高校生の恋愛!LINEの頻度はどれくらいが理想?長続きのコツは?

高校生の恋愛にLINEは必要不可欠ですよね!

好きな子にアタックするにせよ、恋人関係を良好に過ごすにせよ、LINEはとっても大切なコミュニケーションツールです。

 

ですが、相手のことを思えば思うほど、そのLINEの頻度や内容に悩んでしまったりするんですよね・・・。

今回はそんな悩める高校生たちにとってもためになる情報を集めてきました!

 

好きな人や恋人に送るLINEの頻度や内容に悩んでいる人は参考になりますので、是非最後までチェックしていってくださいね♪

 

高校生の恋愛中のLINEトラブル例

恋愛トラブル

それでは具体的な高校生の恋愛中のLINEトラブル例をご紹介していきましょう!

実際に起こっているトラブルを参考にして、あなたはこのようなトラブルにならないように注意していってくださいね。

 

高校生の恋愛トラブル①LINEの返信を強要する

特に多いのがこれでしょう!

LINE頻度が多すぎることが恋愛トラブルに繋がっているようです。

多くの時間スマホを見ている高校生は、LINE頻度は多くなりがち。

しかし、彼氏彼女はそれなりの頻度を保つ方が好ましいのです。

 

LINEの返信が遅いと、こんなトラブルが起きてしまう・・・

頻繁にLINEをやりとりするようになると、それが普通になってしまい、返信が遅いと、『愛が足り無い』『浮気している』といった妄想を掻き立て、トラブルになってしまいがちなのです。

 

それを助長しているのがLINEの『既読』という機能でしょう。

メールなどであれば、『時間がなくって自分が送ったメールを読めていないのかな?』という判断もできます。

 

しかし、LINEの場合、メッセージを開くと『既読』となってしまうので、返信が遅いと、『読んだくせに無視をしている。読むくらいの時間はあるくせに、返信できないの?』と、自分を軽視された気分になってしまうんです。

 

きついルールがあるカップルも!

カップルによっては、既読後5分以内に返信しないといけないなどというルールがあることもあるそうです。

これは息苦しいですよね?

そのため、度々お互いの不満が爆発して、トラブルが発生してしまうというわけです。

 

返信を強要する側は既読スルーや返信が遅いことに不満を感じ、返信を待たれる側は強要や束縛を感じてストレスになります。

そしてこの不満が毎日続くと、早めにお別れということになってしまいます。

 

強要ルールは早めに解消しよう。

今現在、二人の間に強要ルールがあるのであれば、それは危険なサインです。

一声掛け合って、そのルールを即刻やめた方がいいでしょう。

 

そのとき、気を遣って、「忙しいときは急いで返信しなくてもいいよ」なんて曖昧な伝え方をすると、相手はLINEを迷惑がられているのでは??と勘違いしてしまう可能性もありますので。

「LINEが頻繁すぎるカップルは長続きしないらしいよ・・・!ずっと一緒にいたいから無理して送らなくていいからね。」とダイレクトに伝えるのがおすすめです。

 

高校生の恋愛トラブル②逆に、LINEが少なすぎる

先ほどLINEをあまり強要するのはよくないとお伝えしましたが、もちろん逆にLINEが少なすぎるのも問題です。

 

LINEが少ないと、不安になってしまう。

あまりにLINEが少ないと、相手が自分のことをを本当に好きなのか、大切にされているのか、不安になってしまうのは当たり前です。

しかし、相手が少ないと感じているのか、多すぎると感じているのかは相手じゃないとわかりません。

 

気分やタイミングにもよるでしょうし、1日2通まで・・・なんて決めるのもコミュニケーションにおいて不自然ですし、おたがい息苦しくなるに違いありません。

 

環境により、LINEでのコミュニケーションの重要度は違う!

これは、カップルの環境によって、LINEでのコミュニケーションの重要度は変わってきます。

学校にいけば会える相手なのか、違う学校で毎日は会えない関係なのかによってもLINEでのメッセージの重要度も変わってきます。

学校に行けば会える相手なら、会って話せる機会がありますが、違う学校ではLINEが唯一のコミュニケーション手段となります。

 

そのため、一概に、1日何件・・・という決め方はよくないと思います。

しかし、あえて数字をあげるとするならば、毎日対面をしないカップルにおいては最低1日1回以上はLINEを送った方がいいのではないかと思います。

これは『今日もあなたのことを考えてますよ。』というメッセージを伝えるためです。

 

重いと思われたくなくて控えるケースも。

また、相手のことを思うあまり、気を遣いすぎたり、重いと思われたくなくてLINEを控えてしまっていることもあると思います。

あまりにこちらから必死にLINEすると、こっちばっかり好きみたいな感じになってしまいますし、悩ましいところですよね。

LINEが届いていることに気づいて起きながら、1時間見ないで我慢する・・・なんて経験がある方もいると思いますw

 

しかし、お互いこのように意地を張ってLINEを送りあえていないケースもあります。

これはちょっと切ないですよね。

 

ナチュラルにLINEするにはどうすればいいの?

意識しすぎると送れないのが恋人へのLINE。

恋人向けの内容となると、書く内容も浮かばない・・・なんてこともあるでしょう。

付き合いたてなんかは、どんなLINEを送ればいいのかわからないため困惑しますよね。

 

その場合、もう肩の力を抜いてしまうのがおすすめです。

  • 意味の無いスタンプを送る
  • 以前撮った相手の写真を送る
  • 用事メールを送る

など、なんでもいいのでLINEを送ってしまいましょう。

 

その反応をみて、相手から良い応答があればLINEを続ける・・・という風に距離を詰めていきましょう。

相手から応答があれば、相手もLINEをしたがっているという証拠です。

好きな相手から意味の無いLINEが来るというのは、意外と愛おしく感じるものです。

是非試してみてください。

 

高校生の恋愛トラブル③ラブラブLINEが多い

そして次にご紹介する高校生の恋愛トラブルは、ラブラブな応答を求めるLINEが多すぎる・・・というところでしょうか。

 

ラブラブメールってどんな内容のこと?

ラブラブメールとはどんな内容かというと、

  • 『愛してるよ』
  • 『大好きだよ』
  • 『今日の〇〇ちゃん可愛かったよ』
  • 『私のこと好き?』

とかですかね・・・。

 

これは、もちろん嬉しいこともあると思いますし、ギャグテイストでこんなLINEがきたら盛り上がっちゃうかもしれません。

ですが、こんなメールが多すぎると、ちょっとイヤだな・・・と思う人も多いそうです。

 

みんなはラブラブメールに対してどう思ってる?

いろんなアンケートをみてみても、LINEで毎日イチャイチャした内容のやりとりをしているカップルほどトラブルに見舞われやすいと言う回答が多数あります。

 

カップルだから、カップルらしくしなくちゃ!!と意気込んでしまうことが、こういったトラブルを引き起こしてしまうのだとか。

これがまだお互いが距離を詰め切れていないカップルだと、『ちょっと重い』と感じてしまったりしてしまうわけです。

 

また、LINEだと、相手の表情を読み取れ無いので、それが迷惑に感じられているのかが判断できず、続けてしまいます。

こんなLINEの返信には、当然ラブラブな回答をしなければ角が立ちますので、実際にそんなに愛せてなかったとしても『愛してるよ』と返さなくてはいけなくてはいけません。

それが煩わしく感じて、このような展開になってしまうのです。

 

ラブラブLINEには温度差が生じる

単純にそんな気分じゃないときにこんなテンションできても、疲れてしまう・・・と言うこともありますよね。

例えば、親と喧嘩して家の中はシリアスな状況・・・・。

そんなときに『私のこと、大好き?』なんて内容のLINEがきたら、『うるせー!今そんな気分じゃねー!』て気分にもなりますよね。

 

ラブラブLINEは、適切なタイミングで、時々やりとりをするのがいいでしょう。

例えば、幸せなデートの帰り道に送ったり・・・と、相手にとっても適切なタイミングがおすすめです。

 

仲良い高校生カップルはどんなLINEをしてる?

高校生カップル

今まで、LINEでの恋愛トラブルの原因をご紹介してきましたが、それでは、仲の良い高校生カップルはどのようなLINEをしているのでしょうか?

 

ここには、仲良くいられるヒントが多くありました。

チェックしていきましょう!

 

思いやりを持ったLINEをしている

LINEを送るときにちゃんと相手のことを思いやっているのが仲良しカップルの特徴です。

 

例えば、

  • 夜遅すぎる時間や、朝の早すぎる時間に送らないようにしたり
  • 相手が忙しそうにしていたら『お疲れさま』『大変だね』と一言かけてあげたり
  • 疲れているようだったら、LINEを手短にまとめたり
  • 自分の話ばっかりせずに、相手の話もちゃんと聞いてあげるようにしたり

友達だったらできることでも、恋人だと距離感の取り方がわからなくなって、つい無遠慮になってしまうこともあると思います。

 

しかし、そこで相手に対する思いやりを持ったLINEをできることが大切なんです。

 

思いやりを示すといい関係になれる。

思いやりを持ったLINEを送ると、相手からも同様に思いやりのこもったLINEが帰ってきます。

 

これが居心地の良いカップル関係を作り、辛いことを相談したり、楽しかったことを報告できるようなコミュニケーションも取れるようになり、結果、長続きできるということです。

 

こうゆうカップルは、最初が恋愛感情のピークではなく、どんどんお互いのことが大切になり、もっと好きになっていくことができます。

とってもいい関係ですよね♪

 

友達のようにお互い楽しめるLINEをしている

これは、思いやりに通づるところですが、相手をLINEで楽しませようとするのも仲良しカップルの秘訣です。

誰だって、相手と楽しい時を過ごしたいですよね。

笑って楽しみながらLINEをしたいと思います。

 

これが、意識をしなくともLINEを自然と続けることができる秘訣でしょう。

そんなに爆発的に面白い内容を送る必要はありませんが、友達同士でふざけたようなLINEも送りあい、考えすぎずに楽しみましょう。

 

友達のようなLINEが仲良しカップルの秘訣。

長続きするカップルは、カップルというより、友達のようにLINEのやりとりをしている人が多いのです。

  • デートの前の日の打ち合わせ
  • ちょっと面白いことがあったこと
  • 友達の笑える話

などなど、それほどお互いに気を遣ったり、好かれようと考えて会話していません。

 

もちろん、付き合いはじめはお互いに距離があり、気を遣い合うLINEになるでしょう。

ですが、少し自分から友達のようなLINEを送るようにすると、気持ちが楽になり、お互いに楽しむことができるようになります。

 

飾らない素の自分をちょっとずつ出して、自分から居心地のいい雰囲気を作っていくようにしましょう。

 

会うことを大切にしている

うまくいっているカップルは、あたり前のようですがLINEだけではなく、ちゃんと対面で会うことを大切にしています。

LINEは気軽に相手と繋がりを持てるツールで、これなしでは今の恋愛は成り立たないでしょう。

 

しかし、これはあくまでも文面。

相手の表情が見て取れ無いので、すれ違いをしてしまうことが多いのです。

先ほど、長続きする仲良しな高校生カップルはお友達のような内容のLINEのやりとりが多いとお伝えしましたが、それは対面でしっかり恋愛感情を伝え合っているからなんです。

 

対面でしっかりとお互いの気持ちを伝え合えていれば、過剰にLINEでラブラブメールを送りあって愛を確かめ合う必要もありませんし、それに伴うトラブルも回避できるというわけです。

 

高校生の恋愛でのLINEの使い方まとめ

今回は高校生の恋愛でのLINEの使いかたについてご紹介してきました。

恋愛において、コミュニケーションの頻度や内容に決まりはありません。

これはお互いがどう交流していきたいかによって変わって来るでしょう。

しかし、統計的にみて、長く仲良しカップルでい続けるためのLINEのコツは存在します。

今回は、多くのカップルが陥りがちなトラブルや、仲良しカップルの参考例を用いてご紹介してきました。

 

これらのことから言えることは、

  • 相手を思いやり、自分も楽しむこと
  • 誤解がないように、対面でのコミュニケーションを大切にすること

がカップルの仲良しの秘訣だということです。

 

このポイントを意識して行けば、頻度なんて気にすることなく居心地のいいLINEを送りあえる仲になれるはずです。

今回の内容を参考に、素敵な恋愛をしてくださいね♪

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です