ムダ毛処理問題解消!アンダーの理想の長さやチクチクする解決法も!

ムダ毛を薄くする方法女性

アンダーヘアの処理で困っている女性は多いですよね!!

  • 『カミソリで処理してるけど、ちょっと経つとチクチクしだして辛い・・・』
  • 『アンダーヘアの手入れをし始めてから、チクチクして痛いけど、ケアをやめるとみっともない・・・。』
  • 『チクチクするせいで、肌も荒れてきちゃって悩んでる・・・』

ゴワゴワで無造作に生えたアンダーヘアは、見た目的にも衛生的にも気になってしまうもの。

 

ですが、処理をしたらしたで、チクチクしてしまって困ってしまうんですよね・・・。

そこで今回はこんなムダ毛処理問題について、みんなはどのように乗り越えているのかチェックしてみましたよ!!

 

そもそもアンダーヘアってどこのことを指してる?

アンダーヘアとは、陰毛と呼ばれており、生殖器周辺に生えている毛のことです。

 

有名な言い方でいうとアンダーヘアは

  • Vライン:両足の付け根のV部分
  • Iライン:デリケートゾーン
  • Oライン:肛門周辺

の3箇所のことを指します。

 

あなたはアンダーヘアの処理をどのようにしていますか?

それでは処理方法についてチェックしていきましょう!

 

みんながやっているアンダーヘアの処理方法は?

なかなかアンダーヘアの処理方法なんて友達にも相談できないですから意外と知らない方法もあると思います。

どうやら皆さんはこんな風に処理しているようですよ♪

 

アンダーヘア処理方法①はさみ

結構多くの女性がはさみでアンダーヘアを処理しているようですね。

お金も時間をかけずに自宅で簡単に行えるので多くの方が実践している方法です。

ハサミの場合、下着や水着からはみ出てしまわないように毛先をカットするという方法をしているようですね。

 

しかし、毛先が鋭くカットされますので、カットをするようになってからチクチクを感じてしまったり、下着や水着などから毛先が突き抜けてしまうようになってしまって悩んでいる女性も多いようです。

 

アンダーヘア処理方法②カミソリ

ハサミ同様使用者が多いのがカミソリです。

ハサミですと毛の長さまでは調整できませんが、カミソリを使えば、アンダーヘアの範囲も調整できますので、一番この方法でケアをしている人が多いようですね。

 

しかし、同時に、毛がチクチクしてしまうトラブルを一番引き起こすのもこのカミソリでのケア方法です。

カミソリの刃を肌に当ててアンダーヘアを切り落とすわけなので、お肌に与える影響は大きいです。

 

特にVライン・Iライン、Oラインなどのデリケートゾーンを剃刀で処理すると、肌も柔らかい箇所なのでチクチク感を強く感じてしまう人が多いようです。

ひどいときには炎症を起こしてしまったり、お風呂のときに沁みてしまう・・・なんて方も多いそうです。

 

アンダーヘア処理方法③ヒートカッター

ヒートカッターは、コームに発熱する熱線がついており、熱によって、ムダ毛を焼き切ってくれるタイプのカッターのため毛の先端は丸くカットされ、チクチクしないのが特徴です。

 

ヒートカッターは、焼くという特性上、一度に多くの毛を処理出来ませんが、ハサミやカミソリと異なり、毛先が、丸くカットされますので、チクチク感を感じずに済むという大きなメリットがあります。

 

毛先が丸いと、チクチクしなくなるだけでなく、下着や水着から毛の先端が飛び出たりすることもなくなるのも大きなメリットでしょう。

アンダーヘア専用のヒートカッターというものがありますので、それを使用するようにすれば、安全にムダ毛を処理することができますし、お肌への負担もハサミやカミソリと比べると少ないのもメリットと言えるでしょう。

 

こう聞くと、ハサミやカミソリと比べると、ヒートカッターを使用すればいいんじゃないかと思ってしまうと思いますが、処理に時間がかかってしまうのがネックポイントです!

急いで無理に切ろうとすると、他のカミソリで処理するのと変わらなくなってしまいますので、ヒートカットの熱で毛が切れるまで、辛抱強く待つ必要があります。

 

しかし、仕上がりという点から考えるとこのアンダーヘア用のヒートカッターの評価が高いようですね。

 

アンダーヘア処理方法④ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスとは、はちみつをベースとした脱毛ワックスを使い、ワックスとアンダーヘアを密着させてムダ毛を毛根から抜き取る方法です。

このアンダーヘアの処理方法は古代エジプトの女王クレオパトラの時代から使われていた方法なんだそうです。

この方法は毛根からムダ毛を抜き去るので、すぐにツルツルすべすべの肌になれるという特徴があります。

 

しかし、このブラジリアンワックス、テレビで芸人さんたちが罰ゲームとして行なっているのをみたことはありませんか・・・?

そう・・・罰ゲームになるほどの痛みを伴うのも特徴です。

 

処理後の肌は本当にツルツルになるので、その痛みに耐えてでもアンダーヘアの処理を行う人が多いのも特徴です。

 

アンダーヘアがチクチクしてしまう理由は?

処理をしたアンダーヘアがチクチクしてしまう理由としては、切りっぱなしになった毛が2〜3日もすると伸びてしまい下着にあたって肌に刺激となるからです。

このチクチクした感触に加えて悩ましいのが、カミソリで陰部の肌が傷つき、痒みや赤みなどの症状を伴ってしまうことがあることです。

 

この状況だと、毛を処理することもできませんのでチクチク感は増していき、より痒みや赤みなどの症状が重くなってしまう場合もあります。

そのため、チクチクさせないようにするには、カミソリやハサミではなく、毛先を丸く切り落とすことができるヒートカッターを使うことがオススメです。

 

もしくは、ブラジリアンワックスなどの方法でアンダーヘアを抜き去ってしまえば、生えてくるまでチクチクに苦しめられることもありません。

 

アンダーヘアはツルツルの方がいいの?カットの方がいい?

考える

しかし悩ましいのは、アンダーヘアはツルツルの方がいいのか、カットの方がいいかという点です。

 

まず見た目の問題ですが、無毛だと、『遊んでいそう』という印象を持つ男性も多いそうです。

女性としても、一緒に温泉に行ったときに、友達が無毛だったら、『こいつプライベート激しいな・・・』と思ってしまう人も少なくないでしょう。

 

彼が毛がない方が好きだったり、、自分の美意識的に毛があるのはイヤ!という人はもちろん無くしてもいいと思いますが、一般的には綺麗に整えられた毛がある方が無難のようですね。

 

しかし、外国の方は、基本的に抜き去り、ツルツルの状態にするのがメジャーな国もあるそうなので、お付き合いする相手に合わせる必要もありそうです。

 

また、見た目以外の問題でいうと、毛により守られていたデリケート部分が守られなくなることで、ダメージを受けやすくなるというデメリットはあります。

毛が大切な部分を隠し、ダメージから守る緩衝材のような役割を果たしているわけですから、なくなると、傷つく危険性はもちろん増えます。

 

ですが、毛があることにより、デリケートゾーンが蒸れてしまうということもあります。

毛質や肌質は人それぞれですので、これらの条件を元に、それぞれどのようにしたいかを判断していくのがいいでしょう。

 

アンダーヘアの長さはどれくらいが理想なの?

みんながどのようにしてアンダーヘアをお手入れをしているのかわかったところで、今度はどれくらいの長さでカットするべきなのかも気になりますよね。

 

どうやら理想の長さは

  • Vライン
  • Iライン
  • Oライン

の箇所により異なるようです。

それでは一つずつチェックしていきましょう!

 

Vラインのアンダーヘアの長さは??

Vラインのアンダーヘアとして理想とされている長さは、3㎝程度だそうです。

もちろんきっかり3㎝じゃなくても大丈夫ですが、それくらいの長さが比較的収まりがいいのだそうです。

 

これは男性受け的にもちょうどいいと言われている長さなので、毛を残すのであれば、これくらいの長さにしておけば問題ないでしょう。

これくらいの長さがあれば、チクチクもせず、下着の中でのまとまりもよく、大事な部分も隠してくれて丁度よくなります。

 

ツルツルにした方が蒸れることなく、生理の時も経血が付かないのでいいという話を聞いたことがある方も多くいらっしゃると思いますが、毛は緩衝材のような役割も果たしているので、生理中の漏れや、ダメージからデリケートゾーンを守ってくれる役割を果たしてくれますので、多くの方は綺麗に整えた毛を残すという選択をするそうです。

 

長さを整えるなら、先ほどご紹介したヒートカッターで処理をするのがオススメです。

毛先が丸くなり、チクチクしなくなりますので、ぜひ試してみてください。

 

Iラインのアンダーヘアの長さはどれくらいが理想的?

Iラインは脚の付け根の部分のデリケートゾーンを守るアンダーヘアのことを言います。

Iラインも剃らずに綺麗な長さで整えるのが一番無難な処理のようです。

 

脱毛サロンの人に聞いてみたところ、Iラインは、電気シェーバーとヒートカッターの両方を使って手入れをするのが望ましいようです。

 

Iラインの内側部分はヒートカッターを使い、長さは5ミリ程度に切り揃え、外側部分は電気シェーバーで調節しながら処理するのがいいとのことです。

デリケートな部分ですので気をつけて処理をするようにしてくださいね!

 

Oラインのアンダーヘアの長さはどれくらいが理想的?

Oラインはお尻の奥、肛門周りの毛のことを指し、かなり処理が難しい箇所です。

ここの処理は自分ではよく見えませんので、ヒートカッターなどの刃物での処理はオススメできません・・・。

しかし、Vライン、Iライン同様、処理している人が多いのも特徴です。

 

これはVライン、Iラインを処理しているのに、Oラインだけ処理をしないと、そこだけ毛深くなってしまう・・・というのも大きな理由としてあるようですね。

Oラインを自己処理するなら、ブラジリアンワックスを使うのが人気とされています!

繊細な部分にブラジリアンワックスをやるので、強烈な痛みを伴うのは抗えませんが、頑張って処理している人も多いようです。

 

やっぱりキレイモでプロに任せるのが一番



 

アンダーヘアの毛質を整えるのもオススメ!

チクチク問題を解消するには、アンダーヘア自身の毛質を柔らかくするという手もあります。

アンダーヘアは他のムダ毛と比べて、毛質がしっかりしていますので、肌に当たってチクチクしますし、硬いためゴワゴワやチリチリになりやすいという特徴があります。

 

そこで、アンダーヘア用のトリートメントで毛質を柔らかく細くすることも非常に効果的な方法です。

アンダーヘア自体が整うと、毛が落ち着くので、処理する頻度を減らすことができ、剃ったりというケアをした後もチクチクしなくなります。

 

こういったアイテムがあることを知らない人も結構多いのですが、市販でもたくさん売られているメジャーなアイテムなんですよ♪

アンダーヘア用トリートメント選びでチェックしておくべき点はこのような点です。

 

修復効果の高いものを選ぶこと

アンダーヘアは髪の毛よりも基本的に剛毛なので、修復効果の高い成分が配合されているものを選ぶことで効果を実感しやすくなります。

毛質が落ち着くと、チクチクを感じることも少なくなりますし、まとまるので、下着からチクチクはみ出したりというような悩みも減っていきます。

 

肌の保湿効果の高いものを選ぶこと

アンダーヘアをケアするときに一緒にケアして置きたいのが、デリケートゾーンの肌です。

ここは本来毛に守られている弱い肌なので、柔らかく強い肌を持続するためには保湿をすることが非常に大切なんです!

 

また、こういったトリートメントには毛穴引き締め効果まであるものもありますので、そういったタイプのものをチョイスするのがおすすめです。

アンダーヘアを処理したら、今度は肌の黒ずみがきになるようになってしまった・・・というパターンもあります。

ずっとアンダーヘアで隠れていた部分が露呈してしまうんです。

 

タイトな服装で擦れていたことで黒ずみとなってしまっていたものが見えて来るようになってしまいますので、肌のケアも怠らないようにしましょう。

やっぱりキレイモでプロに任せるのが一番



 

最後に

今回はアンダーヘアのムダ毛処理についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

なかなか友達にも相談しづらい悩みなので、初めて知ることも多かったのではないでしょうか?

アンダーヘアはちゃんとケアすれば綺麗に整えることができます。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ今日から取り組んで、悩みを解消してくださいね!

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です