糖質制限ダイエットの真実!急死の危険は?正しい方法で実践しよう

糖質制限ダイエット急死危険正しい方法

糖質制限ダイエットの第一人者である桐山秀樹さんが、6日都内のホテルで急死したことが明らかになりました。

この事件を受け、今話題になっているのが糖質制限ダイエットの危険性。

桐山さんの死が糖質制限ダイエットが直接的な原因かどうかはわかりませんが、糖質制限ダイエットは正しい方法で実践しないと危険があるというのは事実です。

今回は、糖質制限ダイエットの危険性と正しい実践方法をお伝えしていきます。

 

糖質制限ダイエット第一人者桐山秀樹さんが急死

糖質制限ダイエット急死危険正しい方法

出典:www.huffingtonpost.jp

今月6日糖質制限ダイエットの第一人者である桐山秀樹さんが急死したことで、『糖質制限ダイエットってやっぱりヤバいんじゃないの?』と話題になっています。

実際のところ、桐山さんの急死が糖質制限ダイエットと直接関係しているのかはわかりません。

ただし、糖質制限ダイエットは正しく実践しないと体に悪影響が出る危険性はあります。

糖質制限ダイエットを実践している人は、そこらへんを正しく理解して実践するようにしてくださいね。

 

糖質制限ダイエットとは?

糖質制限ダイエット急死危険正しい方法

出典:toshitsu-seigen.com

糖質制限ダイエットとは、その名の通り糖質を制限するダイエット方法。

炭水化物は、糖質と食物繊維で構成され、炭水化物が主に太る原因となります。

この炭水化物の摂取を制限するのが糖質制限ダイエットとなります。

 

糖質制限ダイエットの効果

糖質制限ダイエット急死危険正しい方法

出典:247dieter.com

糖質を摂取すると血糖値が上昇し、それを抑えるためにインシュリンが分泌されます。

インシュリンは、別名”肥満ホルモン”と呼ばれ、余った糖質を中性脂肪に変えていきます。

なので、インシュリンをあまり分泌させないようにしたほうがいいのです。

糖質を制限すればそれだけインシュリンの分泌も抑えることができるので、糖質制限ダイエットが効果的だと言われているのです。

 

また、糖質を制限すれば血糖値の上昇が抑えられるので、糖尿病の予防にも大変効果的。

糖質を制限することは、ダイエット効果だけでなく、健康面から考えても良いのです。

 

これだけ聞くと『糖質制限ダイエットってめっちゃ良いダイエット方法じゃ〜ん!!』と思うと思いますが、実は良いことばかりではありません。

 

正しい方法で実践しないと危険!?糖質制限ダイエットに潜む罠

糖質制限ダイエットは、正しい方法で実践しないと体に悪影響を及ぼします。

 

危険1 :骨密度の低下

糖質制限ダイエット急死危険正しい方法

出典:http://healthil.jp/

過度な糖質制限ダイエットを実践し、骨密度がかなり低下してしまったという人がいます。

次第に筋力が落ち、階段の上り下りが以前にまして苦しくなってしまったんです。

そんなある日、庭の手入れをしていてトンと尻もちをついたら、それだけで尾てい骨が折れた。

入院して検査をしたら、『骨密度が65%しかない。骨粗鬆症です。尾てい骨の圧迫骨折もそれが原因です』と診断されました」

3年前に人間ドックで測った骨密度は75%。

ダイエットを経て、たった1年半で10%も落ちたことになる。

 

危険2:日常生活に支障をきたすレベルの疲労感

糖質制限ダイエット急死危険正しい方法

出典:josei-bigaku.jp

炭水化物をほとんど摂らずに肉と魚の食事を中心の生活を続けて2週間。

確かに体重は落ち始めたものの、体調が悪化するというケースもありました。

暴飲暴食して内臓が弱ったとき、唇の両端がただれて痛むことがあります。

その症状がひどく出て口を開けられなくなり、さらに口内炎もできて、ものが食べにくくなりました。

 

体調はどんどん悪化。朝、ベッドを出る際は、必ず立ちくらみを起こし、時折何かの拍子に動悸を感じることも。

大便の回数は2日に1回から、出ない時は1週間に1回になり、ひどい便秘に苦しむことに。

 

体調はますます悪くなり、じっとしているのに疲労感、倦怠感、脱力感が増し、ついにはモノを取るために腕を上げることすらおっくうになってしまいました。

手先がしびれたり震えたりしてキーボードを打てず、仕事ができなくなった

 

危険3:脳梗塞

糖質制限ダイエット急死危険正しい方法

出典:http://healthil.jp/

ご飯からお菓子に至るまで一切の炭水化物の摂取を禁止に!

そうすると体重は15kgも落ちるが・・・

続けているうちに常に体がしんどく、眠気が抜けない状態が続くようになりました。

そして36歳のある朝、目覚めると右半身がピクリとも動かなかったのです。

救急車を呼ぼうと立ち上がろうとしても、右手と右足の感覚が一切ない。

これは大変なことになってしまったと覚悟しましたが、幸い10分くらいで動けるようになり、自力で病院に行きました。

MRIを撮った結果、微小な脳梗塞があることが分かりました。

脳梗塞の前の段階、一過性脳虚血発作の症状でした。

 

糖質制限ダイエットは正しい方法で実践しよう

糖質制限ダイエット急死危険正しい方法

出典:diet-de-yasetai.jp

糖質制限ダイエットを実践するためには糖質制限ダイエットをしっかり理解する必要があります。

実践しているという方は、こちらの知識をしっかり身につけておいてくださいね。

 

糖質の役割を理解する

糖質は、脳や筋肉などの体の主要なエネルギー源としてつかわれます。

また、あまった糖質は、体内の血糖値が低下したときに動員できるよう資質として蓄積されます。

このように糖質は、体内の主要機関を動かす重要な役割を担っています。

 

では、過度な糖質制限ダイエットを行い、体内の糖質が不足するとどうなるのかと言うと、不足した分を補うために筋肉を分解し、アミノ酸に変えてエネルギー源とします。

つまり、糖質が不足するとどんどん筋肉が衰えていくのです。

また、糖質制限のカロリーを補うためにより多くの資質やタンパク質を摂るようになります。

そうすると、血管に悪玉コレステロールが溜まりやすくなり、血管が痛んだり、脳梗塞や心筋梗塞の原因となるのです。

 

糖質制限ダイエットと言っても完全に糖質をカットするわけではない

先ほどお伝えしたように糖質は人間にとって欠かせないエネルギー源。

最低でも1日170gの糖が必要とされているので、完全に糖質をカットするダイエットではないということを覚えておいてください。

 

なにごとも正しい方法で実践していきましょう

糖質制限ダイエット急死危険正しい方法

出典:urnotcinderella.hatenablog.jp

糖質制限ダイエットは、脂肪になりやすい糖質を抑えるダイエット方法なので、正しく行えば確実に体重は落ちるダイエット方法です。

しかし、痩せるからといって何の知識もないまま実践するとかえって体に悪影響を及ぼす危険があるので、なにごともまずは正しい知識をインプットしてから実践していきましょう!

 

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です