朝起きた時の口の臭い(口臭)の原因や劇的改善方法

あなたは、

『臭い・・・』

朝からそんなことを恋人や家族から言われたことありませんか?

さすがにいう人は少ないかもしれませんが、実は心ではそう思っているかもしれません。

 

『息はほぼ顔』とも言われる時代。

あなたの息が臭かった場合はそれだけで、相手にとってかなりの不快感をばらまいていることになります。

 

もしかしたらあなたの営業成績がよくなかったり、家族や友達、職場の人の様子が少し違っているのは息が臭いからかもしれません。

大切な人間関係を壊さないためにも口臭に気をつけるのがエチケット。

今すぐにできる対策から始めましょう。

 

この記事では朝起きた時の口臭の原因と合わせて劇的な改善方法をご紹介します。

 

口臭は臭いの中でも一番気になるもの

口臭

引用元:http://www.glico.co.jp/

こちらは江崎グリコが統計をとっている臭いに関するアンケート結果です。

口臭は自他共に気になる臭いとして1位。

それだけ多くの人が気になっていることがわかります。

 

約8割の人は人がいる場所で口臭がするのは迷惑と感じている一方で、他人の口臭を指摘するのはなかなかできないということもわかっていますので、二重で迷惑をかけていることになります。

 

人間関係にも影響を及ぼしてしまう可能性のある危険な口臭ですが、一体その原因はなんなのでしょうか?

続いては口臭の3つの原因をお伝えしていきます。

改善はかるためには原因の正しい理解が欠かせません。

まずは原因を理解することから始めましょう。

 

朝起きた時の口の臭い(口臭)の原因

朝の口臭は口臭の原因になる物質ができてしまって起こります。

それは元から口の中にある細菌が口の中でタンパク質を分解し、口臭の原因物質を作るからです。

 

口臭の原因になる物質は卵の腐った臭いがする揮発性硫黄化合物、魚などが腐ったような臭いがするメチルメルカプタン、そして、生ゴミのような臭いのジメチルサルファイド。

これらの物質が混じって起こりますので、それだけで臭くなるのは当然です。

 

では、なぜ朝起きた時に口臭がするのでしょうか?

 

乾燥

朝起きた時の口臭の原因の1つが乾燥です。

睡眠時は唾液が少なくなるのですが、それによって口の中が乾燥して細菌が増加します。細菌が増殖するのは食べかす、舌についた汚れなどです。

汚れを分解して寝ている間に口臭の元を作り出すことで、口臭が発生してしまうんです。

 

唾液量の減少

乾燥はそもそも唾液の量が減少することによって起こります。

唾液には実に様々な役割があり、

  • 洗浄作用
  • 抗菌作用
  • 粘膜の保護作用

などがあり乾燥を防いてくれるのです。

 

起きている時は口の中の細菌は絶えず唾液によって掃除されたり、殺菌されているのですが、寝ている間は唾液の量が減ってしまうため、細菌が増えて活発になり、起きた時には口臭がひどい状態になるのです。

 

唾液の流れの悪化

寝ている間は起きているときに比べて口が動くことがありません。

口を動かすことで唾液も口の中を動くのでそれによって、細菌を流して殺菌してくれることになります。

逆に動きが止まれば口の中がネバネバしてくるのでそれによって口臭の原因になるのです。

 

寝起きの口臭は口の中の細菌の量によって影響されるので、できるだけ朝起きたときの細菌の量を減らすのが大切と言えるでしょう。

様々な角度から口の臭いの予防方法と改善方法をお伝えしていきますので、ぜひ取り入れてみて下さい。

 

朝起きた時の口の臭い(口臭)の予防・改善方法

おすすめ

朝起きたときの口の臭いを改善するためには様々な方法がありますので、それぞれご紹介していきます。

19の方法を用意しましたので、それぞれ取り入れて朝起きた時の嫌な口の臭いを撃退しましょう。

できるだけ多くの方法を取りれてみて下さい。

 

歯磨き

歯磨きを徹底しましょう。

寝る前に歯磨きをしっかりして細菌の量を減らすことが大切です。丁寧に歯磨きをして洗い流しましょう。

時間としてはできれば10分、難しくても5分以上は行うようにしましょう。

 

必要な方は歯間ブラシを使ったりしてより細かく歯のケア、口の中のケアをしてあげることが肝心です。

歯ブラシでは取れない食べかすもきれいにすることができます。食べかすは口臭にとって大敵です。

 

もちろん次の朝起きてすぐに歯磨きすることも大切です。

 

歯磨きの後にマウスウォッシュ

口の中をさっぱりさせるマウスウォッシュですが、前提としてしっかりと歯磨きをするのが大切です。

歯を綺麗にしてから使えば、より効果があります。

 

より効果があるといっても10分ほどの効果であり、そのあとは唾液によって成分が流されてしまいます。

ただ、その間に細菌の増殖を防ぐことができますので、一時的に口臭を防止する効果があります。

 

重曹うがいをする

口臭は細菌の増加によってお口の中が酸性になっていると臭いが発生してしまいます。

例えば食後3時間後は唾液の量が減り口の中が酸性になっていることがわかっています。

重曹は弱アルカリ性であるため、うがいをすることによって中和して酸化した状態をアルカリ性の方向にしてくれます。

特に就寝前のうがいが効果的ですので、寝る前に行いましょう。効果的です。

 

朝ごはんを食べる

朝ごはんを食べることは唾液の分泌に繋がります。つまりそれによって、細菌が流される事に繋がるということ。

朝ごはんを食べないまま出かけてしまうと細菌が多い状態になり兼ねません。

 

唾液の分泌を増やす

ガムを噛んで唾液の分泌を促すことも大切です。特にキシリトールのガムは白樺(しらかば)や樫の木から取れる天然の甘味料で虫歯予防にも効果があるとされています。

キシリトールガムを噛んで唾液を多く出すことで、口の中の乾燥を防ぎ、口臭対策をすることができます。

キシリトールガムであれば虫歯になる心配もありませんので、歯磨きの後に噛むことができます。

 

それ以外にも舌を動かすことも唾液の分泌を促進できます。乾燥を防ぐといった点では飲み物をとることもおすすめです。

 

洗顔時にマッサージする

唾液腺は

  • 耳下
  • 顎下
  • 舌下

に大きな唾液腺があり、それ以外にも多数の唾液線が存在します。

 

大きな唾液腺である顎の下にある舌下腺や耳の前にある耳下腺に刺激を与えて、簡単に唾液をより多く分泌させる事ができます。

朝、洗顔といっしょに唾液腺をマッサージするように刺激を与えれば唾液を出すことができるので、唾液を分泌されることができ、それによって乾燥を防ぎ口臭対策をすることができます。

 

寝る前に水分をとる

寝る前に水分をとる事で乾燥によって口臭が起こるのを軽減してくれます。

口の中が潤ったり、唾液が分泌されるので口臭を防ぐ効果を発揮してくれるんです。

 

舌を清潔に保つ

歯磨きの盲点は舌のブラシをしないということ。舌専用のブラシも最近ではあって、ケアする人も増えています。

舌が白くなっていると口臭の原因になります。

 

舌苔(ぜつたい)と呼ばれる舌の白さの原因ですが、食べかすや剥がれ落ちた細胞に細菌が集まってできた塊です。

想像するとちょっと怖いですよね・・・

しっかりとケアすることが肝心です。

 

規則正しい生活

規則正しい生活をするのが重要なのは不規則な生活を考えるとわかってきます。

不規則な生活をおくるとそれだけ、唾液の分泌が悪くなるのです。

食生活の乱れを防ぎ、バランスのいい食事を心がけるだけでなく、質のいい睡眠を心がけましょう。

 

ストレス発散

ストレスを抱えているとそれだけ、口が乾きやすくなります。

ドライマウスと言われる状態になると、日中でさえ口が乾くので注意が必要です。

 

日中ももちろんですが、寝る前にも水を飲むなどドライマウスの状態を少しでも改善することが大切と言えるでしょう。

ストレスを発散するために友人と遊びにいったり、趣味に没頭する時間を作る以外にも、アロマを炊いてリラックスする時間を作りましょう。

 

睡眠環境を整える

ストレスと密接な関係がある唾液の分泌。

寝る前にストレッチをしてリラックスしたり、先ほどもお伝えした通りアロマを炊いたり、それ以外にも寝具を整えたり、室温、湿度など睡眠の質をあげられるように様々な工夫を施しましょう。

リラックスした状態でスッキリと睡眠に入れるようにすることが大切です。

 

虫歯を処置する

虫歯は細菌の温床になってしまいます。唾液の分泌が減ってしまう睡眠のときに活発になるので注意が必要です。

それ以外にも、歯周病も同様です。口臭の原因の実に8割が歯周病と言われていますので、ケアが必要です。細菌を減らすためにも虫歯の処置をしっかり行いましょう。

 

親知らずを抜く

食べ物の残りカスがつきやすい親知らず周り。それによって細菌が多数繁殖してしまい、歯周病の原因になったり、虫歯になりやすい環境を作ってしまう原因になります。

細菌が多数発生してしまうことによって、口臭が発生しやすくなるので、できるだけ早めに対処した方がいいと言えるでしょう。

 

口呼吸の改善

口呼吸になっていると、口の中が乾き、口臭を発生させてしまいます。

アレルギー性鼻炎など鼻にトラブルがあると口呼吸になりやすくなってしまいますので、まずはそちらのトラブルを改善するようにしましょう。

 

マスクをして寝る

寝ているときに口呼吸になってしまう方は特に、口の中が乾燥して口臭の原因になります。

寝ているときにマスクをつけていると、マスクの中で湿度を保つこともできますので、結果として口の中の乾燥を防ぐこともできます。

乾燥を防ぐことができればそれだけ細菌の繁殖を抑えることに繋がります。

 

タバコを控える

タバコに含まれるニコチンは、歯周病を悪化させてしまいます。さらに、歯にヤニがつくと口臭が悪化する要因になります。

ヤニは外見でも悪い影響があり、いい印象ではありません。禁煙が過度なストレスになってしまってはいけませんが、できるだけ控えたりやめた方が懸命でしょう。

 

お酒を控える

お酒もタバコと同じです。アルコールが分解されるときに、体内の水分がたくさん使われています。

お酒を飲んだあと喉が渇くのは、体内の水分量が少なくなるからです。すると、当然唾液の分泌も減ります。晩酌をする人は特に口臭に注意しましょう。

 

寝ている間に水分が不足してしまうのでアルコールを摂取した当日と翌日は、水分摂取を多めにするように心がけましょう。

 

前日の食べ物や飲み物に気をつける

実は口臭の原因は臭いが強烈な食べ物かもしれません。

キムチやニンニクなど臭いが強いものを食べると胃からくる口臭の原因になります。

それ以外にもアルコールが胃からくる口臭の原因になるケースもありますので、すでにお伝えしている通り注意が必要です。

 

口臭対策アイテムを使う

最近では様々な口臭対策アイテムが登場してますが、注目されているものの1つに息ピュアがあります。

フィトンチッド効果と呼ばれる、樹木が悪臭成分を包み込んでしまう性質を利用して無臭状態を生み出すことができるものです。

様々な樹木の葉っぱが使われていてそれを独自でブレンドしているので、様々な臭いに対応てきるようになっているのがポイントとなっています。

 

森の中で動物が死んでも臭いがしないのは樹木たちの消臭効果があったからというわけなんですね。

口臭にお悩みで素早く解決したい方は価格もお試しで980円(税抜)と安いのでぜひ試してみて下さい。

>> 息ピュアで口臭解決!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

口臭の原因になるものはシンプルですが、予防法や改善方法はたくさんあります。

 

朝の口臭に悩んでいる方はぜひ実践してみて下さい。

もちろん全てを実践するのは難しいかもしれませんが、1つ1つ改善方法を実践していくことで効果を得られるでしょう。

 

また、常に口の中を清潔にしておく意識も大切です。細菌の増加を防いで唾液の分泌量を増やすことによって、口臭の発生を防ぐようにしましょう。

 

寝起きの口臭は誰にでも起こる可能性があります。

もし、口臭がひどすぎる場合は病気の可能性も考えられますので、病院にかかるようにしましょう。

口の中の病気以外にも鼻などの病気である可能性もあります。

 

口の中の病気では、歯周病などはあまり危機感を感じにくいですが、場合によっては心筋梗塞などの病気の原因にもなる可能性がある怖い病気です。

しっかりと治療対策をして人と笑顔で話せる状況になれることを願っています。

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です