなデリケートゾーンの黒ずみに、薬局やドラッグストアで売っている市販品はどのような効果があるのでしょうか?

商品によって具体的な効果は違いますが、基本的には次のようなものです。

  • お肌をケアして健康な状態に近づける
  • ターンオーバーが正常化されやすい
  • お肌に溜まったメラニンが正常に排出され始める
  • メラニンが減るので黒ずみが薄まっていく!

陰部の黒ずみは、ターンオーバーのサイクルも大きく関係しています。

 

特に美白専用ではない市販品でも、このターンオーバーを正常化することができる商品は多いです。

ターンオーバーが正常化されるだけでも黒ずみの原因が減ることになりますから、ある程度の黒ずみ改善効果が期待できるんではないかと思います。

どんな成分が配合されていたらいいの?

ドラッグストアの市販品の中だとかなり数は少ないですが、デリケートゾーンなどの黒ずみにかなり効果的な市販品もあるんですよね。

たとえば『ハイドロキノン』という成分を含んだクリームです。

 

ハイドロキノンとは、肌の漂白剤とも呼ばれる成分です。

その名前の通り、黒ずみを漂白するような効果があるので、これら黒ずみに悩んでいる方の間では有名な成分ですね。

ハイドロキンをもっと詳しく解説していきますね。

 

ハイドロキンとは?

ハイドロキノンは、これから新しく作られるメラニンを減らす効果があります。

つまり、黒ずみの原因を減らしていく効果がありますから、それだけ黒ずみが薄まりやすくなるんですね。

 

また、メラニンはすべて黒い色をしているわけではありません。

酸化して黒くなったメラニンもありますが、それらメラニンの色を元に戻す効果もあるんです。

これら効果でお肌の中に溜まっている黒いメラニン色素を徐々に減らしますので、次第に黒ずみが薄まるというわけです。

このような効果で黒ずみを薄める市販品もありますね。

 

調べれば、調べる程、市販品がデリケートゾーンの黒ずみに効果があるのではないかと思ってきますよね。

続いては、デリケートゾーンの黒ずみに効果がありそうな市販品を厳選してご紹介していきたいと思います。

かなり厳選しましたので、是非チェックしてみてください。

 

デリケートゾーンの黒ずみに使えそうな市販品2選

さて、早速ですが、デリケートゾーンの黒ずみに効きそうな市販品を厳選して3つご紹介してきたいと思います。

配合成分、価格などの詳細を記載していますので、参考にしてみてください!

 

ニベアリフレッシュプラスホワイトニングボディミルク

青缶クリームで有名なニベアから販売されているリフレッシュプラスホワイトニングボディミルクが黒ずみの解消にオススメと言われています。

価格に関しては、1000円程度なのですが、その効果の高さは折り紙付きです。

 

理由としては、L-アスコルビン酸 2-グルコシドが配合されているからです。

L-アスコルビン酸 2-グルコシドは別名、ビタミンC誘導体と言われていて、メラニンの生成を抑えて肌を白くする効果が期待できます。

 

パイナップル豆乳ローション

パイナップル豆乳ローションにはイソフラボンという成分が含まれていて、毛穴の引き締め効果がありますので、開いた毛穴にたまった老廃物を肌に負担をかけることなく排出することができます。

また柑橘類には毛穴の中の老廃物を外に出す効果がありますので、毛穴にたまった老廃物を効率よく除去できる効果があります。

 

パイナップル豆乳ローションには保湿効果も含まれているので、色素沈着が原因の黒ずみの予防にもなり色素の除去にも効き目があります。

ですが、即効性はなく、3ヶ月使用し続けて治るかもしれないという程度の効果しかない為、早く黒ずみを治したいあなたにはあまりオススメはできるアイテムではありません。

 

口コミなどを基に解析してみた結果

口コミ

さて、実際に市販品の黒ずみ解消アイテムを使用して、どのようになるのか気になるところ。

なので、実際にニベアのリフレッシュプラスホワイトニングボディミルクやパイナップル豆乳ローションを使用している人の口コミを拝見してきました。

 

すると、意外な結果が分かりました。

その結果は・・・全然効かないという事でした。

 

デリケートゾーンの黒ずみは市販品では落とせないのはなぜ?

確かに、先ほどご紹介した2つのアイテムには黒ずみ除去成分が含まれています。

なのに、何で効きかないのだろう?

理由を調べてみたら、納得のいく原因がそこにはありました。

 

市販品は基本的に黒ずみ解消効果が弱かった

ドラッグストアや薬局で売っている市販品で、デリケートゾーンの黒ずみに使えそうなものは、基本的に効果が穏やかそうなものが多かった印象です。

見つかるのは『化粧品』が多く、よくて『医薬部外品』です。

 

『医薬品』になりますと、強力なクリームになるんですが、この医薬品でデリケートゾーンの黒ずみに使えそうなものは、市販品ではありませんでした。

市販品でデリケートゾーンの黒ずみに使えそうなものは基本的に『医薬部外品』『化粧品』なんですね。

 

当然ですが、配合されている成分量も少ないですし、効果が薄いという事が理解できます。

それでも陰部の黒ずみ専用のクリームだったら効果がありそうなのですが・・・市販品で見つかったのは基本的に黒ずみ解消専用商品じゃないんですね。

ここまできて大失態・・・。

じゃあどうしたら良いのということで黒ずみ解消におすすめのアイテムをご紹介します!!

 

結局はデリケートゾーンの黒ずみ解消には専用クリームが良い

黒ずみ解消クリーム

やっぱり、黒ずみには黒ずみ専用クリームが一番効果が高いという事が、今回の件で明らかになりました。

『郷に入っては郷に従う』ということわざがありますが、まさにその通りですね。

 

ここでは、黒ずみ専用クリームを選ぶ上で大事な事を解説していきます。

ここまでせっかく読んでくれたのに『結局、黒ずみを解消できません!』なんて事は口が裂けても言えません。

この記事を読んでいる方は、絶対に黒ずみを解消してもらいますよ!

では、早速ですが・・・黒ずみ専用クリームで黒ずみを除去する上で注意したいポイントを解説していきます。

 

有効成分はトラネキサム酸一択

デリケートゾーンの美白にはトラネキサム酸が理想です。

トラネキサム酸はメラニンの生成を抑える成分『美白有効成分』として厚生労働省に定められている成分です。

化粧品のでケアと違い、効率よく美白へ導いてくれます。

 

メラニン生成を抑える成分が配合されているか

美白も重要ですが、新たに黒ずみを作り出さないことも大切になるので、メラニン生成を抑制できる成分も確認しておきましょう。

メラニンを元から分解し、黒ずみの原因へダイレクトにアプローチできる環境を整えられるかもチェックしましょう。

 

続けられる金額か

デリケートゾーンの黒ずみケアには時間がかかることは冒頭で説明させていただきましたが、目安は半年以上の継続です。

半年以上の継続となると、高すぎる金額のケア用品の使用は痛い出費になります。

相場は7,000円〜10,000円です。

定期購入を利用することで1回あたり5,000円程度まで抑えることが可能になるので、サービスをうまく取り入れるのがおすすめです。

 

管理人おすすめの黒ずみ専門クリームをランキング形式で!

その①:Birosa(ビローザ)
birosa黒ずみ対策クリーム

特徴

 

さて、おすすめの黒ずみ専門クリームですが、Birosa(ビローザ)がおすすめ。

Birosa(ビローザ)は使ってみたい黒ずみ対策ケア商品として585名の女性のアンケートで第一位を獲得しているほどの商品です。

主に乳首の黒ずみを解消するクリームとして使われていますが、デリケートゾーンの黒ずみにも納得の効果を発揮するとして乳首以外の黒ずみで活用する方が増えているのです。

 

しかも安心して欲しいのが25日間の全額返金保証がついているから万が一あなたの肌に合わなかったとしても、損をすることはありません。

タダで黒ずみ解消体験ができるのは本当にお得です。

 

価格:通常購入8580円、限定特価3980円(税抜/送料無料)

評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

備考:送料無料、全額返金保障、美バストアッププログラムが無料で手に入ります。

 

 

その②:PULEPEARL(ピューレパール)
purepearlの効果

特徴

 

敏感肌の型でも使えるように、低刺激の薬用ジェルです。

デリケートな部分に使う商品だからこそ安全・安心の国内工場で製造されています。こちらの商品も万が一納得できない場合には25日間の全額返金保証をつけています。

なので、まずは使ってみて効果のほどを判断していただくのが良いと思います。

また、さらに定期コースでは、先着300名に限り美肌サポート用のサプリメントがついてきます。

 

価格:通常購入8200円、限定特価4765円(税抜/送料無料)

評価:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

備考:送料無料、全額返金保障、美肌サポートサプリメントプレゼント

 

 

ちなみにクリニックなどの治療はオススメしない理由

デリケートゾーンの黒ずみ解消に病院をオススメされることもありますよね。

専門クリニックに行けば、体の内側から黒ずみを解消する飲み薬をはじめ、市販品よりも高濃度の『ハイドロキノン』などの塗り薬の処方。

そして、お肌のターンオーバーを促す『ピーリング剤』の処方。

さらには、病院によってメラニンを外側から除去できる『レーザー治療』などもあります。

 

このように、黒ずみ除去専門クリニックは最新機会を使用して、あなたの黒ずみをどんどん除去してくれます。

ですが、私としてはクリニックに通うのはあまりオススメしていません。

理由としては2つあります。

 

①値段が高い

確かに病院はデリケートゾーンの黒ずみを解消する1つの方法ですが、これらはまずお金と手間がかかります。

保険が使えないことも多いので、1回の治療で1万円以上かかることもあります。

 

普通に働いている人だと、なかなか手が出せない金額です。

しかも、1回の治療で解消してくれたら良いのですが、そんなワケにはいきません。

何回も通う事が徐々に薄くなっていくものなので・・・正直、お金がいくらあっても足りませんよ。

 

②通院が必要で時間がない

また、通院に時間と手間がかかりますよね。

特に仕事をしている女性なんかは、通院時間が負担になったりしますので、反対にストレスになってしまいます。

ストレスは黒ずみの原因になりますので、時間の無い人は逆効果なのかもしれません。

 

できるだけ負担を抱えず、自分のペースで治したい方は、黒ずみ解消の専用クリームを先に試してみるといいでしょう。

病院などは、最後の手段として取っておけば大丈夫です。

病院は無くならないので、安心してください!

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回はデリケートゾーンの黒ずみは市販品で解消できるのかを詳しく検証していきました。

結果的に市販品では成分配合量が少ないので、効果は無いという事でしたね。

 

結局は黒ずみ専用クリームを使用する事が一番効率が良いという結論になりました。

是非、この記事を参考に、あなたにとって一番良い方法で黒ずみを除去していきましょう!

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です