髪の痛みに良いシャンプーと改善方法!

髪に良いシャンプー

アイロンやカラーで痛んだ髪に最適なシャンプーって何だろう?

そのように疑問を感じた事はないでしょうか?

 

この記事では、このように痛んだ髪に悩んでいる方の為に、痛んだ髪に最適なシャンプーをご紹介していきたいと思います。

前半では髪が痛む原因を細かく解説していきます。

後半では、今回のメインテーマでもある髪が痛んだ時に最適なシャンプーとはどういった物なのかを詳しく解説していきます。

髪が痛む原因とは?

気が付くと髪がゴワゴワ・パサパサなんて事はありませんか?

実は髪が痛む原因は意外にも身近なところにあったりします。

 

そこで、今から髪が痛む原因を細かくご紹介していきたいと思います。

原因を知る事で、髪をサラサラにする改善方法が見えてきますので、必ずチェックしていきましょう。

 

髪を雑に洗っている

髪が痛んでいる多くの人は、髪を雑に洗っている傾向になります。

髪を洗う時、当然ですが髪が濡れた状態にあります。

この髪が濡れた状態はキューティクルが剥がれている状態になっていますので、かなりデリケートになっているんですね。

 

つまり、髪を洗う時にゴシゴシと雑に洗っていれば膨れ上がったキューティクルは簡単に剥がれて髪が痛む原因になってしまうのです。

これはタオルドライのときも同じで、早く乾かしたいからと言って、力任せにタオルで擦っているとキューティクルがどんどん剥がれていきますので注意が必要です。

 

熱いお湯で髪を洗っている

高温のお湯を使って頭を洗っていると、さらにキューティクルが開きやすくなります。

結果、少しの刺激でも髪が痛みやすくなります。

 

また、高温のお湯はカラーが抜けやすくなるというデメリットもあるので、注意したいところ。

頭を洗う時には38℃くらいのぬるま湯で洗うようにしましょう。

 

ドライヤーを長い時間あてている

キューティクルは髪に弱いという性質があるので、ドライヤーを長時間あてて髪を乾かすという行為もやめておいた方が良いでしょう。

しかし、早く乾かしたいからと言ってドライヤーを近付けすぎるのもよくありません。

目安としては頭から15cm程度離した位置からドライヤーをあてる事をオススメしています。

 

自然乾燥している

『ドライヤーは髪が痛む原因になるから』『面倒だから』と言って自然乾燥している方はいませんか?

先ほど紹介したように髪は濡れているときが1番デリケートな状態になっています。

 

長時間髪が濡れたままになっているとキューティクルは開いた状態になってしまい、髪の内側にあったたんぱく質はどんどん外に流れ出てしまいます。

この状態のまま寝るとなると枕との摩擦でキューティクルは一気に傷ついてしまい、あっという間に髪の毛が痛んでしまいます。

 

カラーを頻繁に行なっている

髪が痛む原因と聞くと、真っ先にカラーリングを思い浮かべる方も多いかと思います。

カラーリングは入れた色を長時間キープするためにキューティクルを無理やり開き、髪の内側にある黒髪成分のメラニン色素を脱色して色を入れています。

当然キューティクルは剥がれてしまいますし、髪の内側にもダメージを与えることになるので、もちろん髪は痛んでしまう事は簡単に理解する事ができます。

 

パーマを頻繁にあてている

パーマはカラーリングと同じようにキューティクルを無理やり開きます。

そして、髪の内側にあるシスチン結合という部分を1度カットしてから理想の形に再結合しています。

 

シスチンはメラニン色素があるコルティックスよりもさらに奥にあるので、カラーリングよりも奥深くにダメージを与えることになり当然髪は痛んでしまいます。

へアアイロンやコテを使っている

先ほど紹介しましたが、髪を覆っているキューティクルは熱に弱い性質があります。

つまりヘアアイロンやコテを使っていれば当然髪を痛める原因になってしまうんですね。

 

特に高温のものを長時間あてていればあっという間に髪は痛んでしまうでしょう。

 

紫外線の影響

日本人の髪は黒色なので紫外線を吸収するメラニン色素がたくさんります。

なので、少しの紫外線を浴びる程度では、髪が痛むことはありません。

しかし、すでに髪の毛が痛んでいる場合には髪を守っているキューティクルが剥がれていたり、髪の内側のメラニン色素が少なくなっています。

 

なので、紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

また、長時間紫外線を浴び続ける場合には、ダメージが蓄積されて髪が痛んでしまう場合もありますので紫外線には要注意です。

 

髪をサラサラにする方法とは?

考える

では今から、髪をサラサラにする方法を解説していきたいと思います。

 

ヘアアイロンを頻繁に使わない

毎日のヘアアイロンやコテは欠かせない!という方もいるかもしれませんが、髪をサラサラにするには日にちをあけて使うようにしましょう。

また、高温で使っているとすぐに髪が痛んでしまうので、できるだけ低温で素早く終わらせるのがポイントです。

中には使うほど髪をサラサラにしてくれるアイロンやコテも販売されているので、どうしてもアイロンやコテが欠かせないという方はそのような商品を購入すると良いでしょう。

 

1日の髪の汚れは必ずその日に落とす

髪は寝ている間に育っています。

なので、髪に汗やほこりなどの汚れが付いたままになっていると、健康な髪を育てることができなくなってしまいます。

 

疲れていると髪を洗うのが面倒に感じてしまうこともあると思います。

ですが、1日の汚れは必ずその日のうちに完璧に落として清潔な状態で眠りにつきましょう。

 

ブラッシングを丁寧に行う

髪を整えるときにブラッシングは欠かせません。

普段は何気なくブラッシングをする時は、ついつい流れ作業のようになって適当になりがちです。

髪をサラサラにするのであれば、優しく丁寧が一番のポイントです。

 

順番としては、毛先の絡まりを優しくほどいてから、徐々に根元に向かってブラッシングをしていきます。

ブラシを頭皮に当てながらブラッシングすることで頭皮のマッサージにもなりますよ。

また、優しく丁寧にブラッシングするとキューティクルを整えることができますので、ブラシを通しただけでもサラサラな髪になります!

 

毎日のシャンプーを変える事で髪の痛みの改善

毎日使うシャンプーを使うだけで、簡単に髪質を変える事ができます。

シャンプーは髪や頭皮の汚れを落とすだけでなく、髪や頭皮に栄養を与える役割があります。

せっかく、髪を洗ってるんだったら、髪や頭皮に優しい成分が配合したシャンプーを使いたいですよね。

 

市販のシャンプーは危険!?

実は、市販のシャンプーはすごく危険なのってご存知ですか?

市販のシャンプーには界面活性剤と言われる成分が配合しています。

この界面活性剤は非常に洗浄力の強い成分で、本来、人間が保ちたい頭皮の油までも、全て綺麗に除去します。

頭皮についた皮脂が全て除去されますと、頭皮が乾燥します。

乾燥してしまいますと、頭皮バリアが除去されますので、頭皮が外的要因によってダメージを受けやすい状態になります。

 

そのようになってしまいますと、頭皮ニキビ、薄毛、抜け毛などの原因になりかねません。

できるだけで、市販のシャンプーではなく、100%天然成分が配合したオーガニックなシャンプーを使う事をオススメしています。

 

アミノ酸シャンプー

界面活性剤が配合されているシャンプーではなく、頭皮に優しいアミノ酸シャンプーを使うようにしましょう。

そうする事で、頭皮の血流も促進し、どんどん元気な髪が増えてきています。

 

ノンシリコンシャンプー

市販シャンプーはシリコンを使用したシャンプーが多いように思います。

シリコンが髪にくっつきますと、髪がキシむ原因になりますので、注意が必要です。

できるだけ、シャンプーは髪に優しいノンシリコンを使う事をオススメしています。

 

シャンプーのやり方次第で髪質改善

髪に良いシャンプー

シャンプーのやり方次第で、髪質って全然違ってきます。

今から正しいシャンプー方法を解説していきますので、是非チェックしてみてください。

 

シャンプー前にブラッシングをする

髪の毛は濡れた状態だと絡まりやすくなるので、最初に目の粗いブラシでブラッシングしておきます。

ブラッシングすることでホコリや古くなった角質を浮き上がらせる事ができるのです。

 

その結果、シャンプーで汚れを落としやすくすることができます。

 

ロングヘアの方は根元からブラッシングするのではなく、はじめは毛先をメインにブラッシングして徐々に中心部あたりへ移動していきます。

そして最終的に根元から毛先に向かってブラッシングをしていくと髪が絡まる確率も低くなります。

 

通りが悪いときにも無理にブラッシングするのではなく、優しく丁寧にしていきましょう。

プラスチックタイプのブラシだと静電気が起こりやすいので、木製のブラシがオススメですよ!

 

十分にすすぐ

シャンプーをする前に髪を濡らす方は多いかと思いますが、このときに十分にすすいでおくのはとても大切なことなのです。

というのも、この作業をするだけで髪についたホコリをなんと約70%以上も落とすことができるんです。

 

髪を濡らすというよりはホコリを洗い流すというイメージですね。

これをやるのとやらないのでは、髪の質感が全然変わってきます。

シャワーの方なら約2分程度を目安に十分にすすぎを行い、洗面器をお使いの方は10回程度を目安にすすぎを行いましょう!!

 

スタイリング剤を落としておく

ワックスやスプレーなど、スタイリング剤をつけているとシャンプーの泡立ちが悪くなるので、事前に落としておく必要があります。

シャンプーの泡立ちが悪くなりますと、必要以上に髪をこすり合わせてしまいます。

 

そのようになりますと、髪にダメージを与える原因になってしまいます。

少量のシャンプーを手に取って泡立ててから、髪に付着したスタイリング剤につけていきます。

そのまま優しく洗い流しておきましょう。

 

上を向いて洗う事

特にロングヘアの方は下を向いて髪を洗うこともあるかもしれません。

ですが、下を向くとキューティクルを逆なですることになるので、より多くの負担をかけることになってしまいます。

 

キューティクルが剥がれてしまえば髪がパサつく原因になってしまうので、できるだけ上を向いて洗うようにしましょう。

とても些細なことかもしれません。

ですが、小さなことでも意識して継続することで目に見える効果が現れてきますので!

 

丁寧に優しくシャンプーをする

まずはシャンプーを手に取り手のひらで泡立ててから髪に馴染ませていきましょう。

髪にシャンプーをつけた状態でしっかりと泡立つまで揉み洗いしていきます。

 

シャンプーが十分に泡立ったら次は指の腹を使ってゆっくりと頭皮を洗っていきます。

このとき、頭皮を力強く洗ったり爪を立てることがないように注意してくださいね。

 

おでこからつむじにかけて、耳の上からつむじにかけて、うなじからつむじにかけてと、部分部分でシャンプーするのがコツになります。

このようなイメージで下から上に向かって頭皮をマッサージする要領で洗っていきましょう。

 

髪の毛は毛穴から若干下向きに生えているので、下から上に向かって洗うことで、しっかりと毛穴まで洗い上げることができます。

シャンプーを使うときに髪の毛自体をごしごしと洗う必要はありません。

 

しっかりとすすぐ

シャンプー後、その汚れをしっかりとサッと洗い流して終わる方も多いかもしれませんが、シャンプーはしっかりと洗い流してください。

シャワーで洗い流すなら約3分、洗面器を使う場合には20回以上すすいでいきましょう。

シャンプーが残っているとフケやかゆみの原因になってしまうので、頭皮をマッサージしながら念入りにすすいでください。

 

元美容師の友達ありさがおすすめするシャンプー!

クイーンズバスルーム

管理人の友達のありさがおすすめするのが、クイーンズバスルームというシャンプー!

女性だけでなく男性から人気があるシャンプーで特にくせ毛やうねりが気になっている方がこぞって利用しています。

毎日のシャンプーを正しく行わないことで、乾燥を招いて髪がどんどんダメージを受けていきます。

それを防ぐものとして、髪の水分を蓄えるような仕組みを作りました。

 

今ならキャンペーン中で5日間お試しセットがなんと送料無料で1200円でご利用いただけます。

まずお試しで試していただき気に入ったら、本品を購入すると良いですね!!

 

 

まとめ

髪に良いシャンプー

いかがでしたでしょうか?

今回は髪の痛みに良いシャンプーをご紹介していきました。

 

この記事を参考に、是非、あなたの痛んだ髪を改善させていきましょう。

毎にのシャンプーとシャンプー方法を変えるだけで、本当に綺麗な髪になりますよ!

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です