痩せたいけど食べてしまう原因やおすすめダイエット方法

痩せたいけど食べてしまう原因やおすすめダイエット方法

『痩せたいとは思ってはいるんだけれど食べてしまう・・・』

ダイエットで失敗してしまう一番の原因は食欲ですよね。

 

最初は上手に体重が減ってきていても、食欲が止まらずにどか食いをしてしまい、結局はリバウンドしてしまった経験を持っている人もいると思います。

食欲は人間3大欲求の一つとなっているので、抑え込むのは簡単なことではありません。

 

その状態で痩せるためには、食べたい欲求が出る原因を知っておく必要があります。

この記事では、痩せたいけど食べてしまう原因やおすすめのダイエット方法についてお伝えしています。

スポンサーリンク

痩せたい!けど食欲が止まらない

今よりも体重を落として、もっとスリム体型になりたいとダイエットに挑戦はしても食欲に打ち勝つことができず、結局食べてしまい、体重が元に戻ったり、リバウンドしてしまうことがありますよね。

それに、ダイエット中の時に限って友達からビュッフェや飲み会に誘われて、ついつい食べてしまう事も・・・。

 

『食事は栄養を摂取するもの』と割り切ることができたら良いですが、そう思うのは簡単なことではありません。

ダイエットに集中しすぎるあまり、食べることを我慢しすぎると食事がストレスになってしまい体に悪影響となってしまいます。

 

それに、ダイエットを始めた時に限って、普段以上に食欲を感じてしまうことがあると思います。

なぜ、自分では痩せたいと思っているにも関わらず食べてしまうのでしょうか。

まずは、食欲が沸き起こる原因を理解しておきましょう。

 

それって本物の食欲ですか?!

食欲には本物と偽物があることをご存知ですか?

本来食欲とは、血糖値が低下して体脂肪を分解してエネルギーを作り出した際に生まれる遊離脂肪酸が血液中に増えることで感じるものです。

 

要は、体が栄養素を必要になった時に感じる空腹感こそが本物の食欲となります。

それ以外で沸き起こる食欲は偽物となります。

 

とはいえ、自分が感じている食欲が本物か偽物なのかわからない人もいると思います。

そこで次に紹介する『痩せたいけど食べてしまう原因』が元となって沸き起こる食欲のほとんどは偽物となっていますので、チェックしてみてください。

 

痩せたいけど食べてしまう原因とは?

原因①ストレス

ダイエット中に沸き起こる食欲の主な原因はストレスだとご存知でしたか?

実は、人はストレスを感じることでコルチゾールという脳内物質が分泌されるのですが、分泌されてしまうと、食欲を抑制できなくなってしまうのです。

 

そのため、どれだけ食べても満腹感を得られずにどんどん食べてしまうのです。

それだけでなく、コルチゾールが分泌されてしまうと食事で摂取したものを脂肪としてため込みやすくなってしまうため、ストレスを感じながら食事をすると普段よりも太りやすくなるのです。

 

原因②ホメオスタシス

ホメオスタシスは別名『現状維持機能』と呼ばれ、この機能が働くと体重を元に戻そうと働きかけるのです。

 

体重を元に戻すために手っ取り早いのは食事をすること

そのため、食欲が出てしまいます。

また、少量の食事でも体重を元に戻そうとするため、脂肪をため込みやすい状態となっているのでどか食いをしてしまうとリバウンドしてしまうのです。

>>  ライザップでリバウンドした芸能人

 

原因③睡眠不足

睡眠時間が短いと食欲を抑制するレプチンの分泌量が減るのと共に、食欲を感じさせるグレリンの分泌量が増加するのです。

そのため、睡眠時間が短いと過食する傾向にあるのです。

実際に行われたアンケート調査でも睡眠時間の短い人はBMIが高いことが多いというデータがあります。

さらに、睡眠不足の時には食欲に関連する脳部位が活発になり、糖質や脂質の多い食べ物に対して反応しやすくなることがわかっています。

 

原因④食事の摂り方

人が食事をする理由は生きていくために必要な栄養素やカロリーを摂取するためです。

栄養素が不足すると生きていけないため、脳から『食事が足りないよ』と指令が出てきます。

 

この指令は厄介なもので、カロリーが十分でも栄養素が足りないと出るのです。

例えば、ジャンクフードのような高カロリーで栄養素が空っぽの食事を摂取した場合、カロリーは十分ですが栄養素が足りないため『食事が足りない』と脳から指令がくるので、ついつい食べてしまい結果的にカロリーオーバーとなってしまいます。

 

栄養不足の場合に起こる食欲は本物といえば、本物ですが食べる食品には十分注意してカロリーオーバーとならないように気をつけましょう。

 

原因⑤習慣

日頃から間食をする癖が付いている場合は要注意!

ダイエットを始めたからといって、食事の回数や間食を減らそうとしても、普段の癖で口が寂しくなってしまい、ダイエット中にも関わらずついつい食べ過ぎてしまうのです。

 

また、日頃から太りやすい食事を摂取している人はダイエット中であっても無意識のうちに太りやすい食品を選んでしまうと言われいます。

スポンサーリンク

痩せたいけど食べてしまう人にオススメのダイエット方法はこれ!

①カロリー計算をする

食べながら痩せる方法として絶対に考えるべきことは、カロリー計算です。

1日の消費カロリーが摂取カロリーを上回ることで痩せていきます。

日頃から運動する習慣がない場合は消費カロリーを上げることは難しいと思うので、摂取カロリーを減らしていくことでダイエットできます。

 

また、ダイエット中はカロリーを極端に減らしてしまうと、ホメオスタシスが過剰に働きリバウンドの原因となってしまいます。

なので、適切なカロリー計算をすることで、過度のカロリー不足を防げます。

また、1日の摂取カロリーを決めておけば、その範囲内であればある程度自分の好きな食品も食べることができますし、ストレスなく計画的に痩せていけます。

 

②チートデイを作る

毎日食事制限をしていると、ストレスが溜まってしまい継続できなくなってしまいます。

また、摂取カロリーが極端に減ることで体は基礎代謝を落として省エネモードになってしまうので、太りやすく痩せづらい体になってしまいます。

 

そのため、1〜2週間に一度は自分の好きなものを食べるチートデイを1日設けるのがよいでしょう。

好きなものを食べることで、体にはたくさんのエネルギーが補充されるため、省エネモードが解除されますしストレスも解消されるというメリットがあります。

 

ただ、勘違いしがちなのはチートデイの翌日は体重が減っているということです。

チートデイで食べ過ぎた場合に翌日の体重が増えているのは当然ですが、省エネモードが解除されて基礎代謝が元に戻っているので、気にしないようにしましょう。

 

ただし、チートデイが毎日続いてしまうとただの暴飲暴食なので、そうはならないように気をつけましょう。

 

③睡眠をしっかりとる

先ほどもお伝えしたように、睡眠不足は食欲を刺激するホルモンのグレリンが過剰に分泌されてしまうので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

食欲を自分で我慢できる場合は問題ありませんが、ダイエット中の不安定な精神状態では簡単なことでありません。

 

食欲を抑えるために適切な睡眠時間は7~8時間と言われています。

また、寝すぎも食欲が過剰に沸き起こる原因となるので注意してください。

 

④代謝を上げる

食べると太る原因は1日のカロリー消費が追いついていないから。

カロリーの消費量を上げるためには、”基礎代謝を上げる”ことが大切です。

基礎代謝が上がれば、何もせずともカロリーの消費量が上がっているので痩せ体質になります。

 

そして、基礎代謝を上げる一番の方法は筋肉をつけることです。

なので、日頃から筋トレをして筋肉をつけて基礎代謝をあげれば、いつもと同じ食事でも少しずつ体重が減っていきます。

それに、筋トレをすることでカロリーを消費するのでダイエットに繋がりますよね。

 

また、筋肉がつくと体が引き締まるので、見た目以上に痩せて見えてスタイルもよくなります。

そのほか、体温を上げることも大切なのでお風呂に入って深部体温を上げるのもおすすめです。

 

⑤食事の選び方

痩せたいけど食べたい場合は食事の内容を見直しましょう。

普段から、脂身の多いお肉を食べている場合は脂質の少ないお肉を選ぶ。

炭水化物を多く食べている場合は糖質の少ないものを選ぶ。

 

そして、以外と知られていないのが食品のGI値です。

GI値の高い食品は血糖値を乱す原因となってしまい、食欲が沸き起こる原因の一つとなっています。

食べながら痩せたい場合は、日頃から何を食べるかを意識していきましょう。

 

また、タンパク質を摂取すると食欲が抑制されるという研究結果が出ているので、日頃からタンパク質を多めに摂取するのが良いですよ。

 

⑥太った自分の写真をみる

太っている自分の写真をみることで『こうはなりたくない!』と自分に言い聞かせることで、ついつい食べ過ぎてしまう手が止まることでしょう。

また、太っている自分の写真を見るだけでなく、日々自分の姿を写真に収めておくのも良いでしょう。

 

そうすることで、徐々に変化する自分の体に敏感になります。

痩せていれば嬉しくなりますし、太っていれば『やばい!』と危機管理もできます。

 

毎日、鏡で自分の姿を見るのも良いですが、その場合は自分の良い角度をばかりを見てしまいがちなので効果は薄いですし日々の変化には気がつきづらいのです。

 

⑦散歩する

ついつい何か食べたくなった場合、散歩するのもおすすめです。

散歩は気分転換になるので、食事に向いていた意識が外に向くので食欲を抑えることができます。

さらに歩くことで多少のカロリー消費ができるのでダイエットにも繋がります。

 

大股で歩いたり早歩きをすれば、カロリーを多く消費しやすくなるので余裕があったら取り入れて見てください。

スポンサーリンク

自分の好きなものを食べながら痩せたい人におすすめのサプリ

サプリ

先ほどはおすすめのダイエット方法についてご紹介しましたが、『そんなことはしたくない!自分の好きなものを食べて痩せたい!』と思っている人もいると思います。

そんな、わがままな願いを叶えるためには、食べながら痩せるサプリを活用するのが良いでしょう。

 

食べながら痩せるサプリにはいくつか種類があってデトックスを促してくれるものや、脂肪を排出しやすくするもの。

そして、食欲を抑えてくれるものもあります。

 

食べながら痩せたい場合はこういったダイエットサプリを活用していくことをおすすめします。

>>  脂肪燃焼系サプリがおすすめ

痩せたいけど食べてしまう原因やダイエット方法のまとめ

痩せたいのに食べてしまう原因やおすすめのダイエット方法についてお伝えしました。

ダイエット中に沸き起こる食欲は全てが本物ではなく、多くが偽物となっています。

 

偽物の食欲が発生するのにはいくつか原因をお伝えしたので、当てはまるものがあれば原因を取り除くことで食欲を抑えることができるでしょう。

また、おすすめのダイエット方法についてもご紹介しました。

 

毎日我慢を続けるのはストレスが溜まったり体に悪影響となってしまうので、たまにはチートデイを設けて好きなものを食べることでダイエットを継続しやすくなります。

また、食べながら痩せるサプリを活用することで、自分の好きなものを食べながら痩せられるのでそちらも活用するのも一つの方法です。

 

『痩せるためには我慢をしないといけない・・・』というのは過去の常識で今は、食べながら痩せられる時代です!

 

お得な情報を配信中!! Line@登録で抽選で毎月、サプリや美容品が当たるよ♫ Ã�¥ï¿½ï¿½Ã�£ï¿½Ã� Ã�£ï¿½Ã�¡Ã�¨Ã�¿Ã�½Ã�¥ï¿½Ã� 
モテ女子に話題のダイエットアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です