鼻づまり解消方法!寝るときも子供の鼻づまりも一瞬で治る!!

鼻が詰まって苦しい、辛い・・・ということに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

鼻づまりによるストレスは尋常じゃなく早くスッキリさせたいと思っていることでしょう。

また、子供の鼻づまりがひどく、家でなんとかしてあげる方法はないかなとお探しの方もいるかもしれません。

 

そんな大人から子供までを悩ませる鼻づまりですが、ちゃんと正しい対処をすれば早期に解消することも可能です。

では、一体どのようにすれば鼻づまりをスッキリさせることができるのか?

 

正しい鼻づまりの解消法を知れば、寝るときも快適に過ごせて毎日が楽になることでしょう。

それでは早速、鼻づまりの原因から寝るときの鼻づまりの解消法までについて解説していきます!

 

鼻づまりとは?

考える

鼻づまりとは、文字通り鼻が詰まってしまう症状のこと。

これにより上手く鼻呼吸ができなくなり、酸素を取り込むために口で呼吸しなければいけなくなります。

 

実は、鼻呼吸には呼気を加温・加湿し喉や気管や肺が乾燥しないようにして風邪を引きにくくする役割があるのです。

それが鼻づまりによって口呼吸になると喉や気管が乾燥して雑菌などが繁殖し風邪を引きやすくなってしまうことに・・・。

 

その他、鼻づまりになると頭がボーっとして集中力が低下したり、睡眠中にイビキをかいて眠りが浅くなってしまいます。

このように、鼻づまりは呼吸を苦しくするだけでなく様々な悪影響を体に及ぼすこともあるのです。

実際に、鼻づまりに悩んでいる人は多く、ネットでも悲痛な叫びが上がっています・・・。

 

鼻づまりに悩んでいる人の声は?


このように鼻づまりに苦しんでいる人はたくさんいるようです。

鼻が詰まると自動的に口呼吸となり生活しにくくなって、旅行やイベントなども楽しめないという声も。

風邪などに比べれば症状は軽いものの、当の本人にとってはとても辛いことで少しでも早く治したいと皆さん思っているようです。

 

ただ、そんな鼻づまりにも原因があり、それを知らずに対策してもなかなか治らなかったりします。

そこで、なぜ鼻づまりという症状が起こってしまうのか原因をご説明していきます。

 

鼻づまりの原因は?

考える

鼻づまりといっても様々な原因によって症状が発生します。

なので、自分がどういった原因による鼻づまりになっているのかを確認してみてください。

 

その1:鼻腔の粘膜の腫れによる鼻づまり

まず、1つめに挙げられるのが鼻腔の粘膜の腫れによる鼻づまり

これは主に炎症やアレルギーによって鼻腔の粘膜の腫れが生じ、くしゃみや鼻水が出やすくなって鼻も詰まりやすくなるというもの。

 

こちらのタイプの鼻づまりは、

  • 鼻炎・副鼻腔炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 肥厚性鼻炎
  • 妊娠性鼻炎
  • 点鼻薬の常用による腫れ

などのような病気が原因で発生するので、直近にこれらの症状になった場合は病気が関係していると考えられます。

鼻腔の粘膜というのは非常にデリケートな部分ですので、腫れも引き起こしやすく厄介なのです。

 

また、水っぽい鼻水が出ている場合も上記のものによる鼻づまりだと判断できるので、一度確認してみてください。

 

その2:鼻汁による鼻づまり

鼻汁とは、鼻孔から出る粘液いわゆる鼻水のことをいい、この鼻汁が空気の通り道に溜まって塞ぐことでも鼻づまりは発生します。

鼻汁によって空気の通り道が狭くなると鼻の粘膜に腫れが生じ始め、どんどん鼻づまりも酷くなっていきます。

こちらも鼻の病気が関係しており鼻炎・副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などによって発生する確率が格段に上昇。

 

また、風邪を引いた時の鼻水は黄色や緑っぽくなったりしますが、そうしたドロッとした鼻水は鼻腔にも溜まりやすく鼻を詰まらせます。

風邪を引いた時にぼーっとしてしまうことがありますが、それは鼻づまりによるものだといえるのです。

 

その3:鼻の構造による鼻づまり

鼻づまりは、もともとの鼻の構造によっても引き起こりやすかったりします。

例えば、鼻中隔弯曲症といって鼻中隔という左右の鼻腔を隔てている壁がどちらかに湾曲していると空気の通りも悪くなり鼻が詰まりやすくなります。

 

また、鼻中隔の外側にある下鼻甲介という部分が分厚くなると空気の流れを妨害し詰まりを引き起こすことに。

その他、鼻腔内にポリープができた場合も鼻の通りを妨げて鼻づまりを発生させてしまいます。

もともとの鼻の構造によるものなので仕方がない部分もありますが、よく鼻づまりになる人はその分ケアが必要だということですね。

 

その4:できものによる鼻づまり

ポリープに近いものもありますが、鼻にもできものができてしまうことがあります。

例えば、副鼻腔という骨の中の粘膜や鼻粘膜が炎症で弱くなってしまうと粘膜が腫れて鼻茸というできものができてしまいます。

 

こうしてできたできものが鼻腔を塞ぎ鼻づまりとなるのです。

厄介なのが、鼻茸は点鼻薬などで解消することができず場合によって手術によって摘出しないといけないというところ。

ただ、呼吸がしにくいだけでなくなかなか鼻づまりが治らないという場合は、できものによるものだと考えてもいいかもしれません。

 

その5:異物による鼻づまり

可能性としては少ない方ですが、鼻に異物があることでも鼻づまりは発生します。

例えば、テッシュで鼻を掃除した時に切れ端が残っていたり、食事中にくしゃみをして米粒が鼻腔に入り込むことだってあります。

こうして、異物が鼻腔に残ったままだと空気が通りにくくなるだけでなく炎症の元となり鼻づまりの症状を悪化させてしまいます。

 

大人になれば少ないですが、幼児などはまだ鼻に異物が入っているという認識がないので注意が必要。

幼児は目に入ったものを口に入れてしまうクセがあるので、普段からちゃんと行動を見張っておくことが大切です。

 

このように、様々な原因によって発症する鼻づまり。

あなたもどれかに該当するものはあったでしょうか?

大人になっても発症しやすい鼻づまりですが、実は子供にも多い症状の1つでもあります。

 

しかも、子供の方が鼻づまりになりやすいと言われているのですが、それにも原因がありました。

 

子供は鼻づまりになりやすい?

鼻づまりに悩んでいる方の中には、子供がよく鼻づまりを引き起こす事が心配な方もいるでしょう。

実は、これにもちゃんと原因があって鼻の構造が関係しているといわれています。

 

鼻の奥に入っていくと一度壁のようなところにぶつかると思いますが、その部分をアデノイドといいます。

アデノイドは、鼻の一番奥の部分で口蓋の裏側に位置するところでもあり扁桃と同じリンパ組織。

まだ成長段階にある子どもはアデノイドの免疫が弱く、ちょっとしたウイルスの侵入によっても肥大してしまいます。

 

そして、腫れて肥大したアデノイドが空気の通り道を塞いでしまうことで鼻づまりを引き起こすのです。

これこそが子どもの鼻づまりとして一番多い原因だと言われており、多くの子どもにも発症しています。

 

なので、風邪の引きやすい時期には手洗いうがいを徹底させたり、マスクを着用させるなどしっかりとケアをしてあげないといけません。

 

そんな子供でも発症しやすい鼻づまりですが、一番悩みとして多いのが寝るときの鼻づまり。

やはり、鼻が詰まっていると快適に寝ることができず、日常生活にも支障をきたします。

では、寝るときの鼻づまりはどのようにして解消すればいいのか解消法をご紹介したいと思います!

 

寝るときの鼻づまり解消法は?

その1:湿度を上げる

鼻が詰まると口呼吸となり、喉や気管などが乾燥しやすくなり風邪を引き起こしてしまいます。

なので、加湿器を使用したり部屋で洗濯物を干したりして部屋の湿度を保つことが重要となります。

湿度が保たれた状態にいれば鼻づまりも自然と治るようになり、快適な睡眠にも繋がるでしょう。

 

部屋が乾燥していると感じた場合は、加湿にこだわり湿度を高く保てるようにしてみるといいです。

 

その2:枕を高くする

鼻の穴が上に向いた状態だと鼻水なども溜まりやすく鼻づまりの原因になりかねません。

なので、寝る時には少し枕を高くして鼻の通りを良くするようにしましょう。

 

ただし、あまりに枕を高くしすぎると喉が圧迫されて鼻づまりだけでなく呼吸自体が苦しくなってしまいます。

枕を高くする際は、クッションや折りたたんだタオル1枚くらいの高さにしておきましょう。

 

その3:蒸しタオルを使用する

蒸しタオルを使って鼻を温めるのも鼻づまり解消には効果的な方法です。

鼻が温まることで巡りが良くなり、鼻の通りもスーッと改善されていきます。

特に、寝る前にやれば体温も上がり心地よく眠りに付けるでしょう。

 

手軽にできる方法ですので、鼻づまりにお悩みの方はぜひ実践してみてください。

 

その4:寝る前に温かい飲み物を飲む

寝る前に温かい飲み物を飲むことでも鼻の通りが良くなり、鼻づまりが解消されます。

おすすめの飲み物としては白湯やホットミルクで、温かい飲み物による湯気が鼻を通ることで湿度が保たれ詰まりがなくなっていきます。

また、呼気などの乾燥も防ぐことができ健康維持にも繋がるので取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

体がポカポカ温まり自然と眠りにつけることでしょう。

 

その5:市販薬を使用する

鼻づまりによく効く市販薬として有名なのがヴィックスヴェポラップ

効果的な使い方としては、寝る前に30分前に使用すれば鼻づまりがなくなって快適に寝ることができるようです。

ただし、少しべたつくことがあるので多少の不快感もあるとの口コミも。

 

刺激も少し強めなので、あまり使いすぎないように注意してください。

 

その6:玉ねぎを使う

実は、玉ねぎには鼻づまり解消の効果があるということをご存知でしたでしょうか?

玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分が鼻づまりをスーッと楽にしてくれるだけでなく、喉の殺菌効果もあるので風邪を引きにくくしてくれます。

玉ねぎを使用する場合は、枕元に置いたりタオルケットに玉ねぎのスライスを挟んで枕の下に置くと効果的です。

 

まとめ

今回は、鼻づまりの原因から寝るときの鼻づまりの解消法までについて解説してきました。

子供から大人まで幅広い人を悩ませる鼻づまりには様々な原因があり、それに合った解消法を実践することが何よりも大事だということでしたね!

あなたもひどい鼻づまりに悩んでいるなら今回ご紹介した方法を実践して、イヤな鼻づまりを解消させていきましょう。

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です