乾燥肌は食べ物で改善できる?即効性を求めるなら断然これ

いつまでも美しくいられるために、カラダだけでなくお肌の健康も保っていたいところですよね。

そな健康を保ってるのは、あなたの毎日の生活習慣。

お肌であればスキンケア。

どちらも欠かせないものではあるものの、よりお肌の健康を保つためには『食べ物』を意識する必要があります。

だって、食べ物は毎日摂取するものですし、あなたのカラダやお肌は食べ物からの栄養によって作られるのですから。

 

しかし、そんな毎日の習慣や環境に伴う原因によって『乾燥肌』が起きてしまうんです。

乾燥肌が起きてしまうと、あなたの見た目はもちろん、多くのトラブルを抱えることになっていまします。

 

だからこそ、乾燥肌はできるだけ早い段階で、できるだけ身近なもので解消していくべき。

そこで今回は、乾燥肌に効く即効性のある食べ物で改善する方法をご紹介していきます!

食べ物だからこそ乾燥肌に即効性を持ち、改善しやすいんです。

 

乾燥肌ってどんな状態?

そもそも『お肌が乾燥している』とは、一体どんな状態を指すのでしょうか?

まずは、健康で潤いのあるお肌と比較してみるとわかりやすいかと思います。

健康で潤いのあるお肌は、お肌そのものの機能が保たれ表皮の角層内の成分によってお肌が乾燥から守られています。

そして、紫外線や日常生活に伴う摩擦などの外部刺激や、花粉などのアレルゲンなどからお肌を守るといった『バリア機能』が保たれた上で、お肌内部の水分が十分に保たれているのです。

 

この『潤いある健康なお肌』である状態は、角層の水分が20~30%程度であり、乾燥がなく保湿されている状態であるということ。

 

逆に、この『角層内の水分が20%未満になった状態』を乾燥肌と呼ぶわけです。

  1. 皮脂膜
  2. NMF(天然保湿因子)
  3. 細胞間脂質

そしてこの、お肌の3大要素でもある機能そのものが、どれかひとつでも破綻してしまうことによって、バリア機能が低下するばかりか、お肌を正常に保つターンオーバーが乱れていく状態になっていきます。

 

この状態が続いてしまい、あなたの肌質そのものになってしまうことによって完全なる『乾燥肌=ドライスキン』が定着してしまうのです。

 

もともと『脂性肌』だかと言って乾燥肌にならないとは限りませんし、毎日完璧なスキンケアや生活習慣をしているつもりでも乾燥肌は起こってきます。

乾燥肌の改善には、まずその原因を突き止めることが大切であり、カラダの外側からだけではなく内側にも目を向けていく必要があるのです。

 

乾燥肌になる15の原因

おすすめ

表皮組織の減少

お肌の表面にある『表皮』には、『皮脂』と『皮脂膜』があります。

皮脂膜は、お肌の表面で油膜を張ることで、水分の蒸発を自然と防ぎ、必要な角質を保持してくれることから、お肌の弾力性の維持などに役立っています。

しかし、以下に挙げるような原因から皮脂腺から分泌される皮脂の量が減ると、皮脂膜も減っていくのです。

 

このことによって、お肌の水分が蒸発しやすい状態となり、乾燥しやすい状態になってしまいます。

特に女性は、男性よりも皮脂腺の数が少ないため乾燥肌になりやすいばかりか、目立つ目元や口元には皮脂膜の数が少ないためさらに悪循環に陥ることに。

 

天然保湿成分NMFの減少

天然保湿成分である『NMF』はお肌の角質細胞内にあります。

  • アミノ酸
  • 尿素
  • クエン酸

を主成分として構成され、角質層内で水分を吸着しながら保持してくれるので、保湿力があり柔軟性と弾力性を発揮してくれるのです。

このNMFは、お肌の水分保持力の約18%を占めるため、含まれる成分が減少することでお肌は乾燥しやすくなるといえます。

 

角質細胞間脂質の減少

お肌の組織の中には『角質細胞間脂質』というものがあり、お肌の油分となる部分でバリア機能に重要な役割を担っています。

角質細胞間脂質は『セラミド』という有名な成分が約半分以上を占めています。

その他の部分には、遊離脂肪酸やコレステロールが含まれています。

 

よく化粧品に含まれている成分ですが、なぜそこまで重要視されているのかというと、セラミドを含む細胞間脂質は約80%も保湿機能に関わっているとされているためなんです。

そのため、お肌を乾燥から守る水分保持には欠かせない成分であるといえるのです。

その成分が減少すれば当然、お肌は乾燥していくことになりますよね。

 

このようなお肌の3大要素とも言われる成分が減少することによって、バリア機能が低下し水分保持ができないためにお肌が乾燥していくことになるのです。

 

ではさらに、このような原因を作ってしまうものとは一体何なのでしょうか?

 

そもそも保湿ケアをしていない

お肌はあなたが思っている以上に弱いです。

これからご紹介する様々な要因に左右され、その機能を脅かされます。

ですから、そもそもスキンケア対策をしていない事自体、脆弱な状態を招きやすく乾燥肌になりやすいといえます。

だからこそ、早い段階でスキンケアを行っていない人は、年齢を重ねてから一気に見た目に現れてくるわけです。

 

紫外線

紫外線を浴びることによって肌の炎症や、メラニン色素が過剰に生成され、肌表面に色素沈着を起こします

何より、肌の一番外側にある角質層はストレートに紫外線のダメージを受け、皮膚のバリア機能を低下させてしまうのです。

例え紫外線は微量であっても、長い間浴びるとお肌は防御のために角質を厚くしようとはたらきます。

その結果、角質肥厚が進んで乾燥肌になるのです。

 

睡眠不足

人間は睡眠中に多くの機能を回復・成長させる機能を持っています。

お肌も同じで、特に22〜2時頃には成長ホルモンが多く分泌されるため、この時間帯での睡眠を逃すことでもお肌の機能を低下させてしまうリスクがあります。

また、睡眠時間そのものが少ないと、こうした機能も低下していくことになりますし、カラダ本来の機能が全体的に低下していくことに。

このような状態が続くことによって、お肌の機能も低下し、乾燥肌になりやすい状態になってしまうんですね。

 

生理前

女性には生理があり、排卵の有無によってホルモンバランスの変調を招きます。

そのことによって、お肌にも影響を及ぼすんですね。

実際に、生理前や排卵後は『エストロゲン』が減り『プロゲステロン』が強く働きかけます。

 

そのことによって、皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすい状態を体験する人も多いでしょう。

同時に、シミができやすい時期でもあります。

こうして皮膚のバリア機能が低下していくことによって、乾燥肌になりやすいといえるのです。

 

ストレス

疲労や不満・不安はストレスを溜め込みます。

ストレスによってカラダ本来の機能である自律神経を乱すことになり、お肌に重要な血行や腸の働きが低下し肌トラブルを起こしやすい状態にしてしまうのです。

 

また、女性の場合は特に生理などに伴うホルモンバランスの変調も助長して、お肌のターンオーバーにも影響を及ぼします。

このことによって、お肌は脆弱な状態になりやすく、乾燥肌のリスクを高めていくのです。

 

加齢

人は年齢と共にカラダの機能が低下していくものです。

ですから、前述したようなお肌の3大要素も低下していくことに。

そのため、何もしないでおくと自然とバリア機能は低下していくことになるのです。

 

また、前述したような『ホルモン』も大きく影響していきます。

実際に、25歳から30歳をピークに女性ホルモンであるエストロゲンもプロゲステロンも自然と減少てしまいます。

 

特に、更年期であり、50歳前後に閉経を迎えた後は、女性ホルモン量が激減。

すると、コラーゲンの生成量も大きく減ってしまうのです。

 

そのため、表皮だけでなく真皮も弾力性を失って、お肌全体が薄くなってしまいます。

これが、さらなる乾燥肌の原因になるのです。

 

入浴

お肌が濡れることによって、その水分とともにお肌の水分も蒸発しやすくなります。

入浴後30分前後で、入浴前より乾燥しやすい状態となりお肌が傷つきやすいんです。

 

摩擦

また、洗顔時に起きる『摩擦』や、シャワーによる『熱』にとても弱い。

そもそも摩擦や熱によるダメージを受けやすい状態で、水分の蒸発が起きてくることが悪循環なのです。

また、42度以上の高温の湯は肌から必要な脂質を奪い、バリア機能を低下させることも分かっているんです。

 

化粧水・美容液のつけすぎ

これを防ぐために基礎化粧品を使用するのですが、この時もただつければ良いというわけではありません。

むしろ、つければ付けるほど前述したような水分が蒸発しやすい状態となるばかりか、そのアイテムの成分自体が刺激になってしまうことも。

間違った使用方法や、アイテムの選定によってお肌は乾燥しダメージを受けやすい状態になってしまうのです。

 

外気の影響

おは外気の影響も受けやすいです。

空気が乾燥していれば乾燥肌になりやすいですし、そのことによってお肌の水分も奪われてしまいます

お肌にとって良くないのは、空気の乾燥に加え『温度差』による刺激にもありますので、極端な温度になりやすい時期は特に注意が必要ということ。

 

タバコ・飲酒

喫煙は血流を悪くしお肌に必要な栄養運搬の機能を低下させます。

また、ビタミンCも消費されてしまうのでお肌の乾燥を招くことに。

また、飲酒に伴うアルコールの浸透によって利尿も促されるため、水分が失われやすい状態になってしまうのです。

お肌を見ただけでも、喫煙者や過剰飲酒の習慣がある方は結構わかるものです。

 

食生活

そもそもお肌の栄養は食べ物からきています。

偏食や栄養不足はお肌の状態に大きく影響していきます。

 

水分栄養摂取が不足していればお肌のハリやツヤも衰えていきますし、栄養の偏りによって『必須脂肪酸』や『カロテン(ビタミンA前駆体)』などの栄養素が不足することも、肌トラブルの原因となります。

特にビタミンB群は、肌のターンオーバーを正常に保つ働きがあり、不足するとターンオーバーが乱れバリア機能低下につながります

 

乾燥肌は全てのトラブルの根源!

頭を抱える

このような原因によって乾燥肌になってしまうのですが、乾燥肌になってしまうことで多くのデメリットがあります。

  • 鱗屑(りんせつ):乾燥によって角質層の結合力が低下し白い粉を拭く
  • 肌荒れ・かゆみ・発赤:外部刺激に弱くなりターンオーバーが早くなりすぎて悪循環に
  • 角質肥厚:ターンオーバーの早まりによってさらなる乾燥を招く(インナードライ)
  • にきび:皮脂の過剰分泌によるアクネ菌の増殖
  • くすみ:透明感や潤いが失われることで暗く見える
  • しわ・たるみ:ハリの低下による助長
  • 毛穴:皮脂の過剰分泌による毛穴の広がり・黒ずみ
  • シミ:メラノサイトの刺激・貯留
  • 乾皮症:角質の剥がれ・ひび割れ・炎症による痛み

乾燥肌が原因でこれだけのことが起こります。

よくよく見てみると、これってお肌のトラブルや悩みそのものではありませんか?

 

そうなんです。

乾燥肌によるバリア機能の低下こそが、お肌トラブル全ての原因に直結し、その見た目をも乱していくのです。

だからこそ、スキンケアの基本は『乾燥肌対策から』というわけなんです。

 

乾燥肌の原因は、あなたの生活習慣そのものにあります。

そこで、基礎化粧品の適切な使用に加え、あなたのお肌に直接影響を与える食べ物を改善していくことが効果的なんです。

食べ物から得られる栄養こそがお肌を作り、内側から根本的に強くする。

あなたの食べ物を意識し変えていくことでより効果を実感できるのです。

 

乾燥肌に効く!即効性のある食べ物

乾燥肌に『即効性』のある食べ物があるのは確かなのですが、ということは逆に『お肌に良くない食べ物』もあるということ。

言ってしまえば『お肌に良くない食べ物』も知っておけば、日常生活の中でよりお肌を健康に保ちやすくなるということ。

まずはそのことを念頭に、お肌に良くない食べ物を確認しておいてください。

 

お肌の乾燥を招く食べ物

 

コーヒー・清涼飲料水

コーヒーに多く含まれるカフェインには、体を冷やす働きがあるとも言われています。

カラダが冷えると代謝が低下していくため、ターンオーバーの機能も低下していくことに。

この悪循環によってお肌は乾燥しやすい状態に傾いていきます。

 

カフェインが多い飲み物は他にもコーラなどの清涼飲料水や緑茶・紅茶などにも含まれています。

そしてカフェインには、利尿を促す働きがあるとされ、過剰に水分が排出されることで体も肌も水分が不足し乾燥しやすくなると考えられています。

気分転換程度に留め、過剰摂取は控えるようにしましょう。

 

ファーストフード・スナック菓子・漬物・インスタント食品

これらに共通しているものは“塩分が多い”ということ。

私たちのからだには、血液中の『塩分=ナトリウム』濃度を一定に保つ機能が備わっています。

ナトリウム濃度が低下すれば腎臓で再吸収し、反対に濃度が高くなれば腎臓から排出する機能です。

で、この『塩分過多』な状態は『肌を乾燥させる』ことで知られています。

 

その最大の理由は『濃度=浸透圧』による影響です。

ヒトの細胞の膜は、水は通しますが一定以上の大きさの分子は通さない機能を持っています。

塩分を多く摂り、血管の中や細胞の周囲のナトリウムの濃度が高くなると、それを薄めようとして水分は濃度の高いほうに引き寄せられます。

これにより、細胞から水分が奪われて乾燥肌になってしまうのです。

 

また、糖分や脂肪分もこのことを助長しますので、甘いものも含めて食べ過ぎはよくありません。

 

アイス・冷たい飲料水

前述したように、カラダを冷やすこと自体がお肌にとっては良くありません。

理由は同様ですが、夏場などにおいても食べ過ぎは良くありませんし、こうした食べ物は糖分も多いので注意が必要です。

 

まずはこのような食べ物の習慣をなくすことだけでも、お肌にとってはかなりプラスになることは間違いありません。

ここからご紹介する、乾燥肌に即効性のある食べ物を取り入れれば、さらにその効果は上がっていくと考えられます。

 

【最強】みそ汁や青菜・寄せ鍋

乾燥肌に良い栄養素としては主に以下のものが挙げられます。。

  • たんぱく質・コラーゲン
  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • セラミド
  • α-リノレン酸
  • 亜鉛
  • 鉄分

これらの成分を摂取することが出来れば、お肌の乾燥を予防することができるとともに、現在乾燥しているお肌を潤すサポートにもなります。

で、これらの成分を一度に摂取できるのが『味噌汁』『寄せ鍋』だということ。

 

ご想像の通り、これらの食べ物は言ってえしまえば『何を入れても成立する』食べ物です。

野菜はもちろん、肉類や魚、大豆系の食品が自然と取り入れることができますよね。

また、煮込んだスープにはその成分が豊富に含まれており、一切無駄のない食べ物になるわけです。

当然、塩分やカロリー過多には注意が必要です。

 

緑黄色野菜

緑黄色野菜にはビタミンはもちろん、βカロテン(ビタミンA)が豊富。

  • にんじん
  • かぼちゃ
  • ほうれん草
  • トマト
  • ピーマン

かぼちゃには亜鉛だって含まれていますし、これらの食材を意識するだけでお肌の乾燥に効果を発揮することでしょう。

 

納豆

納豆には植物性のたんぱく質が豊富に含まており、その他にもビタミン類も豊富

また、ナットウキナーゼは血流を良くしてお肌に必要な栄養素を届けてくれます。

1日1パックでも摂取することが出来ればかなり効果のある食べ物だと言えるのです。

 

アボガド・アーモンド

アボガドは『森のバター』と言われ、ビタミンA・B群・C・Eと一度で多くのビタミンを摂取することができます。

また、皮脂を構成している『脂肪酸』で最も多く含有しているオレイン酸を豊富に含んでいます。

そして、アーモンドにもオレイン酸が豊富に含まれている上に、ビタミン・ミネラル・ビタミンEと抗酸化作用を保ちながら乾燥に効く成分が多く含まれているのです。

 

青魚・貝類

イワシ・アジ・サバなどには不飽和脂肪酸のDHA・EPAといった血液をさらさらにしてくれ、お肌の調子も整えてくれる作用があります。

そのことによって血行が良くなるため、全身に栄養を行き渡らせることができるようになるため、乾燥肌の改善へとつながるのです。

また貝類においては、アミノ酸やミネラル・ビタミンが豊富に含まれているものが多いため、こうした海産物を取り入れることはかなりお肌に良いとされています。

 

レバー

レバーにはタンパク質はもちろん、ビタミンA・B群・鉄分・葉酸・亜鉛などを始め、ビオチンが含まれています。

不足しがちなこれらの成分を補給し新陳代謝を促すことによって乾燥肌に効果を持たせることが可能になるのです。

 

こんにゃく

こんにゃくは低カロリーで食物繊維が豊富なイメージが強いですが、保湿に役立つ『セラミド』も豊富に含まれています。

上記のような食べ物と一緒に摂取することでより効果的に乾燥肌に働きかけてくれるでしょう。

 

卵にもたんぱく質を始め、ビタミン類が豊富で『完全食品』なんて呼ばれています。

それだけこれ一つで多くの栄養を摂取することができるということ。

どんな食事にも合わせやすく、レパートリーも豊富なので摂取しやすい食べ物です。

 

乾燥肌に効く即効性のある食べ物のまとめ

乾燥肌であるだけで、スキントラブルを起こしやすい状態です。

前述したように、多くのリスクを抱え、全てのトラブルの原因になります。

乾燥肌さえ整えることができれば、あなたの毎日のケアがより効果を発揮することになりますし、より美しくなれるとうこと。

そのためには、カラダの内側からお肌を作り上げ、毎日の生活に欠かせない『食事』を改善していくことが必要なのです。

乾燥肌にお悩みの方はぜひ、食べ物から改善してみたはいかがでしょうか?

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です